質問

Q

ぎっくり腰の症状

回答済み

ぎっくり腰とは、具体的にどういう状態ですか?

回答(1件)

0
A プロフィール画像

美絵
薬剤師

正式には「急性腰痛症」といいます。

一般に腰背部痛の場合は後腹膜臓器の障害、運動器、皮膚の障害、椎間関節の捻挫などが考えられます。

後腹膜臓器の内科的な疾患の場合は重篤な場合が多く、腰痛の患者を見たらまずは内科的な疾患の否定を行うべきである。

目安として視診で異常がない皮膚の疾患はほとんどない。
後腹膜臓器の疾患の場合は安静時痛であり、体動で痛みが軽減しない(例外が膵炎で丸まった方が楽になる)のが特徴である。
運動器の疾患の場合は運動痛がメインになるのが特徴である。
整形外科に腰痛を主訴に外来受診をする患者は非常に多い。
しかし発症時の症状が強烈なわりに予後が良好であり1週間で約半数が、2週間から1か月で約9割が回復してしまうのが特徴である。

家庭医を受診した急性腰痛患者の70%が診断不能で予後が良好でありヘルニアや圧迫骨折などの疾患が約15%であり癌や感染症が原因となるのは1%以下であるという統計がある。
すなわち、腰痛のみで運動器の疾患であろうと考えられたら急性腰痛症という診断でNSAIDsを2週間ほど処方し経過観察をするのが一般的である。

腰痛(ようつう)に関するQA一覧

腰痛(ようつう)のお役立ち情報

ピックアップ特集