腹痛の原因

腹痛は、体の不調のサインのひとつです。さまざまな原因が考えられる腹痛には、主に次のようなものがあります。

食べ過ぎ・飲み過ぎなどによる腹痛

暴飲暴食やからい食べ物・熱すぎる食べ物などの刺激物によって、消化不良が起こり、胃が痛むことがあります。

また、アルコール・たばこ・炭酸飲料などによって胃液が過剰に分泌することで、胃の粘膜が炎症を起こし、胃痛の原因になります。

胃に優しいものを食べることで、症状を緩和させることができます。

ストレスによる腹痛

仕事や家庭環境などの精神的なストレスによって自律神経が乱れ、胃液の過剰分泌や下痢・便秘によって腹痛を起こすことがあります。

自律神経を整えることで、症状を緩和させることができます。

便秘と腹痛について詳しくは関連記事をごらんください。

冷えによる腹痛

アイスクリームや冷たい飲み物などによって胃腸が冷えると、胃腸の血行が悪くなることで消化機能が低下し、下痢による腹痛を起こすことがあります。

エアコンによる冷えや冷え性などでも、同様の症状が現れます。

腹部を温めることで、症状を緩和させることができます。

ガス溜まりによる腹痛

長時間の座り姿勢や、便やガスを排出するための腸の「ぜん動運動」の衰え、腸内の悪玉菌の増加などによってガスが腸に溜まり、腹部に圧迫感を感じたり、腹痛を起こすことがあります。

ガス抜きを行うことで、症状を緩和させることができます。

食中毒による腹痛

細菌やウイルスによる食中毒が原因で、急性の下痢による腹痛を起こすことがあります。

多くの場合、下痢による腹痛に合わせて吐き気や発熱などの症状が起こります。

内臓疾患による腹痛

胃・腸・肝臓・腎臓などさまざまな内臓の病気によって腹痛を起こすことがあります。病気にかかっている臓器によって、ともなう症状や痛む場所が異なります。

市販薬の使用や食事での治療は難しく、医療機関を受診し医師の指示にしたがって治療に取り組む必要があります。

腹痛で疑われる病気:空腹時・食後

空腹時・食後にみぞおち周辺の腹痛が起こる場合は、胃や十二指腸の病気のおそれがあります。

空腹時の腹痛は十二指腸潰瘍のおそれ

空腹時に腹痛を感じる場合は、ピロリ菌などによって十二指腸の粘膜がただれる「十二指腸潰瘍」のおそれがあります。

空腹時に分泌される胃酸がただれた部分を刺激し、みぞおち周辺に腹痛が起こります。

内科または消化器内科を受診し、早めに治療しましょう。

食後の腹痛は胃潰瘍のおそれ

食後に腹痛を感じる場合は、ピロリ菌などによって胃を守る粘膜がただれる「胃潰瘍」のおそれがあります。

食事をすると、食べたものがただれた部分を刺激し、みぞおち周辺に腹痛が起こります。

内科または消化器内科を受診し、早めに治療しましょう。

腹痛で疑われる病気:発熱や吐き気

腹痛にともない、下痢・便秘・発熱・吐き気をともなう場合は、次のような病気のおそれがあります。

  下痢 便秘 発熱 吐き気・嘔吐
過敏性腸症候群 × ×
食中毒 ×
盲腸炎 ×
腸閉塞 ×
腎盂腎炎 × ×
胆のう炎 × ×
肝炎 × ×
膵炎 × ×

また、痛む場所によって疑われる病気が異なる場合があります。部位別の腹痛の解説は関連記事をごらんください。

過敏性腸症候群

腹痛にともなって下痢や便秘の症状が現れる「過敏性腸症候群」は、精神的ストレスや身体的ストレスが原因で引き起こされます。

日常生活にストレスを感じる人は、多くの場合、学校や仕事の始まりである朝に症状が現れます。

急に便意を感じ1日に3回以上水のような便が排出される「下痢型」、排便回数が週に3回以下になる「便秘型」、下痢と便秘が数日ごとに繰り返される「交替型」の3種類の症状があります。

