軟毛化は脱毛症のサイン?軟毛化の原因や対策・治療法について

髪の軟毛化はAGAやFAGAといった脱毛症の初期症状である可能性があります。軟毛化の原因や対策、治療法などについて解説します。

はじめに

最近髪が細くなった、コシがなくなった…など、髪の「軟毛化」を感じたことはありませんか。

軟毛化は、男性型脱毛症(AGA)の初期症状ともいえます。

軟毛化は男性特有の症状ではなく、女性にも起こります。

男性の軟毛化は部分的に起こることが多くなっていますが、女性は全体的に軟毛化が起こります。この症状は男性と区別して、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれています。

この記事では、男性だけでなく女性にも起こる軟毛化の原因、対策などについて解説します。

なぜ軟毛化するのか?

通常、髪には2年~6年の成長期があり、ここでしっかりと太い髪がつくられます。

しかしAGAの場合、髪の成長期は数か月から1年になります。そのため、髪の毛が太く成長せずに、細く短い「軟毛」のまま髪の寿命を終えてしまうのです。

軟毛化の原因は男性ホルモン

AGAが起こる原因として、男性ホルモンの影響が考えられます。

軟毛が起こる前頭部(生え際)や頭頂部には、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が多く見られます。

DHTは、髪の成長期を短くする作用をする一方で、ヒゲや胸毛などの体毛は硬毛化させる働きがあります。

こういった男性ホルモンの影響は、遺伝によるものが大きいとされています。

女性の軟毛化について

女性の場合、軟毛化は更年期に入ると多くなるといわれています。

更年期には、髪を育てる働きがある女性ホルモンが減少し、反対に男性ホルモンの働きが活発になるためです。

女性の場合、前頭部(生え際)は保たれたまま、頭頂部を中心に全体的に軟毛化が進んでいきます。

軟毛化の対策

AGAは進行性であり、放っておくと進行していきますので、対策が必要です。

健康状態は髪に現れます。まずは、バランスの取れた食生活を心がけましょう。

髪の主成分となるタンパク質を多く含む肉類・魚類・大豆製品や、タンパク質の合成を促すミネラルを多く含む海藻などの食品を食事に取り入れることもおすすめです。

また、血行の促進を妨げる喫煙を控えたり、自律神経に影響を与えるストレスを溜め込まないようにしましょう。

シャンプーのときには、頭皮を強く刺激しすぎないようにすることも大切です。

また、病院での治療という方法もあります。全国にはAGA・FAGA専門外来が設けられており、病院では主に薬による治療が行われます。

まとめ

軟毛の進行を抑えるには、規則正しい生活習慣やバランスのとれた食生活が重要となります。

進行の止まらない軟毛が気になる場合には、AGA・FAGA外来に相談しましょう。

ピックアップ特集