はじめに

熱や咳が長引いてなかなか風邪が治らなかったらマイコプラズマ肺炎を疑ってみてください。

マイコプラズマ肺炎は一昔前までオリンピックと同じ4年に1度の周期で大流行していたので「オリンピック熱」とも言われていました。
現在は大流行は少ないものの、毎年小さな集団感染が見られ全体としては増加傾向にあります。
子どもがかかることが多いですが大人もかかる場合があります。

マイコプラズマ肺炎の感染、症状、治療、予防法について知っていきましょう。


(image by PhotoAc

マイコプラズマ肺炎は肺炎球菌で起きる肺炎とは別物です。

マイコプラズマ肺炎はウイルスと細菌の間くらいの大きさの微生物に感染することによって起こる肺炎です。
肺炎球菌による肺炎とはちがうため異型肺炎とも呼ばれます。
潜伏期間は1~3週間ぐらいで、秋から冬にかけて多く見られ、主な感染経路は飛沫感染です。
学童期や青年に多く、乳幼児や高齢者には少ないことが特徴です。


(image by BusitryPhoto)

マイコプラズマ肺炎の特徴は長く続く咳症状

初期症状は発熱と咳で風邪に似ています。
発熱は高熱にならない場合もあり、人によって個人差があります。
特徴的なのが夜間に集中して出る咳で、喘息のように止まらなくなり咳をするとゼェゼェ、ヒューヒューとした呼吸音が出ます。
あまりにも咳が出るので呼吸困難のような状態になることもあります。
この喘息のような咳は熱が下がっても1ヶ月近く続きます。

他の肺炎と比べると軽い場合が多いので通院で治る肺炎と言われていますが、大人は重篤化することがあります。

 

マイコプラズマ肺炎の検査はPCR検査と血液検査、X線検査。

現在は、病気にかかった早期に適切に診断することが出来るPCR検査(遺伝子検出検査法)を行うことが勧められています。
ただし、誤って検出されるケースもあるため、以下の血液検査とレントゲン検査を合わせて行います。
血液検査でマイコプラズマ菌の抗体を測定します。
問診で胸に聴診器を当てても肺炎特有の泡がはじけるような音がしないためX線(レントゲン)検査で肺を見ます。
レントゲン写真では肺は通常黒く写りますが、これが他の肺炎よりはっきりと白くなっていたらマイコプラズマ肺炎だと診断されます。


(image by PhotoAc)
 

治療

マクロライド系の抗生物質(エリスロマイシン、リカマイシン、クラリス、クラリシッド、ジスロマック等)が処方されます
しかし、2000年頃からこのマクロライド系の抗生物質が効かないマイコプラズマ肺炎が増えてきました。
その場合はテトラサイクリン系抗菌薬、ニューキノロン系抗菌薬が使われます。
 

予防

マイコプラズマ肺炎は免疫力がつかないので何度もかかることがあります。
流行している時期は人ごみをさけ、十分な栄養と睡眠をとって免疫力を高めましょう。
手洗いうがいはまめにしてください。
家庭内で感染しやすいので感染者と寝室は分けるようにしましょう。


(image by IllustAc)

 

おわりに

マイコプラズマ肺炎は薬剤の耐性率が年々上昇してきており、現在使用されている薬が効果を発揮しなくなることが考えられます。
医師に診てもらった場合は医師の処方した薬のみを使用しましょう。