腰痛の種類と内臓の関係

腰痛の種類は、大きくふたつに分けることができます。

ぎっくり腰や椎間板ヘルニアなど腰椎(ようつい)や筋肉の異常が原因となるものと、内臓の病気が原因となるものの2種類です。腰椎とは、背骨の腰の部分をさします。

腰痛を訴える人のうち、腰痛の原因がはっきりと特定できるのはわずか15%であり、残りの85%はX線やMRIなどの画像検査でも原因がわからない腰痛だといわれています。

原因が特定できる15%の腰痛には内臓の病気が原因の腰痛が含まれており、まれではありますが腰痛が内臓の病気の早期発見に繋がるケースもあります。

内臓が関係する腰痛は慢性的であることが多い

腰椎の異常が原因で腰痛が起こる場合は、長時間同じ体勢を続けていたり運動や荷物の持ち運びで腰を動かした時に痛みます。

しかし、体勢や運動の有無に関係なく慢性的な腰痛である場合は内臓の病気が疑われます。

また、慢性的な腰痛はストレスが原因であることも考えられます。

腰上部の痛みで疑われる病気

腰の上部、背中の中心あたりが痛む場合は、次の病気であるおそれがあります。

胃・十二指腸の病気

胃・十二指腸の病気で腰痛を引き起こすおそれのあるものは、「胃潰瘍」「十二指腸潰瘍」です。胃液によって胃を保護する粘膜が傷つけられることが原因で起こります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍による痛みが神経をつたって腰まで届いたものが、腰痛と認識されることがあります。特に十二指腸は背中寄りにあるため、胃潰瘍よりも痛みを感じやすくなります。

また、胃は左寄りにあるため主に腰上部左側に痛みを感じます。胃潰瘍・十二指腸潰瘍のおそれがある場合は、内科または消化器内科を受診しましょう。

胃・十二指腸潰瘍で現れる腰痛以外の症状
みぞおちの痛み・胸焼け・胃もたれ・吐き気・嘔吐・食欲不振など

腰の左側に感じる痛みについて詳しくは関連記事をごらんください。

膵臓(すいぞう)の病気

膵臓の病気で腰痛を引き起こすおそれのあるものは、「慢性すい炎」「急性すい炎」です。アルコールの過剰摂取が主な原因とされていますが、原因のわからない突発性のすい炎もあります。

慢性すい炎・急性すい炎による痛みが神経をつたって腰まで届いたものが、腰痛と認識されることがあります。

また、膵臓は胃の左後ろ側にあるため、主に腰上部の左側に痛みを感じます。慢性すい炎・急性すい炎のおそれがある場合は、内科または消化器科を受診しましょう。

慢性すい炎・急性すい炎で現れる腰痛以外の症状
飲食時の腹痛・激しい腹痛・吐き気・嘔吐・発熱・下痢・体重減少など

胆のう・胆管の病気

胆のう・胆管の病気で腰痛を引き起こすおそれのあるものは、「胆のう結石症」「総胆管結石症」です。脂質の多い食生活や体質が主な原因とされていますが、明確には解明されていません。

胆のう結石症・総胆管結石症による痛みが神経を伝って腰まで届いたものが、腰痛と認識されることがあります。

また、胆のうは胃の右側にあるため、主に腰上部の右側に痛みを感じます。胆のう結石症・総胆管結石症のおそれがある場合は、内科または泌尿器科を受診しましょう。

胆のう結石症・総胆管結石症で現れる腰痛以外の症状
疝痛(引いては繰り返す痛み)・吐き気・嘔吐・発熱・悪寒・黄疸など

腰の右側に感じる痛みについて詳しくは関連記事をごらんください。

腰中心の痛みで疑われる病気

みぞおちとへその中心あたりの腰が痛む場合は、次の病気のおそれがあります。

腎臓の病気

腎臓の病気で腰痛を引き起こすおそれのあるものは、「腎盂腎炎(じんうじんえん)」です。

膀胱炎を引き起こした細菌が尿管から腎臓へと入り込むことが原因で起こります。また、他の部位の化膿が血液やリンパ管に乗って腎臓に届くことで炎症を起こすこともあります。

