水虫は民間療法で治る?カビキラーやクエン酸は使える?

水虫の民間療法と考えられているカビキラー・ハイター・クエン酸・リステリンといったものが、水虫の原因菌である白癬菌を抑制するのに有効なのかについて医学的観点から解説します。イソジンやワセリンなどのそのほかの民間療法の効果についてもあわせて解説します。

水虫と民間療法

水虫は「白癬菌(はくせんきん)」というカビの一種が皮膚に感染することによって起こる病気です。

白癬菌は、皮膚表面の角層の主成分である「ケラチン」というたんぱく質を栄養源として生きているため、皮膚があればどこでも感染します。

足・手・頭・体・股・爪・毛などさまざまな場所に感染しますが、水虫の発症割合でもっとも多いのが足の水虫である「足白癬(あしはくせん)」です。

足白癬の感染者数は気温が温かくなり始める頃に増加し、5月の時点では日本人の約20%が足白癬にかかっているという報告があります。

感染経路としてもっとも多いのが家庭内での感染で、浴室や部屋に落ちた皮膚・タオルの使い回し・スリッパの共有などによって、家族からうつることがあります。

特に、じゅうたんやお風呂の足ふきマットなどには白癬菌がいることが多いので注意が必要です。

また、水虫は人から人だけでなく、犬や猫といった動物から感染することもあります。

民間療法が考えられた背景

水虫を完治できる薬が発明されたのは近年になってからのことです。

水虫を治す薬がなかった時代は、さまざまな民間療法が試されていました。

この記事では、水虫に有効と考えられている民間療法が実際に効くのかどうかについて、医学的観点から解説します。

水虫の民間療法|カビキラー・ハイターは効く?

カビキラーは浴室のカビを落とす効果がありますが、同じカビの一種であっても水虫の原因菌である白癬菌に使用しても効果はありません。

カビキラーの成分である次亜塩素酸ナトリウムや水酸化ナトリウムによって、皮膚が溶けたり皮膚炎を起こしたりしてしまうおそれがあるので、皮膚には絶対に使用しないでください。

また、キッチン・トイレ・浴室・衣料用漂白剤で使用するハイターもカビキラーと同様に水虫に効果はなく、皮膚が炎症を起こすおそれがあるので使用しないでください。

万が一使用してしまった場合は、ただちに大量の水で十分に洗い流し、皮膚に違和感が残る場合は皮膚科を受診してください。

水虫の民間療法|リステリンは効く?

リステリンを入れた容器に水虫になった足をしばらく漬けると水虫が治るという情報がネットに出回っています。

しかし、リステリンには水虫を治す効果はないため、リステリンを水虫を治すために使用することはやめましょう。

リステリンの主な有効成分は「1.8-シネオール」「チモール」「サリチル酸メチル」「l-メントール」の4つですが、いずれも白癬菌を抑制する効果はありません。

水虫の民間療法|クエン酸は効く?

クエン酸は、柑橘類や梅干しなどに多く含まれている成分です。

最近ではドラッグストアでもクエン酸が販売されており、食品添加物や掃除用品として使用されています。

クエン酸は酸であるために水虫の原因菌の白癬菌を殺菌するのではと考える人もいるようですが、残念ながら水虫を改善する医学的根拠はありません。

ネットにはクエン酸を塗ると水虫が治るという情報が多々ありますが、鵜呑みにしないようにしましょう。

その他の民間療法の効果:漂白剤・ワセリンなど

水虫に効果があると噂されている民間療法は数多くあります。しかし、水虫に有効な民間療法はありません。

水虫は5月から症状が現れ始めて秋口になると症状がおさまることが多い病気です。

発症期間が短いため、民間療法を試した時期と症状がおさまる時期が被りやすくなることが、民間療法が効くと勘違いされる要因の一つと考えられています。

紹介したもの以外の民間療法の中には、お酢・漂白剤・ワセリンなどがありますが、いずれも水虫を治すことができません。

お酢の場合

お酢に白癬菌を殺菌する作用はありません。

お酢を水虫の足に使用してしまうと、人によってはかぶれなどの皮膚炎が生じて悪化することがあるので、使用しないでください。

お酢と水虫の関係性について、詳しくは関連記事をごらんください。

漂白剤の場合

漂白剤はカビキラー・ハイターと同様に、次亜塩素酸ナトリウムを主成分としています。

次亜塩素酸ナトリウムによって皮膚を溶かしたり皮膚炎を起こしたりしてしまうおそれがあるので皮膚には使用しないでください。

ワセリンの場合

ワセリンは手足のヒビ・あかぎれ・皮膚の荒れなどに効果のある医薬品です。

乾燥した肌を保護する働きがありますが、白癬菌を殺菌する作用はありません。

ワセリンを水虫に塗っても改善することはないのでやめましょう。

おわりに

残念ながら、水虫に有効は民間療法はありません。

しかし、現在ある水虫薬は水虫に対して非常に強い効果が期待できるため、薬を使用することによって水虫を完治することができます。

水虫を速やかに治すためにも民間療法を試すのではなく、市販の水虫薬を使用するか、皮膚科を受診して適切な治療を受けましょう。

水虫(みずむし)のお役立ち情報

  • 水虫は自然治癒する?放置するとどうなる?

