のどの腫れ・あれの原因や薬など悩みをセルフチェック

2018年10月16日

のどの腫れ・あれの原因・対処・お薬・疑われる病気を解説します。分からないことがあれば薬剤師に相談することができます。

のどのはれ・あれの原因

のどの腫れや荒れは、のどの粘膜の炎症により起こります。

細菌やウイルスの感染

口からのどにかけては食べ物や空気の通り道で外界と接することが多いため、リンパ組織が密集して免疫機能が発達しています。

のどぼとけや舌の付け根にある扁桃腺もリンパ組織で、風邪やインフルエンザなどのウイルスや細菌などの病原体が粘膜に付着すると、それ以上体内に侵入するのを阻止しようと免疫機能が活躍し、発熱して腫れたり痛いなどの症状が現れます。

アレルギー

花粉症や薬の副作用などのアレルギー反応を起こすことにより、のどが腫れることがあります。

のどの使い過ぎ

咽頭の奥には、声を出すための声帯という器官があります。声帯は息を吸うと開き、声を出そうとすると声帯が閉じ、吐き出される空気の勢いで声帯が震えることで声が出る仕組みです。

この空気の勢いが強過ぎたり、長時間振動が続くとのどの粘膜が炎症を起こして、声帯がうまく機能しなくなります。

喫煙や飲酒

喫煙や飲酒は、のどの粘膜に刺激を与え傷つけるため、声がかすれたり、のどが腫れて痛んだりします。

いがらっぽさは炎症による痛みがごく弱い状態で、そのままのどを使い過ぎると痛みが強くなったり腫れを引き起こします。

鼻のトラブル

のどと鼻はつながっているので、鼻のトラブルが原因でのどの症状が起きることがあります。

口を閉じていると口の中は適度な湿度が保たれていますが、鼻が詰まって口で呼吸することが多くなるとのどの粘膜が乾燥しやすくなります。粘膜が乾燥すると免疫機能が弱まり傷つきやすくなるため、炎症を起こしやすくなります。

また、鼻水も本来は体の防御機能のひとつで細菌やウイルスを洗い流す役割がありますが、副鼻腔炎などで菌が大量に含まれた鼻水がのどを通ると炎症を起こしやすくなります。

のどのはれ・あれの対処法

のどの粘膜の炎症を鎮めるには、出来るだけのどを安静に保つことが大切です。

のどを刺激するものを避ける

大声を出したり、辛い食べ物やたばこ、カフェインが含まれた飲み物など、のどの粘膜に刺激を与えるものや行為を避けましょう。

声を出す機会が多い方は、のどに力を入れ過ぎないよう正しい呼吸・発声法を身に着けることも有効です。

のどを清潔な状態に保つ

のどを清潔な状態にしましょう。一時的なのどの荒れは、常温の水でこまめにうがいするだけでも改善します。

カフェインが含まれていないハーブティーでは、カモミールやマローなど、炎症を鎮めたり粘膜を保護する作用のあるものがおすすめです。

マスクなどで保護する

冷たく乾燥した空気はのどの粘膜を傷つけるので、マスクを着用して口からのどの奥にかけて保護します。マスクによってウイルスや細菌の侵入も防げるので一石二鳥です。

また水分をこまめに摂ったり、飴やガムなどを口にすることでも唾液が出るのでのどが潤います。

薬を使用する

のどのはれやあれを抑えるには、炎症を鎮める抗炎症作用と、乾燥を防ぐ保湿作用、痛みを抑える鎮痛作用のある薬が効果的です。

イブプロフェン、トラネキサム酸、塩化リゾチーム、アズレンスルホン酸ナトリウム、カンゾウの配合された薬には抗炎症作用があります。

キキョウやセネガには保湿作用、ポビドンヨード、デカリニウムには抗菌作用、アセトアミノフェン、無水カフェインなどには鎮痛作用があります。

のどの粘膜に直接作用するトローチ剤やスプレー剤、うがい薬のほか、炎症が強い場合は内服薬を使用します。

症状がひどい場合や、市販薬を使用しても症状が改善しない場合は病院を受診しましょう。

のどの腫れ・あれに関する疑われる病気

※こちらでは代表的な症状のみ記載しており、症状に関する個別の診断を行うものではありません。気になる症状のある方や、体調の変化を感じた場合は医療機関にご相談ください。

のどの腫れ・あれに使われるお薬の総合情報

薬剤師に相談する

疑問に思ったことは薬剤師に相談してみましょう。