歯の痛みの原因や薬など悩みをセルフチェック

2019年11月22日

歯の痛みの原因・対処・お薬・疑われる病気を解説します。分からないことがあれば薬剤師に相談することができます。

生活の中で考えられる原因

虫歯

虫歯は口の中の酸によって歯が溶けた状態です。

歯の表面のエナメル質に穴が開き、内側の象牙質は神経とつながっている菅があるため、飲み物や食べ物の刺激が伝わることで痛みが発生します。冷たい物、温かい物がしみて、痛みが継続します。虫歯の歯を叩くと、響くように痛みがあります。

知覚過敏

歯の表面のエナメル質の下にある象牙質が敏感に反応することで、歯に痛みを感じます。冷たい物、温かい物がしみやすくなりますが、痛みは一時的です。歯を叩いても痛みはありません。

歯根膜炎

物を噛んだときに歯の痛みがある場合、歯根膜炎になっている可能性が考えられます。

歯の周辺には物を噛んだときの硬さ、軟らかさを判別する膜があります。その膜が虫歯や歯周病によって細菌に感染したり、歯ぎしりなどで強い力が加わるなどの原因で炎症をおこしている症状が歯根膜炎です。

親知らず

親知らずは上下左右の一番奥にはえてくる歯で、正式名称は第三大臼歯といいます。

基本的には4本ありますが、元々4本なかったり、はえてこなかったりと個人差の大きい歯です。親知らずが他の歯を圧迫したり、斜めにはえることで隣接する歯に刺激を与えると痛みを生じます。

歯ぎしり

歯ぎしりは歯同士の非機能的な接触状態です。日中だけではなく、睡眠中でも無意識におこなわれます。

歯ぎしりの原因は様々な習慣があり、個人によって違いますが、睡眠中の歯ぎしりはストレスが大きく影響している場合があります。

歯の痛みの対処法

冷やす

痛みのある歯を冷やすことで、神経を麻痺させ痛みを落ち着ける作用があります。

口の中に氷を入れて直接痛みのある歯にあてたり、タオルに包んだ保冷剤や冷やしたタオルなどを外側からあてたりしましょう。虫歯の進行状況によっては痛みが増してしまうこともあるため、一度に冷やしすぎず様子をみてください。

歯科の受診

歯の痛みには痛み止めを使うことができますが、原因によってはあくまで痛みに対する応急処置です。根本の治療が重要なため、はやめに歯科を受診してください。

薬の使用

歯の痛みにはイブプロフェンやロキソプロフェンなどの成分が配合された痛み止めの薬が使用されます。

アレルギーがある方はアセチルサリチル酸などの非ピリン系に分類される薬を使用します。

虫歯が原因の場合、応急処置の痛み止めとして、カンフル・フェノール・アルコールを配合したキャンフェニック処方を応用して作られた液体タイプの薬を、直接患部に塗ることができます。

同様に直接患部に塗り込む薬として、EPC処方(オイゲノール、フェノール、カンフル)のゲルタイプもあります。

歯の痛みに使われるお薬の総合情報

歯の痛みに関するお役立ち情報

薬剤師に相談する

疑問に思ったことは薬剤師に相談してみましょう。

歯の痛みの症状に関するみんなの疑問