はじめに

夏に咳が出る…風邪かな?と放置していたら、つらく苦しい咳が長く続き、数か月も咳が止まらない…。
気づけば、赤ちゃんや家族みんなが咳をしている…となったら、「百日咳(ひゃくにちぜき)」かもしれません。

百日咳は、かかりはじめには気づきにくく、周囲に移していることが多いため、初期段階での治療が大切です。
今回は、百日咳の治療法と注意点についてです。
 

百日咳の特徴

細菌感染による咳

百日咳(ひゃくにちぜき)は「百日咳菌」という細菌による急性呼吸器感染症です。
夏風邪の場合はウイルスによる感染ですが、百日咳は細菌による感染症です。
百日咳菌は、鼻やのど、気管、気管支の粘膜を侵し、気道の繊毛の活動をまひさせる毒素により気道に炎症を起こします。

感染経路は咳やくしゃみなどの飛沫感染や接触感染で起こります。
7日~10日の潜伏期間の後に発症します。
 

症状は3期に分けられ「発作性けいれん性の咳」が特徴

症状の経過は

1、カタル期:1~2週間
最も感染力の強い時期。
かぜ症状からだんだん咳が強くなる

2、頸咳期(けいがいき):2~3週間
連続的に短い咳と、ヒューと笛のような音で息を吸う発作を繰り返す。
新生児や乳幼児では、咳に続いて嘔吐や無呼吸発作が生じ重症化することがある

3、回復期:2~3週間
激しい咳は次第に治まる
 

生後6か月未満の特徴

年齢が小さいほど特徴的な咳が無い場合があり、単に息を止めているような「無呼吸発作」や「チアノーゼ(唇が紫色)が見られ、「けいれん」「呼吸停止」へと進展することがあります。
また合併症として、肺炎、脳症、脳炎などを引き起こすことがあります。
重症化しやすく、最悪は死に至る可能性もあります。

大人は軽症な場合が多く診断が遅れることがあり、大人から乳幼児への感染が問題となっています。

大人と子供の詳しい症状については参考記事をご覧下さい。
参考時期:その咳「百日咳(ひゃくにちぜき)」かも?!大人にも流行「百日咳」の症状、子どもと大人の症状の違い・注意点

 

日本には成人用DTPワクチンが無い

近年大人の百日咳が増加している原因に、成人のワクチン未接種、または以前接種したワクチンの効力が無くなったことが挙げられています。
百日咳は、子どもには生後3ヶ月を過ぎたら四種混合ワクチン(DPT-IPV)または、三種混合(DPT)ワクチンで予防します。

成人用DPTワクチンについては欧米では認可されていますが、日本では実用化に至っていないのが現状です。
そのため百日咳は、予防の徹底と早期の治療が重要になります。

 

百日咳の治療法は?

主にマクロライド系の抗生物質により百日咳菌の増殖を抑えます。咳の症状を抑えるための対症療法も併用します。

抗生物質は早期「カタル期」に有効で、服用すれば頸咳期(けいがいき)に進行せず軽快できることが多いのですが、カタル期には気づかないことがあります。
頸咳期(けいがいき)からでは発作性の咳は治まりませんが、百日咳菌を体外に排出するためには必要なため、2週間ほど内服します。

注意として一般的な咳止めでは効果が無く、乳幼児には使用できないものもあるため、市販薬を自己判断で服用せず必ず医師の指示の元で治療しましょう。

軽い風邪と見過ごしている間に、周囲に感染させてしまっているケースもあるため、百日咳にかかったら早い段階から治療を始めることが重要です。咳の症状が少し長引いていると感じたら、悪化する前に受診し診断してもらいましょう。
少しでも早い時期であれば、短期間で軽快、完治も期待できます。
 

治った後も注意

百日咳が治った後に、「気道過敏症(きどうかびんしょう)」になることがあります。
冷たい空気、たばこ、花火の煙、運動などのちょっとした刺激に対しても気管支が敏感に反応する状態です。ぜんそくを発症するきっかけになることもあるため、夏はエアコンの風などにも注意が必要です。
 

さいごに ~咳エチケットを忘れずに~

百日咳などの呼吸器感染症は、かかった人のせきやくしゃみなどのしぶきに含まれる細菌を吸い込むことによって感染します。
感染症を予防するため、咳やくしゃみが人にかからないようにしましょう。

咳やくしゃみをするときはティシュなどで口と鼻をおおいましょう
使用したティシュには病原体が付着しているため、すぐゴミ箱に捨てましょう
マスクをしましょう
咄嗟の咳やくしゃみは、手ではなく、袖や衣服の内側でカバーしましょう
手洗いをしっかり。石鹸やアルコール消毒などで病原体を広げないようにしましょう


image by Photo AC
image by Photo AC