【薬剤師監修】シミにおすすめの薬は?成分から自分にあった薬の選び方を解説!

薬剤師監修でシミに効果を発揮するおすすめの市販薬を紹介します。シミは市販薬でも対処できる肌トラブルです。シミに効く成分から自分のシミに合わせて薬を選びましょう。

シミに市販薬は効く?

シミの原因はメラニンという黒い色素が肌に沈着することです。

シミに使われる市販薬には、メラニンの生成を防いで無色化する成分や肌のターンオーバーを促進する成分が配合されています。そのため、市販薬ではできてしまったシミを薄くし、新しくシミができることを予防する効果が期待できるのです。

シミに効果のある市販の医薬品は、ほとんどのものが飲み薬になります。

サプリメントや化粧品にもシミに効果のある成分が含まれていますが、成分の種類や成分量が異なります。医薬品ではないのでご注意ください。

シミに効く成分

ビタミンC(アスコルビン酸)

ビタミンCはメラニン色素の発生を抑え、メラニンを分解する効果があり、美白効果がある成分として最もよく知られています。

美白効果だけではなく、体の老化を防ぐ抗酸化作用やコラーゲンの生成にも効果を発揮します。

シミだけではなく肝斑、そばかす、日焼けなどさまざまな肌トラブルに使われる成分です。

L-システイン

L-システインは肌や髪、爪に存在するアミノ酸の一種です。ビタミンCと合成してメラニンの色素の発生を抑えたり、過剰に発生したメラニンを無色化したりします。

トラネキサム酸

トラネキサム酸はタンパク質を構成する必須アミノ酸リシンを元にして人工的に作られたアミノ酸の一種です。

炎症を抑える作用や出血を止める作用があり、湿疹や口内炎の治療に用いられてきました。肝斑への治療効果が確認された後はシミ治療にも用いられています。

その他の成分

他にも、体の代謝を助けるビタミンB5、リボフラビン、ビタミンE、ビタミンB6などがシミに効果を発揮します。

成分 特徴
ビタミンC ・メラニン色素の発生を抑え、メラニンを分解
・抗酸化作用
・コラーゲンの生成
L−システイン ・体の代謝を助ける
・疲労回復、二日酔いの改善効果
パントテン酸(ビタミンB5) ・体の代謝を助ける
リボフラビン ・新陳代謝を助ける
ビタミンE ・抗酸化作用
・血行促進の働き
ビタミンB6 ・肌荒れを予防
・皮脂の分泌を正常にする
トラネキサム酸 ・止血作用
・赤みや腫れを抑える
プラセンタ(胎盤エキス) ・代謝を活発にさせる
・組織修復作用

シミにおすすめの市販薬一覧

トランシーノ ホワイトC

L-システインを240mg配合しています。他にも、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンEなどシミやそばかすに効果を発揮する成分が含まれています。

1日2回、朝と夜に服用する錠剤です。

トランシーノII

肝斑の治療に効果を認められている市販薬です。皮膚科でも肝斑の治療に用いられているトラネキサム酸を配合。

1日2回、朝と夜に8週間を目安に服用します。

ケシミンクリームEX 濃厚シミ対策 塗るビタミンC アルブチン 12g (リーフレット付き)

メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぎます。特に気になるシミがあるときに使いましょう。 肌の新陳代謝が活発化する就寝前に使うとより効果的です。

ビタミンC「タケダ」

ビタミンCを1日最大服用量で2000mg含んだビタミンC製剤です。しみ・そばかすの緩和以外にも、肉体疲労や妊娠中・授乳中の体力低下にも効果を発揮します。

7歳未満は使用できません。

ハイシーL

ビタミンCタケダと同じくビタミンCを1日最大服用量で2000mg含んだビタミンC製剤です。口の中で噛んで溶かすチュアブル錠なので、錠剤を飲むのが苦手な方にもおすすめです。

ハイチオールCプラス

シミやそばかす、ニキビ、じんましんなどの肌トラブル全般に使える薬です。L-システイン、ビタミンCを配合し肌のターンオーバーを助けます。

肌トラブルだけではなく二日酔いにも効果を発揮する薬です。

おわりに

シミは市販薬でも対処できる肌トラブルです。シミの原因となるメラニンの生成を抑える、メラニンを無色化するなど、すでにできたシミを薄くするだけでなくシミの発生を予防することも可能です。自分の肌や体質に合った薬を選びましょう。

ライター採用

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

トランシーノ ホワイトC

トランシーノII

ケシミンクリームEX 濃厚シミ対策...

ビタミンC「タケダ」

ハイシーL

ハイチオールCプラス

しみ・そばかすのお役立ち情報

しみ・そばかすに関連するQA

ピックアップ特集