食事で筋肉痛は治せる?筋肉の回復を促進する食べ物一覧

食べ物で筋肉痛を早く治すことができるか解説します。また、筋肉の修復をうながす栄養素を効果的に摂取するポイントも説明します。

筋肉痛を治す食べ物はある?

筋肉痛の原因にはさまざまな見解があり、現時点で最も有力なのは筋肉の線維の損傷によるものという説です。

そのため、筋肉の回復を補う栄養素を含む食事を摂取すれば、筋肉痛を早く治すのに役立ちます。

食事以外での筋肉痛の治し方や詳しい原因などについては関連記事をごらんください。

筋肉を修復する食べ物

たんぱく質を含んだ食べ物がおすすめ

たんぱく質には傷ついた筋肉を修復する働きがあるため、積極的に摂取しましょう。

たんぱく質を含む食べ物には、次のようなものがあります。

■牛・豚・鶏・ハムなどの肉類
■魚・貝・エビなどの魚介類
■卵
■大豆や納豆・豆腐などの大豆製品
■牛乳やヨーグルト・チーズなどの乳製品 など

たんぱく質を効率よく摂取するには

筋肉を修復させるためには、たんぱく質と同時に炭水化物を摂取することでさらに効果が期待できます。

炭水化物は、体を動かす際のエネルギー源となりますが、筋肉を修復する際にもエネルギーが必要になるため炭水化物を摂取する必要があるのです。

また、トレーニング後30分〜1時間以内にたんぱく質と炭水化物を摂取することが理想です。

筋膜を再生する食べ物

ビタミンCを含んだ食べ物がおすすめ

筋肉は、糸のような筋線維が集まり、それが束になって働きます。束になった筋線維を覆っている膜が「筋膜」です。

筋肉が傷ついた際に筋膜も傷ついているおそれがあるため、筋膜を修復する栄養素も摂取しましょう。

筋膜はたんぱく質の一種であるコラーゲンからできています。

筋膜を修復するには、コラーゲンと一緒にとると吸収が高まる「ビタミンC」を摂取しましょう。

ビタミンCを含む食べ物には、次のようなものがあります。

■果物(特にオレンジやレモンなどの柑橘類)
■多くの野菜(特にケールやパセリ)

ビタミンCを効率よく摂取するには

ビタミンCは水溶性のため、茹でると茹で汁に流れてしまいます。

よく洗いサラダなどにして生野菜のまま食べると、効率的にビタミンCを摂取することができます。

血行を促進する食べ物

ビタミンEを含んだ食べ物がおすすめ

血行を促進することで筋肉の痛みが緩和されることがあります。

血行を促進するには、「ビタミンE」を摂取しましょう。

ビタミンEを含む食べ物には、次のようなものがあります。

■ひまわり油・大豆油などの植物油
■アーモンドなどのナッツ類
■ひまわりの種やかぼちゃの種などの種子類 など

おわりに

筋肉痛を改善するために食事の栄養バランス気にかけることは、筋肉痛だけではなく体調の改善にもつながります。

健康な体を保ちつつ、筋肉を育てていきましょう。

筋肉痛について解説!筋肉痛の症状・原因・治し方をわかりやすく解説

筋肉の痛みのお役立ち情報

ピックアップ特集