捻挫の症状

捻挫は関節のケガであり、軟部組織と呼ばれる靭帯や腱、軟骨が傷つけられることで起こります。

捻挫は靭帯損傷の程度によって1~3度に分類されており、数字が大きくなるほど症状も重くなっていきます。

1度の症状

靭帯が伸びた状態で、痛みは軽く腫れもほとんど起こりません。

歩くことや、軽く走ることも可能です。

2度の症状

靭帯の一部が断裂しており、強い痛みや腫れがみられ、内出血をともないます。

歩きにくく、歩く際に足を引きずることがあります。

3度の症状

靭帯が完全に断裂した状態で、かなり強い痛みや腫れ、熱感、内出血などが起こります。関節がぐらつき不安定感があります。

歩くことが難しく、松葉杖などの支えが必要です。

捻挫の原因

捻挫は文字通り、関節をひねったり、くじいてしまうことが原因です。

関節が通常に動ける範囲を超えた動きを強制されると、痛みや腫れが生じます。

特に捻挫が起こりやすい場所は、足首・膝・手首・指といわれています。

足首の捻挫の原因

ジャンプの着地の失敗などスポーツ中に起こることがほとんどです。日常でも、段差のつまづきなどが原因となります。

多くの場合、足首を内側にひねることで起こります。

膝の捻挫の原因

足首の捻挫と同様に、スポーツ中に起こることがほとんどです。

タックルなどの接触によって膝に直接力が加わることや、着地などで膝に無理なひねりが加わることが原因となります。

手首の捻挫の原因

スポーツのほか、転んだときに床や壁などに手をついたことで起こることが多くなっています。

指の捻挫の原因

ボールが指に当たるなど、外から圧力が加わることで起こります。

捻挫の応急処置

捻挫をはじめとするケガの応急処置の基本は、Rest(安静)、Iceing(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)です。

頭文字を取って「RICE」と呼ばれています。

適切な応急処置を行うとケガの回復は早まります。反対に応急処置をしなかったり不適切であると回復が遅くなり、後遺症を残してしまう危険性があります。

Rest:安静にする

捻挫をした部分を無理に動かさずに安静にしてください。座ったり横になったりして、患部に体重をかけないようにましょう。

Ice:冷却する

患部を冷やすことで、炎症や内出血を抑えて痛みを軽減します。ビニール袋に氷を入れたものや、氷のうで患部を冷やしてください。

凍傷を起こすおそれがあるため、氷の入ったビニール袋はタオルでくるむなどして患部に直接当てないようにしましょう。

20分ほど冷やしたらいったん冷却を止め、しばらく間を空けてから冷却を再開してください。

ザムスト(ZAMST) アイシング 氷のう アイスバッグ

Compression:圧迫する

患部を圧迫することで、出血や血液の循環をおさえて内出血や腫れを防ぎます。

パッドなどを患部に当てて、その上からテープや弾性包帯を圧迫するように強く巻きます。

圧迫した後は、血行不良に注意し、指先まで血流があるか確認しましょう。

指先が青くなったり、しびれている場合は、圧迫が強すぎる状態のため、いったんゆるめてからやり直してください。

FC 圧迫固定包帯 L 足首・足用 7.5cm×4.5m

Elevation:挙上

挙上とは、患部を心臓より高いところに持ち上げることで、内出血や腫れ、痛みをおさえる働きがあります。

イスや台、クッションや枕など、イスやクッションなど、手ごろな高さのあるものの上に患部を乗せてください。

捻挫が完治するまでの期間は?

個人差はありますが、捻挫の痛みや腫れなどの症状は、軽度の場合は1週間から10日程度で改善します。1〜2週間しても痛みがとれない場合は、医療期間を受診するようにしましょう。

捻挫をしてから2~3日間は急性期と呼ばれ、患部が炎症を起こして腫れや痛みの症状が強く出ます。4日目以降は、慢性期と呼ばれ、患部の炎症はおさまり腫れや痛みの症状が落ち着いてきます。

ただし軽度の場合でも、靭帯が完全に修復するのには1か月から2か月程度かかります。

捻挫が治らない場合の対処法について、詳しくは関連記事をごらんください。

病院を受診するケースは?

次のような症状がある場合は、靭帯断裂や骨折のおそれもあるため、病院を受診しましょう。

・痛み・腫れ・内出血がひどい
・歩けない
・関節がぐらつき不安定である

そのほかに不安な症状がある場合も、医師の診断を受けてください。

何科を受診する?

捻挫の治療では、骨格・筋肉・神経系からなる運動器の機能改善を重要視している科である整形外科を受診しましょう。

スポーツをする頻度の高い方には、整形外科のスポーツ外来の受診もおすすめです。スポーツ外来では、予防から復帰まで幅広い治療を行っています。

捻挫の治し方

湿布を使用する

捻挫には急性期と慢性期があり、炎症のある急性期には冷やして、炎症のおさまった慢性期には温めるのが適切な対処法です。

湿布は急性期には冷湿布、慢性期には温湿布など使い分けてください。

捻挫の湿布のおすすめについて、詳しくは関連記事をごらんください。

日常生活で適切な対処を行う

捻挫を早く治すには、日常生活でも注意が必要です。

お風呂は慢性期には効果的ですが、急性期には避ける必要があります。

お風呂・寝るとき・運動・食べ物など、日常生活での注意点について、詳しくは関連記事をごらんください。

捻挫の繰り返しを予防する

一度捻挫したところは再び捻挫しやすいため、注意が必要です。

捻挫をしてから2か月程度は、運動する際にテーピングをするなど、捻挫を予防する対策を取りましょう。

捻挫のテーピングについて、詳しくは関連記事をごらんください。

おわりに

捻挫は関節のケガであり、重度の場合は手術が必要な場合があります。たかが捻挫と軽視せず、異常を感じた場合は、病院を受診してください。