口内炎を予防・対策する!口内炎ができやすい体質を改善

口内炎ができやすい人の特徴を紹介。口内炎がよくできる人の予防対策や体質改善の方法も解説します。

口内炎ができやすいのはどんな人?

口内炎の中でも、一般的にできやすいといわれているのは「アフタ性口内炎」という種類のものです。

アフタ性口内炎は、次のような人にできやすいといわれています。

食生活が乱れている

ビタミンB群、特にビタミンB2やB6には粘膜の成長を促したり体の抵抗力を高める働きがあるため、不足すると口内炎ができやすくなります。

また、暴飲暴食することも口内炎ができやすくなる原因となります。

生活が不規則である

疲れやストレスなどにより、体の免疫力は低下します。すると、粘膜が荒れて口内炎ができやすくなります。

免疫力が低下すると、ウイルスなどにも感染しやすくなるため、注意が必要です。

口内環境の衛生状態がよくない

口の中では、たくさんの常在菌や微生物がバランスを保ちながら存在しています。

口の中が清潔に保たれていないと細菌が増殖し、口内炎ができることがあります。

口の中が乾燥している

口の粘膜に細菌が感染すると炎症が起こり、口内炎ができます。

唾液の分泌が少なく口の中が乾燥すると細菌が増殖しやすくなるため、口内炎が頻発することがあります。

歯並びに問題がある

歯並びの加減で、飛び出している歯の角が口の粘膜に当たったり、噛み合わせが良くないと同じ場所を噛んでしまうことがあります。

この傷が炎症を起こすと、口内炎の原因となります。

口内炎がよくできる人におすすめの予防対策

口内炎ができやすい人は、次の予防対策を心がけましょう。

口の中を清潔に

口の中の清潔を保つため、こまめに歯磨きとうがいをしましょう。毎食後など、1日3〜4回程度行うのが理想的です。

歯磨きの際は、口の粘膜を傷つけないよう、やわらかめの歯ブラシで優しくブラッシ ングしましょう。

歯磨きできない場合でも、うがいをすれば細菌やウイルスを洗い流すことができます。

歯磨き・うがいによる口内炎対策について、詳しくは関連記事をごらんください。

バランスの取れた食事でビタミンを摂取

栄養のバランスの取れた食事で、ビタミン不足を解消しましょう。

皮膚や粘膜の健康を保つビタミンB群は、一度に大量に摂取しても余った分は尿と一緒に排泄されてしまうため、毎日の食事からこまめに摂取する必要があります。

ビタミンが不足していると感じる場合は、ビタミン剤を活用するのもおすすめです。

食べ物やビタミンによる口内炎対策について、詳しくは関連記事をごらんください。

疲れやストレスを溜めない

体の免疫力を低下させないよう、疲れやストレスを溜め込まないようにしましょう。

適度に休息をとり、自分なりのストレス解消法を見つけることも大切です。

質の良い睡眠は、体を休めて生活のリズムを整えるだけでなく、皮膚細胞の生まれ変わりを助けます。

ストレスや寝不足による口内炎対策について、詳しくは関連記事をごらんください。

口の中を乾燥させない

口の中を乾燥させないためには、唾液の分泌量を増やすことが大切です。食事の際には、しっかりと噛むことを心がけましょう。

口の中の乾燥を感じるときは、水分補給を行ったり、ガムや飴などで唾液の分泌を促しましょう。

また口呼吸は口の中の乾燥を招くため、鼻呼吸を意識してください。

朝起きたときに口の中の乾燥感や不快感がある場合は、寝ている間に口が空いている可能性も考えられます。

鼻づまりや睡眠時無呼吸症候群により睡眠中に口呼吸になっている場合もあるので、思い当たる方は耳鼻科を受診してください。

 

ブリーズライト スタンダード 肌色 レギュラー 鼻孔拡張テープ 快眠・いびき軽減 30枚入

プラスチックバーの反発力で鼻腔を拡げる鼻孔拡張テープです。

鼻腔を拡げて鼻の通りを良くし、寝ている間の鼻呼吸を促進します。

おわりに

口内炎は生活習慣の影響を受けやすく、間違った習慣を改めないと一度治ってもすぐにできてしまいます。

日頃の生活を見直し、自分に合った予防対策を行いましょう。

口内炎を早く治す!口内炎の症状・原因・治し方

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

ブリーズライト スタンダード 肌色...

口内炎のお役立ち情報

口内炎に関連するQA

ピックアップ特集