質問

Q

喘息に対する、補中益気湯と小建中湯の効果について

回答済み

小児喘息があるため、体質改善を兼ねて漢方を飲むようになりました。
現在、「補中益気湯」と「小建中湯」を飲んでいるのですが、これらの漢方薬は他にどのような症状に効くのでしょうか。
飲み始めてから、胃腸障害や肝機能障害、低血圧がだいぶ治りました。

回答(1件)

0
A プロフィール画像


薬剤師

補中益気湯と小建中湯はどちらも、胃腸を強くして身体を外から守るはたらきがある「気」を補っていく薬です。慢性のアレルギーをお持ちの方の体質改善によく使われるお薬です。それぞれのお薬の効能効果は次の通りです。

【補中益気湯】:胃腸のはたらきが衰えやすいが、虚弱体質、病後の衰弱、食欲不振、ねあせに効果あり
【小建中湯】:体質虚弱で疲労しやすく、血色すぐれず、腹痛、動悸、手足のほてり、冷え、頻尿及び多尿などいずれかをともなう次の諸症:小児虚弱体質、疲労倦怠、神経質、慢性胃腸炎、小児夜尿症、夜なき