肋間神経痛の原因や薬など悩みをセルフチェック

2018年12月14日

肋間神経痛の原因・対処・お薬・疑われる病気を解説します。分からないことがあれば薬剤師に相談することができます。

生活の中で考えられる原因

肋間神経痛とは、肋骨の周囲に走る神経が圧迫されて突然痛みが走る症状のことです。神経が圧迫される原因は様々ですが、以下のものが考えられるます。

ストレス

人間は精神的・身体的に緊張が走ると呼吸が浅くなる傾向にあります。呼吸が浅くなると肩で息をするようになり、背中と肩の筋肉に大きな負担がかかり収縮します。これらの肋骨周辺の筋肉が収縮することで肋間神経が圧迫され、痛みが走ると考えられています。

からだの歪み

肋間神経痛は体が歪んでいると発症しやすいと言われています。猫背の姿勢や、そり腰など不自然な体勢をしていると肋骨が歪み、神経が圧迫されて痛みが走ります。日常的に正しい姿勢をとることを心がけましょう。

骨折や打撲

骨折や打撲などの物理的に強い衝撃が原因となり、肋骨周辺の神経が圧迫されて痛みが走る場合があります。また、骨粗鬆症で骨がもろくなっている方は、咳などの弱い力でも肋骨を骨折することがあり、これが原因で肋間神経痛を発症するケースもあります。

ヘルペスウイルスの感染

帯状疱疹の原因菌であるヘルペスウイルスは神経に沿って広がりやすく、病気の症状の1つとして肋間神経痛を発症することがあります。

肋間神経痛の対処法

ストレスを減らす

肋間神経痛の原因がストレスなどの心因性の場合、日常生活においていかにストレスを軽減させるかが重要となります。睡眠を十分にとり、疲労を残さないようにしましょう。ストレスの原因となる物事からはなるべく離れ、自分なりに気持ちを発散できる方法を見つけましょう。自力ではどうにもならない場合は、病院で薬をもらったり心理カウンセラーに相談することも1つの方法です。

体を温める

肋間神経痛は体が冷えると、痛みをより感じやすくなります。お風呂に長く浸る、肌の露出を避ける、生姜などの体温を上げる食べ物を摂取するなどして、体を温かく保つと痛みが軽減されるでしょう。

固定ベルトを装着する

骨折や打撲などの怪我が原因の場合、体を安静にしておくことが一番の対処法となります。痛みが強い場合は、病院で胸部を固定するベルトを装着する場合もあります。

薬の使用

肋間神経痛の治療にはロキソプロフェンナトリウム水和物、イブプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬や、アセトアミノフェンなどの非ピリン系解熱・鎮痛剤が使用されます。これらの薬には痛みの原因物質を抑える効果があります。また、肋間神経の機能を修復するビタミンB群を主成分とするお薬も効果的です。

また、心因性の肋間神経痛の場合は、抗不安薬や精神安定剤が痛みの軽減に有効なケースもあります。

痛み止めの薬は胃腸が荒れたりすることがありますので、副作用が出るようなら病院を受診して湿布や胃薬などを処方してもらいましょう。

肋間神経痛に使われるお薬の総合情報

薬剤師に相談する

疑問に思ったことは薬剤師に相談してみましょう。