腰痛は症状が悪化すると起き上がるのも辛くなり、日常生活に支障をきたすことがあります。そんな腰痛持ちの悩みを解消するグッズの代表ともいえるのが、手軽に購入できる「腰痛ベルト」です。

この記事では腰痛ベルトに期待できる効果や選び方・使い方のコツを解説。おすすめの腰痛ベルトを4つ紹介します。

腰痛ベルトに期待できる効果とは

腰痛ベルトとは、腰回りの筋肉を支え、腰椎(腰あたりの背骨)の負担を軽減させる腰痛対策グッズです。腰痛の症状を悪化させる原因となる、腰のひねりや反りといった動作を抑制したり、痛みが出にくい姿勢を維持する効果が期待できます。

市販されているものの中には、「腰痛バンド」や「骨盤ベルト」という名前で売られているものもありますが、期待できる効果は同じです。また、似たものに「コルセット」がありますが、こちらは医療用のもので、整形外科や整骨院で使用されているという違いがあります。

なお、腰痛ベルトはあくまで症状を軽減させるものであり、完治させるものではありません。また、基本的には症状が現れてから使用するものであり、予防を期待することは難しいでしょう。

スポーツシーンにおける腰痛ベルトの効果

腰痛ベルトの中にはスポーツ用に特化したものがあります。運動時にベルトがずれないよう固定力を高めたものが多いのが特徴です。

スポーツ用の腰痛ベルトには、スポーツ時のけが予防や中~軽度の腰痛持ちの症状緩和や再発予防といった効果が期待できます。

腰痛ベルトにダイエット効果は期待できる?

腰痛ベルトの購入を検討する人の中には、ダイエット効果を期待する人もみられます。腰痛ベルトを使うと脊椎のゆがみが改善できるので、腰回りが引き締まるという点ではダイエット効果を期待できるかもしれません。

しかし腰痛ベルトには、腰回りの筋肉を固定するために腹部を圧迫させているという側面があります。これが腰痛持ちではない人にとっては腹部の痛みや辛さになる可能性があります。そのため、ダイエット効果を目的に購入することはおすすめできません。

腰痛ベルトの選び方

腰痛ベルトは、基本的にゴム素材などを使用して伸縮性に優れたものが多いです。その中でも、日常動作でずれにくく、腹部を適度に圧迫して固定できるものを選びましょう。

また、腰痛ベルトは商品によって幅が異なるので、症状に合わせて適切な幅のものを選ぶことも大切です。幅が狭い腰痛ベルトは、カバーするエリアが狭い分、動きやすさがあるものの固定力が弱くなります。そのため、痛みが軽度の人や骨盤まわりからお尻にかけて痛みがある人に向いています。

一方で幅が広い骨盤ベルトは、固定する力が強い分、動作の制限が多くなります。そのため痛みが強い人や、骨盤まわりやお尻だけでなく、腰のくびれやくびれの上まで痛む人におすすめです。

腰痛ベルトの位置・使い方の注意

腰痛ベルトを使用する際は、装着する位置や使用頻度にも注意しましょう。

腰痛ベルトの位置

ウエスト部分を中心に巻きます。ベルトの上部分はみぞおちあたりに固定しつつ、胃を圧迫しないように調整しましょう。ベルトの下部分は骨盤に少しかかる程度の位置で固定してください。

腰痛ベルトの使い過ぎに注意

腰痛ベルトにサポートしてもらう状態が当たり前になると、腰回りの筋肉が衰えてしまいます。腰痛の原因には腰回りの筋力が影響しているので、これでは根本的な治療にはつながりません。1~2か月ほど使用したら、状態を確認しながら少しずつ使用する時間や頻度を減らしていくよう心がけましょう。

腰痛ベルトのおすすめ4選

ここからは腰痛ベルトのおすすめを4つ紹介します。価格や使い心地を参考に、自分に合ったものを選びましょう。

日本シグマックス マックスベルト

医療機器・医療用品の開発などを行っている日本シグマックスによる腰痛ベルトです。こちらは軽量な設計による使いやすさと圧迫力を調節できる補助ベルトが特徴的。さらにSSサイズ~4Lサイズまで7つのサイズが用意されているので、より自分の体にフィットしたものを選びやすくなっています。

使用感と価格、どちらも手ごろであることから、初めて腰痛ベルトを購入する人に特に支持されている傾向です。服の下に装着してもひびきにくいのもメリットとなっています。

ZAMST(ザムスト) ZW-5 腰サポーター

先述の日本シグマックスが、スポーツ向けのサポート・ケア製品を製造販売しているブランドが「ザムスト」です。スポーツに特化しているというだけあり、こちらの腰痛ベルトは、通常用とスポーツ用があります。

ザムストの腰痛ベルトは固定力に優れており、硬質メッシュワッペンが背部を広くサポート。また、汗によるムレを防ぐために通気性に優れた立体メッシュ構造を採用しています。通常用は肉体労働の人や、日常的に体を動かす機会が多い人に愛用されています。

yamasaki 腰痛 ベルト 【 パワフルタイプ 】

幅広いサポート力が欲しいという人には、こちらの腰痛ベルトがおすすめです。yamasakiの腰痛ベルトにはさまざまなタイプがありますが、こちらのパワフルタイプは滑車(ギア)の原理で骨盤や腰椎をしっかり固定するクロスベルトを採用。

動作によるズレを防ぐための滑り止めもついています。また、マルチポケットもあるので、暑い時期は汗取りを入れ、寒い時期はカイロを入れるといった調整も可能です。

サイズはS~5Lまで7サイズ展開。男性も女性も幅広く使えます。長年腰痛に悩んでいる人が、幅広くサポートしてくれる腰痛ベルトを探した結果、こちらを選ぶことが多いです。

Dr.Q 腰痛ベルト サポートプロ

腰痛ベルトや骨盤ベルトの専門店であるDr.Qによる商品です。 Dr.Q腰痛ベルトの特徴は、動作に合わせて腰をサポートする4本の弾性ボーン。取り外しもできるので、症状やシーン別にサポート力を調整することができます。そのため商品によっては使用不可である就寝時でも使用が可能です。

また、お腹周りをメッシュ素材にすることで通気性にも配慮。スポーツで腰を痛めた学生から、出産後の腰痛に悩む女性、体を動かす仕事をしている男性など年齢や性別を問わず使用できる腰痛ベルトです。

市販薬で腰痛改善をサポートしよう

腰痛の改善に役立つものは、腰痛ベルトだけではありません。塗り薬や湿布のほか、内側からアプローチする飲み薬も効果が期待できます。さまざまな方法で腰の痛みを和らげましょう。

おわりに

腰痛持ちに欠かせない腰痛ベルトの選び方や使い方はいかがでしたか?人気がある腰痛ベルトもそれぞれ特徴が全く異なるので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。市販薬なども上手に活用しながら、腰の痛みを改善させてくださいね。