はじめに~パテックス機能性サポーター~

最近、山登りやウォーキング、ジョギングなどアクティブな趣味を持つ人が増えたと思いませんか?
健康志向が高くなったことに加えて、長年の不景気や震災の影響もあるようです。
東京オリンピックも決まり、今後年齢を問わずスポーツを楽しむ人が増加していくのではないかと言われています。


 

パテックス機能性サポーターの特徴とは?

“装着部位の安定”と“装着時の快適性”の両立を追求し第一三共製薬とインナーウェアメーカーの株式会社ワコールが共同で企画・開発したサポーターです。スポーツだけでなく、日常生活における膝や腰の痛みにもお使いいただけます。
 

パテックス機能性サポーターの特徴

従来のサポーターはゴムやシリコン等をすべり止めとして使っていましたが、長時間使用しているとかぶれることも多くそれで使用をやめてしまう人もいました。そこでパテックス機能性サポーターにはナノフロントと言う超微細繊維の糸を埋め込むことでズレを軽減。
肌に接する表面積が従来の数十倍にも達し、高い吸水性を持っているためズレ難くく、かぶれにくい設計になっています。


☆膝用サポーターの特徴☆
ナノフロントと合わせて、太ももまでカバーしたロングタイプにしたことがズレを軽減しています。
よく「膝が笑う」と言いますが、それは太ももの筋肉(大腿四頭筋)が筋肉疲労を起こすためで、ひざの痛みにもつながります。
しっかり大腿四頭筋までサポートすることで膝関節を安定させて衝撃を緩和します。
 

パテックス 機能性サポーター ひざ用M (男女共用) 黒

☆ひざ用 ハイグレードモデル☆
運動する際によりサポート力のあるハイグレードモデル。薄いストレッチ素材で動きやすくクロステーピング処方を施して頻繁な体の動きにも対応します。

パテックス 機能性サポーター ハイグレードモデル ひざ用 黒 (男性用 Lサイズ)

☆腰用サポーターの特徴☆

体の動きに合わせてパーツごとに伸びる方向が違う生地を縫い合わせた立体3D構造。
背骨に沿って腰全面をサポートする4つの樹脂ボーン。内側は柔らかく外側がしっかりした素材にすることで背筋と腹筋のバランスをサポートし腰を安定。動きやすくなります。

パテックス 機能性サポーター 腰用L (男性用) 黒

失敗しないサポーター選び

自分にピッタリのサポーターを選ぶ。

あたりまえでいて最重要です。
サポーターは筋肉や関節の動きを補助したり、衝撃を吸収するために使われます。
サイズがあっていないと効果が出ないだけならまだしも、不自然な体勢を強いられて逆に筋肉や関節を痛めてしまう場合があります。
出来れば専門のスタッフがいるような販売店で試着したりよく相談してから購入するようにしましょう。
 

サポーターをつけたまま寝ていいの?

サポーターの種類にもよります。締めつけ感の強いものだと血液やリンパの流れが悪くなり、冷えやむくみを招いてしまうおそれがあります。
血流が悪くなると膝の痛みを悪化させて逆効果になりかねないので、
「寝てるときもサポーターをつけないと不安」という方は締めつけの少ない温感タイプをつけるようにしましょう。
整形外科医や販売店のスタッフに相談してみるといいですね。
 

おわりに

サポーターをつけても軽減されない、痛みが持続するなどの場合は悪化する前に医療機関(整形外科)の診療を受けてくださいね。
健康維持にもストレス発散にも運動は大切です。無理のないように楽しんでください!
 

image by PhotoAc