    水虫は自然治癒する?放置するとどうなる?

    足水虫や爪水虫をはじめとする水虫は放っておいて自然治癒するものなのかどうかについて詳しく解説します。また、水虫をちゃんとした治療をしないで放置し続けた場合にどんなリスクが考えられるのかについても説明します。そして、水虫を治療したい場合にどのような治療の選択肢があるのかについてもあわせて紹介します。

  • 水虫の治療法|初期症状での水虫の種類の見分け方は?何科を受診する?

    水虫の治療法|初期症状での水虫の種類の見分け方は?何科を受診する?

    水虫の治療法にあわせて原因や症状について解説。水虫にはいくつかの種類があり、それぞれの症状ごとに適した治療を行う必要があります。この記事では、水虫の治療法とともに、水虫が起こる原因と主な症状を解説します。また、初期症状での種類の見分け方は?病院での治療法や治療費は?何科を受診すればいい?などの疑問も解決します。

  • 水虫に効く薬について|市販薬は水虫の状態や薬の成分で選ぼう

    水虫に効く薬について|市販薬は水虫の状態や薬の成分で選ぼう

    水虫に効果があるおすすめの市販薬について解説。趾間型・小水疱型・角質増殖型などの水虫の状態、水虫の原因である白癬菌を殺菌する成分の強さ別に市販薬が選べます。女性におすすめの市販薬も記載!

  • 水虫に効くおすすめの漢方薬|使用上の注意も紹介

    水虫に効くおすすめの漢方薬|使用上の注意も紹介

    水虫になりやすい体質を改善したり症状を軽減したりする効果が期待できる、ミナカラ薬剤師おすすめの漢方薬を厳選紹介。かゆみなどの症状にあわせておすすめの漢方薬を紹介します。また、漢方薬の選び方と注意点、漢方薬の副作用についても詳しく解説します。

  • たむしにおすすめの市販薬とは?感染部位ごとに異なる名称や症状も解説

    たむしにおすすめの市販薬とは?感染部位ごとに異なる名称や症状も解説

    たむしの治療におすすめする市販薬を紹介します。たむしは感染部位ごとに名称や症状が異なることや治療、ケアなどにわたって解説します。

  • 水虫の治療の種類は?病院と市販薬どちらが効果的?

    水虫の治療の種類は?病院と市販薬どちらが効果的?

    水虫は病院に行くべきか市販薬で治せるのか、水虫の治療の種類を解説。水虫はさまざまな症状があり、自己判断することが難しい皮膚の病気です。水虫薬の効果的な塗り方や日常でできる予防法も紹介します。

  • 手・指にできる水虫の原因と症状|病院に行く目安は?

    手・指にできる水虫の原因と症状|病院に行く目安は?

    手のひら・指・指の間に現れる水疱やカサカサなどの手水虫の症状と原因について徹底解説。手水虫と間違えやすい手水虫と似た症状の病気についても紹介します。また、手水虫であることがはっきりしているときに自分で治すために使えるミナカラ薬剤師おすすめの市販薬も厳選ピックアップ。手水虫の症状が現れたときに、どの段階で病院を受診するべきかについてもあわせて紹介します。

  • かかと・足裏に水虫?症状と見分け方を解説

    かかと・足裏に水虫?症状と見分け方を解説

    ひび割れなどのかかとや足裏の水虫の症状について詳しく解説。水虫と乾燥肌の違いがわかりにくいため、水虫の見分け方をどうすればいいのかも説明します。また、かかとや足裏の水虫に効果のあるミナカラ薬剤師おすすめの市販薬もピックアップ。病院における水虫の治療法と治療期間についても、具体的な治療薬とあわせて紹介します。

  • 爪水虫の原因と症状|治療薬と治療方法も解説

    爪水虫の原因と症状|治療薬と治療方法も解説

    爪が厚くなったり変形したりする爪水虫の原因と症状について徹底解説。爪水虫は市販薬で治療ができるかどうかについても解説します。また、爪水虫にかかってしまったときの治療方法と、内服薬や外用薬などの具体的な治療薬を紹介します。爪水虫にかからないための予防法についても簡単に説明します。

  • いんきんたむしに効く市販薬は?薬の選び方・塗り方のポイント

    いんきんたむしに効く市販薬は?薬の選び方・塗り方のポイント

    いんきんたむしに効く市販薬を成分から解説。新しい抗真菌成分である「ラノコナゾール」と「テルビナフィン」をピックアップ。市販薬の選び方のポイントも紹介します。

水虫(みずむし)に関連するQA