ニキビの市販薬は3つのポイントで選ぶ

ニキビは思春期のときだけでなく、大人になっても悩む方の多い肌トラブルです。

ニキビに効果のある薬はさまざまな商品が市販されており、薬局やドラッグストアのほか、薬剤師・登録販売者のいるコンビニエンスストア、インターネットでも購入することが可能です。

ニキビの薬を選ぶときには、大きく3つのポイントがあります。

■ニキビの原因と年齢
■ニキビの症状(進行具合)
■ニキビができた部位

これらのことをチェックしながら、自分に合った薬を選びましょう。

ニキビの原因と年齢

ニキビは思春期ニキビ大人ニキビに分けられ、発症する年齢と原因が異なります。

  年齢 主な原因
思春期ニキビ 20歳前後まで 過剰な皮脂分泌
大人ニキビ 20歳以降が多い 肌の乾燥・ストレス・食生活の乱れなど

ニキビの症状

同じニキビでも、症状の進行具合によって市販薬で対応できるかどうかが異なります。まずは、自分のニキビが市販薬で対応できる症状なのか確認しましょう。

種類 症状 炎症の有無  
白ニキビ 白い吹き出物 炎症を起こしていない 市販薬で対応可能
黒ニキビ ホクロのような黒い吹き出物
赤ニキビ 赤く腫れているニキビ 炎症を起こしている
黄ニキビ 膿をもつ黄色いニキビ 病院を受診
紫ニキビ 赤紫色に腫れあがっているニキビ

黄ニキビ・紫ニキビの段階まで悪化している場合は、皮膚科を受診してください。ニキビ跡が残る可能性も高くなるため、医療機関で専門的な治療を受けることが大切です。

ニキビの場所

ニキビは顔だけでなく、首・胸元・背中などにもできます。

ニキビの塗り薬はクリームタイプの他に、軟膏・ミストタイプ・ローションタイプがあります。ニキビのできた部位にあわせて、使いやすい剤形を選びましょう。

ニキビができた場所 おすすめ剤形
顔(おでこ・眉間・鼻・鼻の下・頬・フェイスライン・あご) クリームタイプ
ミストタイプ
ローションタイプ
顔(生え際) ローションタイプ
からだ(首・胸元・背中・頭皮) 冬場は軟膏・クリーム
夏場はクリーム・ローション

クリームはニキビの市販の塗り薬の中で最も一般的で、多くの製品が市販されています。製品によって、のびがよく塗りやすいもの、塗ったあとに白くならないもの、肌色タイプもの、弱酸性のものなど、さまざまなタイプがあります。

ローションは浸透力がよいのが特徴です。頭皮や生え際、フェイスラインへの使用におすすめです。

ミストは、他の剤形よりも「てかり」が目立ちにくいという特徴があります。おでこなど、てかりの気になる部分におすすめです。また、自分の手の届かない背中などの部位にも使用することができます。

軟膏は、クリームと比べると汗をかいてもとれにくいというメリットがあります。体にできたニキビへの使用がおすすめです。

思春期ニキビにおすすめの薬

20歳前後までが中心の「思春期ニキビ」は、ホルモンの働きによって皮脂の分泌が盛んになることが主な原因です。そのため、思春期ニキビには乾燥させる作用の強い薬がおすすめです。

イオウは、殺菌作用や角質を柔らかくする作用に加え、皮脂の分泌を抑えて乾燥させる作用もあります。イオウは皮膚科でもニキビの治療に処方される成分です。

ピンプリットN

有効成分 イオウ (角質軟化成分)・レゾルシン(殺菌成分)・酸化亜鉛・グリチルレチン酸(抗炎症成分)

肌を乾燥させるイオウに加え、浸出液を吸い取る酸化亜鉛が配合されています。肌色タイプなのでニキビを隠すことができます。

大人ニキビにおすすめの薬

20歳以降に多くみられる「大人ニキビ」の原因はさまざまですが、そのひとつにあげられるのが肌のターンオーバーの乱れです。そのため、大人ニキビでは肌の代謝を上げることが大切です。ビタミンEなどの肌の血行を良くして代謝を上げる成分が入っている薬を選びましょう。

皮脂の過剰分泌が原因のニキビに効果のあるイオウは、肌の乾燥が原因となっているニキビには悪化させてしまう可能性もあるので注意してください。

アポスティークリーム

有効成分 イブプロフェンピコノール(抗炎症成分)・イソプロピルメチルフェノール(殺菌成分)・ビタミンE酢酸エステル(保湿成分)

ビタミンEが含まれているため、皮膚の血行を良くして、肌の代謝やバリア機能を高めニキビの悪化を予防することができます。

また、伸びがよく肌に塗ったあとに透明になるので、外出中でも使用できます。

白ニキビ・黒ニキビにおすすめの薬

白ニキビ・黒ニキビは、まだ炎症の起きていない段階です。この状態のときに治療をすれば、痛みがでたりニキビ跡が残る心配はありません。

白ニキビ(閉鎖面皰)は、ニキビの初期段階です。毛穴に皮脂や老廃物が詰まり盛り上がっている状態で、白くポツっとした吹き出物です。

黒ニキビ(開放面皰)は、白ニキビが悪化してきている段階です。毛穴が開き、空気に触れた皮脂が酸化して黒くなり、目立つようになります。

白ニキビ・黒ニキビには、ニキビの炎症をおさえるイブプロフェンピコノールや、角質を柔らかくする作用のある成分(サリチル酸イオウ)が効果的です。

エバユースにきび薬

有効成分 イブプロフェンピコノール(抗炎症成分)

