腰痛は「温める」「冷やす」どちらで治す?お風呂に入ると悪化する?

腰痛への対処法として「温める」「冷やす」のどちらが正しいかを解説します。また、腰痛のときにお風呂に入るのは効果的かどうか、悪化するのかどうかについても解説します。

腰痛の原因

腰痛にはさまざまな原因がありますが、腰回りの筋肉の血行不良や炎症が原因のひとつです。

筋肉の血行不良は、食生活やデスクワークなどでの長時間同じ姿勢でいることによって起こり、多くの場合が慢性の痛みです。

また、筋肉の炎症は、激しい運動や重い荷物の持ち運びによって起こり、多くの場合が急性の痛みです。

どちらも症状は腰の痛みですが原因によって対処が異なり、誤った対処をすると症状を悪化させてしまうおそれがあります。

炎症による腰痛は冷やす

激しい運動や重い荷物の持ち運びによって起こった急性の腰痛は、冷やして炎症をおさえましょう。

炎症による腰痛は、痛みを感じる部分が熱を持っていることが特徴です。また、温めると具合が悪いと感じる場合も炎症による腰痛だと考えられます。

氷水や冷たいタオルで直接冷やす

氷水や冷たいタオルなどを使用して、痛む部分を冷やしましょう。15〜20分程度が冷やす時間の目安です。

アイスバッグ(氷嚢:ひょうのう)や保冷剤などに使われるコールドパックを使用するのも効果的です。

冷凍庫で凍らせた氷は非常に冷たく、凍傷を起こすおそれがあるので、室内で時間をおいてから使うかタオルで包むなどして温度を調節しましょう。

冷感湿布を貼る

市販の冷感湿布を貼ることで、冷却効果と鎮痛効果によって痛みを緩和します。

フェイタスシップ

痛みや炎症をおさえる成分のフェルビナクと、優れた冷却力によって、炎症による痛みを緩和します。

粘着力に優れているため、剥がれにくくなっています。

血行不良による腰痛は温める

普段の食生活や長時間同じ姿勢でいることによって起こった慢性の腰痛は、温めて血行を促進させましょう。また、炎症が治まった後も血行を促進させることで回復を早めることができます。

血行不良による腰痛は、痛みを感じる部分が冷たく感じることが特徴です。また、冷やすとさらに痛みが悪化したと感じる場合も血行不良による腰痛だと考えられます。

使い捨てカイロやドライヤーで腰を温める

使い捨てカイロやドライヤーを使用して、腰の痛む部分を温めることで血行を促進し、腰痛を緩和することができます。

時間の目安としては、15分以上が効果的です。

カイロやドライヤーの温風によるやけどなどに注意しましょう。

温感湿布を貼る

市販の温感湿布を貼ることで、温感刺激と鎮痛効果によって痛みを緩和します。

フェイタスシップ温感

痛みや炎症をおさえる成分のフェルビナクと、温感刺激によって、血行不良による痛みを緩和します。

粘着力に優れているため、剥がれにくくなっています。

お風呂は腰痛に効果的?

お風呂に入って体を温めることで改善できる腰痛は、血行不良による腰痛です。

浴槽に浸かってしっかり温まることで、血行を促進し、腰痛を緩和することができます。

浴槽入浴には、毛細血管を開いて疲労物質を除去する「温熱作用」、水圧によって血液の循環をうながす「水圧作用」、水の浮力によって筋肉の緊張をほぐす「浮力作用」があり、血行改善だけでなく疲労回復にも効果があります。

少しぬるいと感じる程度の温度のお湯で、10分〜15分以上の浴槽入浴が効果的です。

炎症による腰痛は温めると悪化するおそれあり

炎症による急性の腰痛は、温めることでさらに炎症を悪化させるおそれがあります。

急性の腰痛や腰の痛い部分が熱を持っている場合は、炎症による腰痛の可能性が高いため、お風呂で温めるのは効果的ではありません。

シャワーなどで軽く済ませ、お風呂を出た後は再び痛む部分を冷やしましょう。

腰痛が改善されない場合は?

腰を冷やしても温めても腰痛が治らない場合は、腰痛の原因が筋肉ではない可能性があります。

重篤な病気のおそれもあるため、改善がみられない場合はなるべく早く医療機関を受診しましょう。

腰周りの病気によって腰痛が起こっている

「椎間板ヘルニア」や「変形性腰椎症」などによる腰周りの神経の圧迫によって、腰痛が起こっているおそれがあります。

これらの病気は、動くと痛む腰痛に加えて足や手のしびれの症状も現れます。

悪化すると入院・手術が必要なこともあるため、腰周りの病気が疑われる場合は整形外科を受診しましょう。

内臓の病気によって腰痛が起こっている

内臓の病気による痛みが、腰周辺の神経へ影響しているおそれがあります。

胃・すい臓・胆のう・腎臓・循環器・腸の病気のおそれがあるため、腰痛に加えて腹痛・吐き気・血尿・食欲不振などの症状がある場合は内科を受診しましょう。

内臓の病気と腰痛の関係について詳しくは関連記事をごらんください。

おわりに

腰痛は、軽度のものであればセルフケアが可能な症状です。加温も冷却も自宅にあるもので簡単にできるので、ぜひ試してみてください。

腰痛が改善された後は、日常生活に気をつけて腰痛が再び起こらないようにしましょう。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

フェイタスシップ

フェイタスシップ温感

腰痛(ようつう)のお役立ち情報

dメニュー