むし歯の予防の原因や薬など悩みをセルフチェック

2018年10月17日

むし歯の予防の原因・対処・お薬・疑われる病気を解説します。分からないことがあれば薬剤師に相談することができます。

生活の中で考えられる原因

むし歯は口の中の細菌によって引き起こされます。むし歯の病原菌であるミュータンス菌が糖分をエサにして作り出した酸によって歯を溶かすとむし歯になります。

ミュータンス菌は糖分を栄養にして増えていき、ネバネバしたノリのような物質を放出し歯に付着します。そこでたくさんの細菌が集まり増えて歯の表面に溜まったものをプラークといいます。プラーク中では酸が作られ、酸に接する歯が溶けてしまいます。

不十分な歯みがき

みがき残しがあると細菌のかたまりであるプラークが溜まってむし歯の原因になります。むし歯菌の出すネバネバの物質は歯に付着する力が強力なので、うがいだけでなく歯みがきによって取り除く必要があります。

食生活

むし歯菌は食事やおやつなどの食べ物や飲み物に含まれる糖分を栄養にして増えていくため、糖分を頻繁にとるとむし歯の原因になります。頻繁におやつや間食をとると、プラーク中の細菌が活発になる時間が増えて酸も多く作られてしまいます。

酢や酢を含んだ食べ物や乳酸菌飲料などの酸性食品もむし歯の原因になります。

唾液量や歯の状態

唾液の量や歯の質・歯並び・かむ回数などの個人の体の状態によってもむし歯になりやすいかどうかが異なります。

唾液には口の中の細菌や酸を洗い流したり薄める役割があるため、唾液が少ない人はむし歯ができやすく、悪化もしやすい傾向があります。

歯並びが悪いと歯ブラシが届きにくい部分にプラークが溜まりやすく、むし歯になりやすくなります。

生活の中でできる予防法

適切な歯みがきをする

歯みがきによってむし歯の原因となるプラークを除去することが大切です。

歯ブラシを持ち、ひとつずつ丁寧に歯をみがきます。基本のみがき方はありますが、個人に適したみがき方を歯科医師や歯科衛生士から指導を受けると良いでしょう。

砂糖が含まれていない食事でも、むし歯菌の栄養となる糖分は含まれています。食事をするとすぐに細菌が糖分を取り込んで歯を溶かす酸を作るため、食後すぐに歯をみがきましょう。寝ている間は唾液の分泌が減るため、口の中の細菌が活発になります。細菌に栄養を与えないために就寝前は特に丁寧に歯を磨きましょう。

食生活を見直す

砂糖の多いお菓子はむし歯になりやすい環境を作ります。間食などで長時間に渡ってダラダラと食べると、口の中で虫歯菌が活発になって歯を溶かす酸を作り続けてしまいます。間食をする場合は時間を決めて、長く食べ続けないことが大切です。

清涼飲料水にもたくさんの糖分が含まれており、むし歯の原因になります。砂糖が使われている飴も長く口の中に入れることになるため、なめる量に注意しましょう。

ガムはかむことで唾液が分泌されるのでむし歯の予防になりますが、砂糖を使ったものではなく、キシリトールを使ったものを選びましょう。

よくかむ

唾液は口の中の汚れや細菌を洗い流します。よくかんで食べることは唾液の分泌をうながすために大切です。食べ物をかみ砕くことでも歯の表面の汚れを落とすことができます。やわらかい食べ物はプラークが歯に付着しやすくなるため、かみごたえのある固い食べ物を食べることで、むし歯を予防することができます。

むし歯の対処法

むし歯になった場合は、予防と同じように適切な歯みがきを実践することや食生活の見直しをしましょう。むし歯の悪化を防ぎます。

できてしまったむし歯は歯科を受診して治療してもらいましょう。

薬の使用

フッ素を配合した洗口液は、歯から溶け出したカルシウムやリンを取り込み歯の質を強くし、むし歯の予防が期待できます。

場合によっては1日に複数回歯みがきをすることをおすすめします。

むし歯の予防に使われるお薬の総合情報

薬剤師に相談する

疑問に思ったことは薬剤師に相談してみましょう。

むし歯の予防に使われるお薬をブランド名から探す