過敏性腸症候群は、ストレスを和らげる方法を自分で見つけたり、睡眠や食事などの規則正しい生活を送ることによって治療が可能です。

過敏性腸症候群について詳しくは関連記事をごらんください。

食中毒

腹痛にともなって下痢・発熱・吐き気・嘔吐などの症状が現れる「食中毒」は、細菌に汚染されていたり毒を持っている食品を食べることで引き起こされます。

主に生肉・生の魚介類・貝類などが原因ですが、人の手に付着した細菌が食品に移ることでも感染が広がるため注意が必要です。

食後すぐに症状が現れるものから、最長で1週間の潜伏期間を経て症状が現れるものもあります。

食中毒は自然治療が主流ですが、下痢や嘔吐などにより脱水症状を起こすおそれがある場合は点滴を打って水分を補給することがあります。

盲腸炎

腹痛にともなって便秘・発熱・吐き気・嘔吐などの症状が現れる「盲腸炎」は、主に細菌やウイルスの侵入によって起こるといわれていますが、明確には解明されていません。

右下腹部に痛みを感じ、時間が経つとともに痛みは悪化していきます。

盲腸炎は、手術によって盲腸を切除するか、抗生物質を使用して細菌の繁殖をおさえることで治療が可能です。

腸閉塞

腹痛にともなって便秘・発熱・吐き気・嘔吐などの症状が現れる「腸閉塞」は、主に手術による癒着や腸管の麻痺などによって起こります。イレウスとも呼ばれます。

腹部の手術による癒着などで腸管が塞がれる「閉塞性イレウス」、血行障害をともない腸管がねじれる「絞扼性イレウス」、腸管運動の障害によって起こる「麻痺性イレウス」の3種類の症状があります。

腸閉塞は、手術によって切除または癒着を剥がすか、チューブによって腸管内の圧力を下げるなどによって治療が可能です。

腎盂腎炎(じんうじんえん)

腹痛にともなって発熱・吐き気・嘔吐などの症状が現れる「腎盂腎炎」は、膀胱炎を引き起こした細菌が尿管から腎臓へと入り込むことによって起こります。

また、他の部位の化膿が血液やリンパ管に乗って腎臓に届くことで炎症を起こすこともあります。

腎盂腎炎は、点滴や薬を服用しながら、2週間程度入院することで治療が可能です。症状によっては数ヶ月の経過観察が必要な場合もあります。

胆のう炎

腹痛にともなって発熱・吐き気・嘔吐などの症状が現れる「胆のう炎」は、主に細菌感染によって起こります。また、脂肪分の多い食事も原因のひとつと考えられています。

胆のう炎は、軽度であれば断食と点滴、抗生剤によって治療できますが、炎症が強い場合は手術によって胆のうを摘出する場合もあります。

肝炎

腹痛にともなって発熱・吐き気・嘔吐などの症状が現れる「肝炎」は、主にウイルス感染・アルコールの過剰摂取・肥満によって起こります。

時間が経つと「肝硬変」になり、さらに進行すると「肝臓がん」になるため早期治療が必要です。

肝炎は、ウイルス感染による肝炎であれば主に抗ウイルス剤の使用、アルコールや肥満による肝炎であれば食事療法によって治療が可能です。また、抗炎症剤を使用することもあります。

膵炎(すいえん)

腹痛にともなって発熱・吐き気・嘔吐などの症状が現れる「膵炎」は、アルコールの過剰摂取が主な原因とされていますが、原因のわからない突発性の膵炎もあります。

進行すると「糖尿病」になることがあるため早期治療が必要です。

膵炎は、初期段階であれば食生活の改善や禁酒、薬の服用によって治療が可能です。進行して糖尿病になった場合はインスリンによる血糖値のコントロールが必要になります。

女性の腹痛は子宮・卵巣の病気の疑いあり

女性の下腹部が痛む場合は、PMSや生理痛の他に子宮や卵巣の病気のおそれがあるため、まずは婦人科・産婦人科を受診することをおすすめします。

問診では、最後に性行為をした日・パートナー以外との性交渉歴・最終月経・月経周期・月経量などを細かく医師に伝えることで、さまざまな病気の可能性を探っていきます。

下腹部痛をともなう女性の病気には次のようなものがあります。

■子宮外妊娠
■卵巣腫瘍破裂・卵巣腫瘍茎捻転(らんそうしゅようけいねんてん)
■卵巣出血
■骨盤内腹膜炎
■子宮内膜症
■子宮筋腫
■子宮頚がん・子宮体がん

腹痛をともなう女性の病気について詳しくは関連記事をごらんください。

腹痛への対処法は?

