はじめに ~過呼吸・過換気症候群とは~

過呼吸(かこきゅう)は「過換気症候群(かかんきしょうこうぐん)」「神経性呼吸困難(しんけいせいこきゅうこんなん)」と呼ばれるもので、自分の意志ではなく発作的に呼吸が速くなり、呼吸困難を伴う全身症状を起こす症候群です。

多くは10代、20代の女性に多く見られる疾患ですが、近年子どもの過換気症候群も増えているため、子どもから大人まで注意が必要です。
過呼吸の原因と対処法について知っておきましょう。

※ なお、よく「過呼吸(かこきゅう)」と呼ばれる現象は過換気症候群のことを指していることが多いです。
本来、「過呼吸」はスポーツなど運動によって発症するものを指し、精神的な要因によるものは「過換気症候群」と言い、過呼吸と過換気症候群は厳密には異なります。

今回は便宜上「過呼吸」という表現でお伝えします。

 

過呼吸の症状は?

空気を吸っているのに呼吸ができない
息苦しさ
胸の痛み、動悸
頭痛、めまい
吐き気、嘔吐
指先のしびれ
全身の筋肉の硬直、けいれん
失神、意識消失
発作は約30分~1時間で消失

など様々な症状があります。

このような症状からさらに必死で息を吸おうとする悪循環になり発作が続きます。

ほとんどは30分~1時間で治まりその後は良好な場合がほとんどですが、いつ発作が起こるか分からないという不安が付きまとうものです。
 

過換気症候群が起こる原因は?

過呼吸は呼吸が速くなることで血液中の酸素濃度が増えて、二酸化炭素濃度が減ることにより、血液がアルカリ性に傾くために起こります。

過換気症候群を起こす要因には運動や疲労による「身体的な要因」と「精神的な要因」がありますが、過換気症候群は主に不安、緊張、興奮、恐怖といった「精神的ストレス」がきっかけとなる「心身症」の一つとされています。

過呼吸は、呼吸を司る自律神経と大きな関係があります。

 

過換気症候群と自律神経との関係

私たちの体は自分の意志とは関係なく「自律神経」によって、神経、内分泌系、免疫の調整をし、血流や血圧、心拍、体温、発汗など、生きるために重要な全身の機能がコントロールされていますが、自律神経は2つの神経がバランスを取りながら働いています。

①「交感神経」=起きている時、興奮している時、緊張している時に優位
②「副交感神経」=眠っている時、休息している時、リラックスしている時に優位

呼吸をしている時の自律神経の働きは、主に「息を吸う時(吸気)=交感神経」 「息を吐くとき(呼気)=副交感神経) が働き、どちらが優位になるかによって呼吸の仕方が異なります。

■交感神経優位(緊張・興奮)→呼吸は早く、浅くなる
■副交感神経優位(休息・リラックス)→呼吸はゆっくり、深くなる

よって強い精神的ストレスにより交感神経が優位になった時には、おのずと呼吸は早く、浅くなり、それが更なる不安や緊張を助長させ、過呼吸となり発作につながっていくのです。
 

内臓運動の中で、唯一「呼吸」だけは自分でコントロールできる

自分の意志で心臓を止めたり動かしたりできないように、自律神経による働きは、通常自分の意志通りには動いてくれませんが、唯一呼吸だけは自分の意志で調節できるものです。

スポーツでも発表会でも、緊張をほぐす時にスタート前にフーっと息を吐いている場面を見かけます。自分でもそうして緊張を取ろうとした経験があると思います。
リラックスしようとした時には、ゆっくりと深い呼吸を心がければ、おのずと副交感神経が優位になるからです。
胸で呼吸をする「胸式呼吸」は呼吸が浅いため、「腹式呼吸」がすすめられいるのはそのためです。

逆を言えば、呼吸によって自律神経の働きをコントロールすることもできるということです。

過呼吸は、精神的ストレスによる交感神経の興奮によって起こります。そのため息をゆっくり吐くことで副交感神経を優位にさせることが必要です。
 

過換気症候群の対処法は?

過換気症候群の発作は、呼吸を整えば治まります。以下のことを意識して対処しましょう。

  • 周囲が慌てずに本人を落ち着かせます
  • 「ゆっくり息を吐いてね」と優しく呼びかけます
  • 吸う:吐く=1:2位の割合になるようにゆっくり息を吐くこと
  • 1回に10秒位かけてゆっくり吐く
  • 背中をゆっくりなでながら呼吸のリズムを整えるようにしてあげる


応急処置の注意
応急処置に「ペーパーバック法」という紙袋で口と鼻を覆い、ゆっくり再呼吸させる方法がありますが、これは医師ではない人が促す場合、窒息状態を招く危険があるため、行わない方がよいとされています。

過呼吸の特徴は、ある程度時間が経つと治まるということです。そのため基本的には、過呼吸になった場合には「そっと落ち着かせ呼吸を整えさせる」ことが大切です。

医師による対処法としては、ペーパーバッグ法などを用いて発作を消失させ、それで効果がみられない場合には、鎮静薬の注射を考慮します。

最も注意したいことは、親(周り)がパニックになってしまうことです。子ども(大人も同様)が過呼吸になった場合には、周りが慌てないよう、本人を余計不安や恐怖にさせないようにすることが大切です。
 

他の病気でも過換気症候群は見られます

過換気症候群は、うつ病、不安神経症やパニック障害などの精神疾患の一症状として起こることもあります。
また気管支喘息発作や糖尿病などの身体疾患でも同様の過換気状態を起こすことがあります。

他の病気に伴って過呼吸が起きる場合には、
元の病気と併用して治療していく必要があるため、発作を繰り返す場合にはしっかりとした診断が必要になります。
心理的要因が強いと診断された場合には、心療内科を受診するなど、医師とよく相談しましょう。
 

おわりに ~普段から呼吸を意識してみましょう~

今、多くの人は常に交感神経が優位になり、日々リラックスできる時間はほとんどない、またはごく限られているという人が多いのではないでしょうか。
今回の過呼吸・過換気症候群は、普段意識せずに絶え間なくしている「呼吸」に鍵があります。
すぐにできることとして、ゆっくり息を吐くことを意識して、日頃から副交感神経を優位にする時間を多く作ってみることが必要です。
 


image by Photo AC