肩の痛みの原因や薬など悩みをセルフチェック

2018年11月18日

肩の痛みの原因・対処・お薬・疑われる病気を解説します。分からないことがあれば薬剤師に相談することができます。

生活の中で考えられる原因

血行不良

血行不良は姿勢が悪いことや、運動不足、体の冷えが原因で起こります。血行不良を起こすと、血液によって運ばれる酸素や栄養分が末端まで届かなくなるため疲労物質が蓄積し、肩のこりや痛みを引き起こします。

眼精疲労

眼精疲労の症状のひとつに、肩の痛みがあります。

パソコンやスマートフォンの操作などによって目を酷使したり、コンタクトやメガネの度が合っていないことが原因で眼精疲労は起こります。

加齢

加齢により骨・軟骨・靱帯や腱などが固くなったり縮んだりすると、肩の関節の周りの組織に炎症が起こり、肩の痛みを引き起こします。

スポーツによる肩の酷使

野球などスポーツで関節を酷使することも肩の痛みの原因となります。

肩の痛みの対処法

炎症が起きているときは冷やす

急な痛みや激しい痛みがあるときは、肩を冷やして炎症をおさえましょう。

慢性的な痛みは温める

慢性的な痛みがあるときは、血行を良くするために肩を温めましょう。

無理のない範囲で肩を動かす

肩の関節の筋肉が固まらないようにするため、痛みが強くならない程度に肩を動かすようにしましょう。

病院を受診する

痛みが続きしびれが出る場合には、病院を受診しましょう。

薬の使用

痛みが強い場合には、痛み止めの成分が配合された湿布・ローション・ゲル剤・飲み薬を使用します。

インドメタシン、フェルビナク、ロキソプロフェン、ジクロフェナクなどの成分は、非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)という種類に属し、炎症をおさえたり痛みを軽減する作用があります。

また、筋肉をリラックスさせる作用のある筋弛緩薬を使用する場合もあります。

漢方薬では、二朮湯(ニジュツトウ)という体力が中程度の人で、肩や上腕の痛みのある場合に用いられる薬があります。

肩の痛みに関する疑われる病気

※こちらでは代表的な症状のみ記載しており、症状に関する個別の診断を行うものではありません。気になる症状のある方や、体調の変化を感じた場合は医療機関にご相談ください。

肩の痛みに使われるお薬の総合情報

肩の痛みに関するお役立ち情報

薬剤師に相談する

疑問に思ったことは薬剤師に相談してみましょう。