腹痛を起こした場合は、応急処置として次のような対処をしましょう。

痛みが緩和されない場合は腹痛を症状とする病気が疑われるため、内科か消化器内科を受診しましょう。さまざまな科がある総合病院を受診するのも良いでしょう。

また、子宮や卵巣の病気が疑われる女性は、婦人科または産婦人科を受診しましょう。

胃に優しいものを食べる

腹痛の原因が不規則な食生活や暴飲暴食の場合は、胃に負担をかけないものを食べましょう。

刺激物や油の多い肉、バターなどの脂肪分の多いものを控え、おかゆ・うどん・白身魚・卵・豆腐・柔らかい野菜の煮物などの消化の良い食べ物を選びましょう。

また、下痢の場合は善玉菌を取り入れることで腸内環境が改善されるため、ヨーグルトや乳酸菌飲料がおすすめです。

自律神経を整える

ストレスなどによる自律神経の乱れが腹痛の原因の場合は、自律神経を整えましょう。

次のような方法が効果的です。

■スポーツや森林浴などでリフレッシュする
ストレスの原因を忘れられる場所に行くことで、心身ともにリフレッシュできます。

■質の良い睡眠をとる
寝る前に、ぬるめのお湯にゆっくり入ることで体が温まり、リラックスした状態で眠ることができます。また、寝る前のアルコール摂取や食事も避けましょう。

■腹式呼吸をする
腹式呼吸は自律神経のバランスを整えます。お腹をへこませながら息を吐き、吐き切ったら息をいっぱい吸い込みましょう。

腹部を温める

冷えが腹痛の原因の場合は、腹部を温めましょう。カイロを腹部に当てる・湯船に入る・白湯を飲むなどが効果的です。

ただし、腹痛の原因が冷えかどうかわからない場合は、むやみに腹部を温めないようにしましょう。内臓の炎症などが原因の場合は、温めることで症状が悪化することがあります。

ガス抜きを行う

ガス溜まりが腹痛の原因の場合は、ガス抜きに効果のある体操を行いましょう。

【ガス抜き体操】

1.仰向けに寝て、息を吸いながら左右どちらかの膝を抱える。
2.息を吐きながら足を体に近づけ、5回呼吸する。
3.息を吸いながら、ゆっくり膝を元の位置に戻す。
4.反対も同じ動作を行う。

市販薬を使用する

腹痛の種類や原因ごとに、使用する市販薬を使い分けましょう。また、原因不明の腹痛やあまりにも激しい痛みの場合は、なるべく早く医療機関を受診しましょう。


・胃酸過多 ガスター10
・胃けいれん
・しめつけ痛
ブスコパンA錠

・急な下痢 ストッパ下痢止め
・ウイルス性下痢 基本的に下痢止めは使用しない

ガスター10

有効成分「ファモチジン」が胃酸の分泌をコントロールすることで、胃酸の出過ぎによる胃痛を緩和します。

ブスコパンA錠

有効成分「ブチルスコポラミン臭化物」が胃腸の異常な緊張を和らげ、胃けいれんによる胃痛を緩和します。また、胃酸の分泌をコントロールする作用もあります。

ストッパ下痢止めEX

有効成分「ロートエキス」が腸内での便の移行スピードをおさえ、「タンニン酸ベルベリン」が腸内の水分調整・菌の増殖をおさえることで、下痢を緩和します。

その他の下痢止めについて詳しくは関連記事をごらんください。

腹痛に使用できる薬について詳しくは関連記事をごらんください。

腹痛を和らげるツボ

腹痛を和らげるツボにはさまざまな種類があり、腹痛の原因によって刺激する場所が異なります。

痛みの原因 ツボ
・暴飲暴食
・ストレス
不容(ふよう)
中脘(ちゅうかん)
・消化不良 胃兪(いゆ)
中脘(ちゅうかん)
・便秘 大腸兪(だいちょうゆ)
大巨(だいこ)
・下痢 大腸兪(だいちょうゆ)
温溜(おんる)
・生理痛 三陰交(さんいんこう)
血海(けっかい)

