ストレスや寝不足で口内炎はできる!対処法をわかりやすく解説

ストレスや寝不足は口内炎の原因となります。ストレスで口内炎ができる場所や治し方、ストレスの解消法を解説します。

口内炎はストレスが原因でできることも

口内炎にはさまざまな種類がありますが、「アフタ性口内炎」はストレスや寝不足が原因で発生することがあります。

ストレスや寝不足は自律神経に影響を与え、免疫力を低下させて体の抵抗力を弱めます。そのため、口内炎を引き起こす原因となります。

さらにストレスにより、粘膜の健康維持に欠かせないビタミンB群やビタミンCが体内で不足するため、口内炎ができるともいわれています。

これは、ストレスを感じたときに分泌される抗ストレスホルモンを合成する際、ビタミンB群やビタミンCを消費するためです。

その他の口内炎の原因について、詳しくは関連記事をごらんください。

ストレスによる口内炎ができる場所は?

ストレスによるアフタ性口内炎は、ほほや唇の内側、舌、歯茎など、さまざまな場所にでき、1個だけでなく、2〜3個群がってできることもあります。

2〜10mm程度の丸くて白い潰瘍で周りが赤く縁取られているのがアフタ性口内炎の特徴で、食べ物や飲み物がしみたり痛みをともないます。

ストレスからくる口内炎の治し方は?

ストレスや寝不足が原因と考えられるアフタ性口内炎は、通常10日〜2週間ほどで消滅します。

口内炎を治すには、まずはストレスを取り除き、睡眠をとることが大切です。

睡眠は皮膚細胞の生まれ変わりを助けるため、しっかりと眠ることができれば口内炎の治りが早まります。

また、アフタ性口内炎は痛みをともなうため、日常生活に支障をきたす場合は市販薬の使用が効果的です。

市販薬には塗り薬、貼り薬、スプレーなどの種類があり、口内炎ができた場所ごとに適した薬を選ぶことができます。

口内炎の薬については、関連記事をごらんください。

ストレス解消法にはどんなものがある?

自分に合ったストレスの対処法を身につけ、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

代表的なストレス解消法には、次のようなものがあります。

リラクセーション法を身につける

リラクセーションとは、心と体の緊張を緩めることを指します。

最も手軽な方法は呼吸法で、ストレスを感じたときには腹式呼吸することがおすすめです。

適度な運動

ストレッチや散歩など、軽く汗をかく程度の無理のない有酸素運動がおすすめです。

激しすぎる運動は活性酸素を増やし、競争する気持ちが新たなストレスをうむことがあります。楽しみながら適度な運動を行いましょう。

親しい人たちと交流する

親しい友人などと話をすることで、気持ちが整理され、ストレスに対する解決策などがみえてくることがあります。

また、笑うことは免疫力を高めるといわれているため、会話を楽しむことがおすすめです。

たばこやお酒に頼らない

喫煙・飲酒は口内炎の原因といわれており、症状を悪化させてしまいます。

特にストレス解消のための喫煙はおすすめできません。

お酒は適度であればストレス解消になりますが、依存してしまうおそれもあるため、量と頻度をコントロールする必要があります。

睡眠をとる

起きたときに気持ちが良い日中に眠気を感じない快適な睡眠は、ストレスの解消につながります。

快適な睡眠のために、次のことを心がけましょう。

・寝つきが悪くなるため、夕食後のカフェイン摂取は控える 
・寝酒は睡眠の質を悪くするので控える
・寝るときには不快な音や光をシャットアウトする
・ぬるめのお風呂に入って寝つきをよくする
・寝る前に、軽い読書・音楽・香り・ストレッチなどの方法でリラックスする
・自然に眠たくなってから寝床につき、眠ろうと意気込まない
・自分にあった寝具を工夫する

東京西川 枕 医師がすすめる健康枕 もっと寝顔美人 低め 高さ調節可能 アーチ型形状 シルク混生地 ピンク

柔らかな感触で首筋や肩口に優しくフィットする、特に女性におすすめの枕です。

日本女性に多いなで肩と横向き寝に対応しており、寝返りが打ちやすくなっており熟睡を妨げにくくなっています。

自分の好みに合わせて高さの調整も可能です。

おわりに

ストレスや寝不足は免疫力を低下させ口内炎の原因となります。自分なりのストレス解消法を身につけ、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

口内炎を早く治す!口内炎の症状・原因・治し方

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

東京西川 枕 医師がすすめる健康枕...

口内炎のお役立ち情報

口内炎に関連するQA

ピックアップ特集