のどの痛みの原因や薬など悩みをセルフチェック

2018年10月16日

のどの痛みの原因・対処・お薬・疑われる病気を解説します。分からないことがあれば薬剤師に相談することができます。

生活の中で考えられるのどの痛みの原因

ウイルスや細菌の侵入

口からウイルスや細菌が侵入すると、白血球などが外敵を追い出すために戦います。その結果のどの粘膜に炎症が起こると、痛みが生じることがあります。

ウイルスや細菌が侵入した場合、はじめに上咽頭(うわあご)あたりに炎症が起こり、侵入が進むと扁桃腺や喉頭にも炎症が及ぶようになります。

刺激の強い食べ物

カプサイシンを含む食品を食べ過ぎると、粘膜を傷付けてしまい、のどの痛みを引き起こすことがあります。カプサイシンは、トウガラシやキムチ、カレーなどに含まれています。

このほかアルコールの飲み過ぎも、のどの粘膜を刺激するため痛みの原因となることがあります。

たばこ

たばこの煙に含まれる有害物質「タール」は、のどの粘膜を刺激して赤くただれさせることから痛みの原因となります。

たばこ1本あたりのタール含有量はわずかなものですが、1日20本たばこを吸い続けると、1年でコップ約1杯分のタールを体内に取り入れることになってしまいます。

受動喫煙でものどの痛みは生じるので、たばこを吸わない人でも注意が必要です。

声帯の酷使

カラオケやイベントなどで声をだし声帯を酷使すると、声帯や上気道に炎症が起こり、のどの痛みを引き起こすことがあります。

のどの痛みの対処法

休養をとる

過労や睡眠不足などにより抵抗力が弱まると、ウイルスや殺菌の侵入を許してしまい、のどの痛みが悪化するおそれがあります。

抵抗力を高めるためには、十分な睡眠や規則正しい生活リズムでしっかりと休養をとりましょう。

のどの乾燥を防ぐ

のどの乾燥は、痛みを増長させる原因となります。身近な方法でのどを乾燥から守りましょう。

食生活では、水分を多く含む食事を選び、こまめな水分補給も心がけましょう。室内環境も重要です。60~80%程度の湿度を保つように、加湿器を活用するほか、部屋に濡れタオルを干すといった工夫をしましょう。

このほか口呼吸はのどの乾燥を招くほか、ウイルスや細菌に対して無防備な状態を作ってしまいます。口呼吸が癖になっている人は、鼻呼吸に変えるように心がけましょう。

うがい習慣を身につける

うがいにはのどの乾燥を防ぐ効果や、のど粘膜の機能回復や活性化、そしてのど粘膜に付着したホコリや細菌の定着を防ぐ効果が期待できます。

外出後や食事前など、こまめにうがいをする習慣を身につけましょう。

マスクの着用

マスクの着用は、のどの乾燥やウイルスをはじめとした外敵に侵入の予防に有効です。症状の悪化を引き起こさないためにも活用しましょう。

特に空気が乾燥している時期や、風邪・インフルエンザなどが流行っている時期は積極的に着用してください。

禁煙を心がける

のどの痛みの原因としてたばこが思い当たる場合は、喫煙量を減らし、最終的には禁煙につなげるように心がけましょう。

たばこを吸いたくなったらガムを噛んだり、うがいをするといった別の行動に置き換える方法も有効です。

同居する家族にも協力してもらい、必要があれば禁煙外来に通院するのもひとつの手段となります。

受動喫煙に心当たりがある人は、たばこの煙がまん延する場所をなるべく避けるようにしましょう。喫煙者の禁煙に協力することも大切です。

刺激物を控える

トウガラシやトウガラシ粉末を含む食べ物、またはアルコールといった刺激が強い食べ物は控えるようにしましょう。

なお、カプサイシンに対する感受性は個人差があるので、ほかの人には問題ない量であっても自分にとっては強い刺激になることがあります。自分の体に負担をかけない量を把握しておきましょう。

薬の使用

トラネキサム酸やイブプロフェンを含む薬は、のど粘膜の炎症を抑えるため、痛みを改善する効果が期待できます。また、症状が軽い場合にはうがい薬やトローチ剤が腫れやイガイガ感の改善に役立ちます。

のどの痛みを引き起こす原因が細菌感染であった場合に有効な抗生剤は、市販では入手できないため病院を受診する必要があります。

のどの痛みに関する疑われる病気

※こちらでは代表的な症状のみ記載しており、症状に関する個別の診断を行うものではありません。気になる症状のある方や、体調の変化を感じた場合は医療機関にご相談ください。

のどの痛みに使われるお薬の総合情報

のどの痛みに関するお役立ち情報

薬剤師に相談する

疑問に思ったことは薬剤師に相談してみましょう。

のどの痛みの症状に関するみんなの疑問