不容(ふよう)

不容は、胃酸過多による胃痛を緩和するツボです。

みぞおちに人差し指を当て、斜め下に指3本分測ったところにあります。左右にひとつずつあるので、どちらも正しい場所を測りましょう。

中指を不容に当てて、左右同時に優しく押し込みましょう。

中脘(ちゅうかん)

中脘は、ストレスなどの自律神経の乱れが原因となる胃腸の不調を整えるツボです。また、胃の働きの活性化にも効果的です。

へそにかぶせるように小指を当て、みぞおち側に指4本分測ったところにあります。中指を中脘に当てて、優しく押し込みましょう。

胃兪(いゆ)

胃兪は、消化を促進するツボです。胃もたれや胃の張りなどにも効果的です。

腰のくびれている部分と背骨の交わる部分から、上に指2本分、右に指2本分離れたところにあります。

親指を胃兪に当て、左右同時にしっかり押し込みましょう。

大腸兪(だいちょうゆ)

大腸兪は、腸の働きを正常にし、消化機能を安定させるツボです。

骨盤のラインと交わる背骨の左右のキワにあります。

親指を大腸兪に当て、左右同時に背骨の中心に向かってしっかり押し込みましょう。

大巨(だいこ)

大巨は、胃腸を健康な状態に戻すツボです。慢性的な便秘などに効果的です。

へその下に人差し指を当て、斜め下に指3本分測ったところにあります。左右にひとつづつあるので、どちらも正しい場所を測りましょう。

中指を大巨に当て、体の内側に向かって左右同時に優しく押し込みましょう。

温溜(おんる)

温溜は、自律神経の乱れからくる下痢に効果的なツボです。

手首からひじの内側の中心、親指側の太い骨の内側にあります。

温溜に親指を当て、つかむように押しましょう。骨のキワから押し上げるようにすると、正確に温溜を押すことができます。

左右同様に行いましょう。

三陰交(さんいんこう)

三陰交は、ホルモンバランスを整えるツボです。生理痛以外にも、生理不順や更年期障害などの婦人科系疾患にも効果的です。内くるぶしの中心に小指を当てて、ひざに向けて指4本分測ったところにあります。

三陰交に親指を当て、すねをつかむように押しましょう。

このときに骨のキワを意識して、骨の内側に指を入れるようにして押すと正確に三陰交を押すことができます。左右同様に行いましょう。

血海(けっかい)

血海は、子宮や卵巣の血液循環をよくするツボです。内ひざの皿の上端に小指を当てて、足の付け根に向けて指4本分測ったところにあります。

血海に親指を当て、つかむように押しましょう。このときに骨のキワを意識して押すと、正確に血海を押すことができます。

左右同様に行いましょう。

コーヒーと腹痛の関係

空腹時にコーヒーを飲むと、分泌された胃酸が胃粘膜を刺激し、胃痛を起こすことがあります。

コーヒーには胃酸の分泌を促進する成分「カフェイン」が含まれています。また近年では、「クロロゲン酸」というコーヒーポリフェノールも胃酸の分泌を促進する効果があるといわれています。

このふたつが空腹時の胃に作用すること胃酸が分泌され、胃痛の原因となります。

また、コーヒーの飲み過ぎも胃痛の原因となります。1日2〜3杯を目安にしましょう。

おわりに

腹痛はさまざまな原因によって起こるため、自己判断で誤った対処をしないように正しい知識をつけましょう。

また、激しい腹痛を感じたらなるべく早く医療機関を受診するのも、悪化を防ぐ方法です。