腎盂腎炎による痛みが神経をつたって腰まで届いたものが、腰痛と認識されることがあります。

腎臓は左右にひとつずつあるため、主に腰中心の左右どちらか、または両方に痛みを感じます。腎盂腎炎のおそれがある場合は、内科または泌尿器科を受診しましょう。

腎盂腎炎で現れる腰痛以外の症状
発熱(主に38℃以上)・膀胱炎・吐き気・悪寒・倦怠感など

循環器の病気

循環器の病気で腰痛を引き起こすおそれのあるものは、「腹部大動脈瘤破裂(せいふくぶだいどうみゃくりゅうはれつ)」です。

コレステロールの過剰摂取・高血圧による動脈硬化などによって血管にできた瘤(こぶ)が破裂することをさします。

腹部大動脈瘤破裂によって背骨が圧迫されることで痛みを感じ、腰痛と認識されることがあります。

瘤のできる位置にもよりますが腹部大動脈は体の中心を通っている血管のため、主に腰の中心に痛みを感じます。腹部大動脈瘤破裂のおそれがある場合は、内科または循環器内科を受診しましょう。

腹部大動脈瘤破裂で現れる腰痛以外の症状
激しい痛み・吐血・血便など

腸の病気

腸の病気で腰痛を引き起こすおそれのあるものは、「大腸がん」です。動物性脂肪やたんぱく質などの欧米食や遺伝が主な原因とされています。

がん細胞が腰椎まで広がると、神経障害をきたし腰痛を引き起こします。

大腸がんのできる場所によって、腰下部が痛む場合もあります。大腸がんのおそれがある場合は、内科または消化器内科を受診しましょう。

大腸がんで現れる腰痛以外の症状
腹部の違和感・軽い腹痛・血便・血尿など

腰下部の痛みで疑われる病気

お尻のすぐ上あたりの腰が痛む場合は、次の病気のおそれがあります。

膀胱の病気

膀胱の病気で腰痛を引き起こすおそれのあるものは、「前立腺がん」です。男性ホルモンの変化が主な原因とされていますが、明確には解明されていません。

前立腺がんは進行すると移転しやすく、腰痛を起こしている場合は脊髄(せきずい)などに移転しているおそれがあります。前立腺がんのおそれがある場合は、内科または泌尿器科を受診しましょう。

前立腺がんで現れる腰痛以外の症状
頻尿・残尿感・排尿痛・尿もれ・血尿・尿閉など

子宮・卵巣の病気

子宮・卵巣の病気で腰痛を引き起こすおそれのあるものは、「子宮筋腫」「子宮内膜症」「子宮がん」「卵巣炎」「卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)」「卵巣がん」があります。

卵巣炎は、細菌感染によって起こります。卵巣炎以外の病気については原因が解明されていません。

PMS(生理前症候群)や生理痛と間違えやすく、子宮・卵巣の病気に気づきにくいことがあるため、痛みがひどい場合は婦人科・産婦人科を受診しましょう。

子宮の病気で現れる腰痛以外の症状
性行後の出血・膿のようなおりもの・血の混ざったおりもの・腹部のしこり・貧血・めまい・動悸など
卵巣の病気で現れる腰痛以外の症状
便秘・頻尿・激しい腹痛・嘔吐・40℃前後の高熱・不正出血など

ストレスが原因となる腰痛について

腰痛の原因として内臓の病気や腰椎や筋肉の異常が当てはまらなかった場合は、ストレスによる心因性腰痛のおそれがあります。

心因性腰痛の原因は明確には解明されていませんが、ストレスが蓄積されることで痛みを抑制する脳内物質の分泌が少なくなり、痛みが慢性化すると考えられています。

日常生活にストレスを感じている場合は、ストレスの原因となるものを取り除いたり、リラックスできる方法を見つけると良いでしょう。

音楽を聴く・ゆっくりとお風呂に入る・適度な運動をするなどが効果的です。

また、できるだけ規則正しい生活を心がけ、しっかりと睡眠をとることもストレスの解消につながります。

おわりに

腰痛は、原因を特定するのが難しい症状です。

痛みの場所以外にも健康な時との体調の違いにいち早く気づき、病気の早期発見・早期治療を目指しましょう。