小児科でも処方されるイブプロフェンピコノールの塗り薬です。ニキビの進行をおさえる作用と炎症をおさえる作用があります。余分な成分が入っていないため、使いやすい薬です。

赤ニキビにおすすめの薬

赤ニキビ(赤色丘疹)は、細菌や雑菌が増殖し炎症を起こしてしまった状態で、赤く腫れあがっています。

この段階から、ニキビ跡になる可能性が出てきます。

赤ニキビには、殺菌成分と抗炎症成分が配合されている薬を選びましょう。市販薬に使用されてる殺菌成分・抗炎症成分として代表的なものに次のものがあります。

殺菌成分 レゾルシン
イソプロピルメチルフェノール
抗炎症成分 イブプロフェンピコノール
グリチルリチン酸ニカリウム

【第2類医薬品】クレアラシル ニキビ治療薬クリーム肌色タイプ 18g

有効成分 イオウ(角質軟化成分)・レゾルシン(殺菌成分)・グリチルリチン酸ニカリウム(抗炎症成分)・トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE・保湿成分)

殺菌・消炎・皮脂吸収の作用があります。皮膚の血行を良くして、肌の代謝やバリア機能を高めニキビの悪化を予防することができるビタミンEも配合されています。 白色タイプ・肌色タイプの2種類があります。

メンソレータムアクネスニキビ治療薬

有効成分 イオウ(角質軟化成分)・レゾルシン(殺菌成分)・グリチルレチン酸(抗炎症成分)・トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE誘導体・保湿成分)

殺菌成分・抗炎症成分が配合されており、炎症を起こして腫れているニキビに効果があります。皮膚の血行を良くして、肌の代謝やバリア機能を高めニキビの悪化を予防するビタミンEも含まれています。

フェイスラインに使えるローションタイプのニキビの薬

メンソレータムアクネス25メディカルローション

有効成分 イソプロピルメチルフェノール(殺菌成分)・アラントイン(抗炎症成分)・サリチル酸(角質軟化成分)

大人ニキビに着目したローション剤です。オイルフリー・無着色でうるおい成分が配合されています。 1日2回(朝と晩)、コットンなどに適量をとり、肌に2~3分間押し当てます。スキンケア前に使用しましょう。

近江兄弟社メンタームアクネローション

有効成分 イオウ(角質軟化成分)・ホモスルファミン(抗菌成分)

ニキビ・吹き出物に効果のある薬です。皮脂の分泌をおさえ、収れんなどの作用をもつローションです。 よく振ったあと、手のひらまたはコットンに適量をとり、患部を軽くたたくようにしながら塗布します。1日数回使用してください。

背中にも使えるミストタイプのニキビ薬

ミストタイプの薬は、手の届きにくい背中のニキビにも使用することができます。

【第2類医薬品】メンソレータム アクネス25 メディカルミストb 100mL

有効成分 イソプロピルメチルフェノール(殺菌成分)・アラントイン(抗炎症成分)・サリチル酸(角質軟化成分)

大人ニキビに着目し、オイルフリー・無着色でうるおい成分が配合されている薬です。ボトルを逆さまにしても使用できるミストタイプです。 顔に使用する場合は、適量を手にとって患部に塗布します。目に入らないように注意してください。

軟膏タイプでおすすめのニキビの薬

オロナインH軟膏

有効成分 クロルヘキシジングルコン酸塩液(殺菌成分)

さまざまな効果・効能をもつオロナインですが、ニキビへも効果が認められています。 患部に少量をすりこみ、べとつく場合はタオルなどでふき取りましょう。

ニキビにおすすめの漢方薬

ニキビが繰り返しできる方や治りにくい方は、漢方薬で体質を改善し、ニキビができにくい体をつくることも効果的です。漢方薬は皮膚科での治療にも処方されます。

ニキビの治療で使用されることの多い漢方薬として次のものがあります。

清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)

炎症を緩和してくれるため、赤ニキビに効果的です。赤ら顔の方のニキビに向いています。

ツムラ漢方清上防風湯エキス顆粒

有効成分 オウゴン・キキョウ・サンシシ・センキュウ・ハマボウフウ・ビャクシ・レンギョウ・オウレン・カンゾウ・キジツ・ケイガイ・ハッカ

体力が中等度以上で、赤ら顔の方のにきびに効果があります。

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

新陳代謝が悪く、皮膚が浅黒い方のニキビに向いています。炎症を起こしやすい体質を改善します。

ツムラ漢方荊芥連翹湯エキス顆粒

有効成分 オウゴン・オウバク・オウレン・キキョウ・キジツ・ケイガイ・サイコ・サンシシ・ジオウ・シャクヤク・センキュウ・トウキ・ハッカ・ビャクシ・ボウフウ・レンギョウ・カンゾウ

体力中等度以上で、皮膚の色が浅黒い方の慢性化したニキビに向いています。

桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)

血行をよくし、ホルモンバランスを整えます。おでこやフェイスラインにニキビができやすい方に向いています。

「クラシエ」漢方桂枝茯苓丸料加よく苡仁エキス錠

有効成分 ケイヒ・ブクリョウ・ボタンピ・トウニン・シャクヤク・ヨクイニン

比較的体力がある方で、のぼせや冷えをともなう方のニキビに効果があります。

おわりに

一口にニキビといっても症状の段階や原因、場所などによって対処法は異なります。自身のニキビの状態に合わせて薬を選択しましょう。

ニキビの薬以外の対策については、関連記事をごらんください。