口内炎の種類にはどんなものがある?

口内炎が痛くて食べるのがつらいという経験をしたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

口内炎とは口の中の粘膜に起こる炎症の総称です。原因別に分類されており、その種類により治療法が異なります。適切な対処のためにも種類ごとの症状や原因を知っておきましょう。

この記事では、代表的な口内炎の症状・原因・治療法を解説します。

アフタ性口内炎:白く窪んでいる

口内炎の中でも、もっとも多く見られるのがアフタ性口内炎です。

丸い形で白く窪んでいて、周囲が赤く縁取られているのが特徴です。頬の内側・舌や唇の裏・歯茎などにでき、痛みがあります。1週間〜2週間ほどで自然に治ることがほとんどで、あとは残りません。

繰り返しかかることも多く、その場合は「再発性アフタ性口内炎」と呼ばれます。

原因

免疫力の低下が主な原因といわれています。ストレス・睡眠不足・栄養状態の悪化などによって免疫力は低下します。また、口の中を傷つけてしまい細菌が入った場合や、ベーチェット病や天疱瘡などの他の病気が関連している場合もあります。

治し方

生活習慣を整えて免疫力を上げることが予防や治癒につながります。睡眠を十分に取って栄養のあるものを食べ、ストレスを溜めないようにしましょう。ビタミンB2を多く含むレバー・納豆・卵を食べることも改善の助けになります。

痛みがひどい場合や早く治したい場合は薬を使うことをおすすめします。口内炎の市販薬には、塗り薬・貼り薬・スプレータイプ・飲み薬があります。口内炎ができている場所に応じて使い分けましょう。

アフタ性口内炎の治し方について、詳しくは関連記事をごらんください。

カタル性口内炎:赤く腫れている

主に赤く腫れることが特徴です。紅斑性口内炎とも呼ばれ、赤い斑点ができることもあります。炎症を起こしていない部分との境界ははっきりしません。粘膜のひび割れを起こしたり、白くただれることもあります。

唾液の量が増え、口臭がきつくなったり、食欲がなくなり味覚を感じなくなることもあります。口の中が熱く感じたり、刺激の強いものを食べるとしみることがあります。

原因

歯や矯正器具の接触、熱い飲食物でのやけどなど、物理的な刺激が主な原因です。口の中にできた傷から細菌が繁殖して炎症を起こします。疲れや風邪で体力が落ちている時や、胃腸の調子が悪い時、虫歯や歯周病などで口の中の衛生状態が悪いことも炎症を起こす引き金になります。

治し方

熱いものや刺激物を取らないようにしましょう。体力が落ちていることも原因になっているので、体を休ませると数日で治ります。

歯磨きやうがいをして口の中を清潔に保つことも大切です。義歯や矯正器具をつけている場合は周辺を丁寧に洗うことも心がけましょう。また、唾液は口の中の細菌や汚れを洗い流す自浄作用があります。食べる時にはよく噛んで唾液を分泌させることも、口の中を清潔に保つことにつながります。

義歯などが当たることが原因と思われる場合は、歯科医に相談して原因を取り除く処置をしてもらいましょう。

カタル性口内炎の病院での治療については、関連記事をごらんください。

ヘルペス性口内炎:水泡ができている

最初に38℃以上の高熱が出てから、小さな水泡がたくさんでき、つぶれると痛みの強い赤く腫れた状態になります。

主に唇・舌・歯茎などにできますが、喉の方まで広がることもあります。主に生後6ヶ月から3歳までの乳幼児がかかることが多く、強い痛みのために飲食が困難になる可能性が高いですが、大人が発症した場合は比較的軽傷で済む傾向があります。

原因

ヘルペスウイルスの感染が原因です。ヘルペスウイルスは治った後にも体内に潜伏しているので、大人になってからも体調が悪い時や抵抗力が落ちている時に発症しやすくなります。

治し方

ウイルスの感染が原因のため、病院を受診して抗ウイルス薬を処方してもらいます。高熱と痛みをおさえるために鎮痛剤が処方されることもあります。処方薬を飲んで休めば2〜3日で回復します。感染を防ぐため、患部に触れたタオルや食器などを他の人が触らないよう注意しましょう。

ヘルペス性口内炎の病院での治療について、詳しくは関連記事をごらんください。

カンジダ性口内炎:白い苔のような斑点

白い苔のような点状や線状になった斑点ができます。簡単にはがすことができますが、はがすと赤く腫れたり出血したりします。頬の内側・口蓋・舌などにできますが、口全体に広がることや、喉や食道にできることもあります。

原因

口の中の常在するカビの一種であるカンジダが増殖することで発症します。健康な人が発症することはほとんどなく、抵抗力が低下した高齢者や子供や妊婦が発症することが多いとされています。

唾液が減って口の中が乾燥状態になるとカンジダの増殖が進みやすくなってしまうため、ドライマウスの方もかかりやすくなります。また、ステロイドや抗生物質などの薬で口の中の常在菌のバランスが崩れることも原因としてあげられます。

治し方

真菌であるカンジダの増殖が原因のため、病院で抗真菌薬を処方してもらいます。ステロイドや抗生物質が原因の場合は、使っている薬を医師に伝えて量を減らすなど対処してもらうよう相談しましょう。

口の中が乾燥するとウイルスや細菌の感染や増殖につながります。水分を取って口の中を潤しておくことも心がけましょう。

カンジダ性口内炎の治療について、詳しくは関連記事をごらんください。

ニコチン性口内炎:白く分厚くなる

別名「ニコチン性白色角化症」と呼ばれる症状です。

口の中の上側の部分である口蓋の粘膜や舌の粘膜に赤い発疹が現れた後、灰白色に変化し円形の白斑が多数現れます。次第に厚みを増し、シワ状になることもあります。

自覚症状はほとんどありませんが、食べ物や飲み物がしみることがあります。

原因

慢性の喫煙習慣のある人にみられる症状であるため、たばこが原因と考えられます。

詳しい原因まではわかっておらず、ニコチンだけでなくニコチン以外のたばこに含まれる化学物質、喫煙時の熱刺激も関係していると推測されます。

治し方

まずは、歯科・口腔外科を受診しましょう。

ニコチン性口内炎であれば、たばこが原因のため禁煙することが治療法となります。通常、禁煙により数週間から数か月で症状は改善していきます。

禁煙が難しい場合でも、少しずつでもたばこの本数を減らしていきましょう。禁煙外来に相談するのもおすすめです。

また、ニコチン性口内炎自体ががん化することはありませんが、喫煙者は口腔がんを発症する危険性が高いため注意が必要です。

病院での治療について、詳しくは関連記事をごらんください。

おわりに

通常の口内炎は、長くても10日〜2週間で治る場合がほとんどです。

症状が長引いている場合や、何度も繰り返す場合は他の病気の可能性もあります。2週間以上治らない場合は早めに病院を受診することをおすすめします。