梅雨から夏にかけて止まらない咳、カビが原因の夏型肺炎かもしれません。

「梅雨(夏)に入ってから急に咳がひどくなった」「痰も出るし、熱もある・・・これって夏風邪?」
「風邪にしては長すぎる。もう2週間も咳が止まらない」「そういえば、外にいるときは咳が出ないぞ?」

気温も湿度も高くなるこの季節。夏風邪と間違えやすい咳が多くみられます。
その原因は「カビ」による肺炎かもしれません。
この記事では、カビが原因で発症する夏型敏感性肺炎(夏型肺炎)の主な症状と対処法をご紹介します。
 

カビが原因の肺炎・夏型敏感性肺炎(夏型肺炎)の症状?

夏型敏感性肺炎(夏型肺炎)の症状は風邪とさほど変わりません。

○咳、痰
○発熱
○頭痛
○倦怠感

そのため「そのうち治るだろう」と、放置してしまう人が多いです。しかし放っておくのは非常に危険です。
咳が慢性化すると肺機能低下につながり、以下のような症状があらわれるおそれがあります。

○呼吸困難
○些細なことで息切れをする
○COPD(慢性閉塞性肺疾患)

 

夏型敏感性肺炎(夏型肺炎)の原因と対処法

夏型敏感性肺炎(夏型肺炎)の原因はトリコスポロンというカビです。
気温20度以上、湿度60%以上の環境なら活動できるトリコスポロンはあらゆる所に存在します。

●エアコン
●排水溝、風呂場
●押入れ
●カーペットの中
●古くなった畳

中でも一番多いのがエアコンです。
内部にいたカビを空気中にバラ撒き、それを吸ってしまうことで咳が起こります。
梅雨から夏にかけてエアコンを使う機会が増えるので、フル稼働する前に掃除することが大切です。

夏型敏感性肺炎(夏型肺炎)のカビ対処法

カビが発生しない環境つくりのため、以下のことを心がけてみましょう。

○家に帰ったら、まず換気
○入浴後はすぐに浴槽のお湯を排水、壁の水滴を拭き取る
○週に1回はエアコンのフィルターを掃除する
○水回りは水はねを拭き取る癖をつける
○料理中は換気扇を忘れない
○窓の水滴や窓枠のゴム部分についた汚れは、こまめに取り除く

 

さいごに

いかがでしたか?
夏型敏感性肺炎(夏型肺炎)は他の人にうつらない病気ですが、放っておくと確実に健康に悪影響です。

咳が止まらない人や、毎年夏になると咳が出る人は医師に相談することをお勧めします。
診療科は内科や呼吸器科が良いでしょう。
問診、採血、レントゲン検査で現在の状態を知ることができます。


(image by Photo AC)
(image by lllust AC)