人間の声帯は喉の左右に1本ずつ、計2本あります。声を出すときは左右の声帯が閉じて、声帯と声帯の隙間を空気が抜けることで声帯が振動して声が出ます。

しかし、声帯自体あるいは声帯に関わる神経に異常がある場合、声帯が正常に振動しなくなって声枯れが起こることがあります。

声枯れには、自分の工夫で治すことができる声枯れと、病気などが起因していて自分では治すことができない声枯れがあります。この記事では、自分でできる声枯れの治し方について紹介します。

声枯れの詳しい原因と考えられる病気については、関連記事をごらんください。

声枯れの対処法|自分でできる声枯れの治し方

声枯れは、工夫次第では自分で改善できる場合があります。

日常生活でできる声枯れの予防と治し方は以下の通りです。

マスクをする

マスクをすることによって喉の乾燥を防ぎ、喉に潤いをもたらすことができます。喉が乾燥すると、喉の粘膜が傷つきやすくなり声が枯れやすくなります。マスクで口内の湿度を高めて声枯れを予防ましょう。

室内であれば加湿器などを使用するとより効果的です。

水分をこまめに取る

喉の乾燥を防ぐために、水などの飲み物をこまめに摂取しましょう。

また、喉の炎症により声が枯れている場合は、炎症を悪化させないように唐辛子入りのスープのような刺激物を摂取するのは控えましょう。

なお、風邪などによる声枯れの場合には、殺菌効果のあるはちみつを摂取することをおすすめします。はちみつレモンなど、はちみつを溶かした飲み物を摂取すると喉に良いでしょう。

喉を休める

仕事やカラオケなどで大声を出したり、長時間声を出し続けたりした場合は、声帯を傷つけているおそれがあります。声帯が傷つくと声枯れの原因になります。

喉を使い過ぎたと感じた場合は、しばらくの間声を出さずに、喉を休めておきましょう。

喫煙・飲酒を控える

喫煙や飲酒は声帯に負担をかけてしまい、慢性的な声枯れの原因となります。

声枯れを治すには、声帯に負担をかけ続けないことが大切です。極力喫煙や飲酒は控えましょう。どうしても喫煙を我慢できない場合は、喫煙本数を減らすなどの工夫をしましょう。

飴を舐める

飴などの糖分のある甘いものを食べると唾液腺が刺激されるため、唾液によって喉が潤い、喉の乾燥を防ぐことができます。

特に医薬品ののど飴は、セチルピリジニウム塩化物水和物のような喉の炎症をおさえる成分を配合しているため、喉の痛み・咳・声枯れをおさえるために飴を舐めるのであれば医薬品ののど飴が最適です。医薬品ののど飴で特におすすめのものは、浅田飴ののど飴です。

固形浅田飴クールS

4種類の生薬を配合したのど飴タイプの医薬品です。咳や痰、声枯れ、喉の荒れ、喉の痛みや腫れなどに優れた効果を発揮します。糖衣のため甘みを感じますが、シュガーレスで虫歯になりにくい原料を使用しています。

喉の炎症をおさえる食べ物を食べる

声枯れが喉の炎症により起こっている場合には、喉の炎症をおさえる食べ物を食べることがおすすめです。

喉の炎症をおさえるのに良い食べ物の一つは、冷たい食べ物です。ゼリーやアイスなどの冷たい食べ物は、喉の炎症をおさえる効果が期待できます。

また、はちみつに大根を漬け込んだ、はちみつ大根を食べるのもいいでしょう。はちみつには殺菌作用があり、大根には消化酵素が多く含まれるため、喉の炎症をおさえる効果が期待できます。

声枯れに効く市販薬を使用する

日常でできる声枯れの治し方を実践しても良くならない場合は、薬を使用することも一つの手段です。

同じ声枯れの症状であっても、原因が風邪などによる喉の炎症なのか、喉の使い過ぎによるものなのかによっても適切な薬は異なります。

声枯れに効く市販薬・漢方薬はいくつかありますが、喉を使いすぎた場合で特に即効性を求めたい方におすすめの薬は「龍角散ダイレクト」です。

龍角散ダイレクトスティックミント

声枯れ、喉の荒れ・不快感、痰や咳などを和らげる薬です。顆粒状の薬で、舌の上でサッと溶け、喉に素早く作用します。患部に直接作用するため、水を飲むことなく使用できます。

声枯れに効く薬剤師おすすめの市販薬・漢方薬については、関連記事をごらんください。

声枯れがひどいときは病院に行くこと

風邪やカラオケなどで起こした一時的な声枯れは時間がたてば自然に治りますが、なかなか治らない声枯れについては喉に関わる病気が隠れているおそれがあります。

声枯れが2週間以上続くのであれば、喉に関係する病気が隠れている場合があるので、自分で治そうとせずに病院を受診することをおすすめします。また、声枯れが1カ月以上続くような場合は、重大な病気のおそれがあるので必ず病院を受診しましょう。

声枯れは何科を受診すべきか

病院を受診する際は、症状が声枯れのみであれば耳鼻咽喉科が適切です。激しい胸痛や呼吸困難をともなう場合は、大きな病気が原因となっているおそれがあるため、救急車を呼ぶことも視野に入れて速やかに耳鼻咽喉科、または循環器科を受診しましょう。

声枯れの症状から考えられる病気については、関連記事をごらんください。

おわりに

声が枯れているときは、なるべく声を出さないようにするなどして喉を休めるようにしましょう。無理に声を出し続けると、声枯れが悪化したり、治りにくくなったりします。

声枯れの症状が長く続くようであれば、原因を突き止めるためにも、早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。