【年末年始休業のお知らせ】
12月30日(月)~1月2日(木)はお休みとさせていただきます。

質問

Q

子供の喘息、重症度の見極め方法を教えてください。

回答済み

2歳の子供が小児喘息と診断されました。

夜中に発作すると吐いてしまったり、一度ゼーゼーしたら数か月発作が続きます。

徐々に症状が悪くなっている気がします。喘息の重い・軽いはどう判断するのですか?

回答(1件)

0
A プロフィール画像

まみ
薬剤師

ぜんそくは発作の程度と頻度から重症度を判定します。


発作の程度は以下の4段階があります。
小発作(何となくゼーゼーするが夜や日常生活に問題なし)、中発作(ゼーゼーがはっきり聞こえて、睡眠中もときどき目を覚ます。学校は無理すれば行ける程度)、大発作(眠れず食事や会話もできず、日常生活困難)、呼吸不全(大発作がさらに悪化した状態で窒息寸前)。

ぜんそくの重症度は以下の5段階があります。
間欠型(年に数回小発作あり)、軽症持続型(小発作が1ヵ月に1、2回)、中等症持続型(小発作以上の発作が週1回以上)、重症持続型(せきや小発作が毎日あり、週に1、2回中発作・大発作があり、日常生活に支障をきたす)、最重症持続型(重症持続型に相当する治療を行っていても症状が持続する)。

治療をしているにも関わらず症状が徐々に悪化している場合、専門医の受診をおすすめします。
全国の小児科のアレルギー専門医は日本アレルギー学会のWebsiteから調べることができます。