痛風発作の痛みに市販薬は使える?

風に吹かれただけでも痛い!というほ症状で有名な「痛風」。

痛風は体内に溜まった尿酸が結晶化することで、身体のさまざまな関節に激しい痛みがともなう病気です。

痛風の初期発作は尿酸値が高くなります。関節がピリピリするなどの前兆症状が出る場合もありますが、何の前触れもなく突然激しい痛みに襲われることもあります。

病院から処方された痛み止めがあればいいのですが、初めての痛風発作の場合は医師から処方された薬は手元にありません。

歩くのさえつらいほどの痛みが出てしまった場合、市販薬の痛み止めを服用しても良いのでしょうか。

バファリンやケロリンなどのアスピリン成分は症状を悪化させる

痛み止めの市販薬といってもその種類や主成分はさまざまです。

その中の1つにアスピリン(アセチルサリチル酸)を主成分とする痛み止めがあります。

アスピリンは少量投与で尿酸値を軽度に上昇させ,大量投与で尿酸値を低下させます。鎮痛効果があるアスピリンの量は尿酸値を低下させるので、痛風発作中に飲むと症状の増悪をきたすためアスピリンは避けるべきです。

痛風の応急処置として市販の痛みどめを服用する際は、アスピリンが配合されている痛み止めは絶対に選んではいけません。

ロキソニンやイブA錠などイブプロフェン主成分はOK

痛風の初期発作の応急処置として有効な薬は「イブプロフェン」や「ロキソプロフェンナトリウム」を主成分とする痛み止めです。

代表的なお薬はロキソニンやイブA錠です。

イブプロフェンやロキソプロフェンナトリウムは尿酸値への影響がほとんどないため、症状を悪化させる心配がありません。

さらにイブプロフェンは、もともt病院で処方されていた薬なので、痛みどめの効果という部分でも優れた薬です。

痛風の初期発作をしのぐために市販薬を服用する場合は、主成分はイブプロフェンやロキソプロフェンナトリウムのものを選びましょう。

さいごに

市販の痛みどめを服用して症状が緩和されたら、必ず医師の診断を受けましょう。

痛みどめは痛風発作の痛みを和らげるだけのもので、痛風自体が治ったわけではありません。

痛風の初期発作は、2~3日で痛みがおさまりますが、治療をしないと半年から1年後に再び発作が起こります。
さらに症状を放置していると発作の間隔がどんどん短くなっていき、慢性的な痛みに発展して完治が難しくなります。

早期治療がとても重要となるため、発作が起こったらすぐに専門の医師のもとで治療を受けるようにしてください。