四十肩・五十肩とは|症状・原因・治し方について

四十肩・五十肩の症状・原因について解説します。急性期・慢性期の痛み・しびれなど症状の特徴や治し方についても説明します。

四十肩・五十肩とは

四十肩・五十肩という名前は、一般的にわかりやすく表現したものであり、正式名称は「肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)」といいます。

服を着たり脱いだりするとき、腕を上げたとき、寝返りをうったときなどに、突然、肩にズキンという激痛がはしることが多いのが特徴です。

しびれるような痛みが指先まで伝わることや、夜眠れないほど強い痛みが生じる「夜間痛」が起こることもよくあります。

四十肩・五十肩の痛みが起こる前には、肩の違和感や肩こりなどの兆候が続いている方も多くいるため、肩こりや肩に小さな痛みがある場合は要注意です。

肩の痛みが起こる年齢により40代なら四十肩、50代なら五十肩と呼び分けられることもありますが、四十肩・五十肩は同じ肩関節周囲炎のことをさします。

名前の通り40代〜50代に多く、特に50歳前後に多くなります。しかし30代や60代、70代でも痛みが起こる方がいます。

症状|急性期と慢性期の痛み

四十肩・五十肩には突然の激痛が起こる「急性期」と、さらに症状が進み肩の動かせる範囲が狭くなる「慢性期」に分かれます。

急性期

痛みが出てすぐの「急性期」は特に鋭い痛みが特徴です。また痛くて夜眠れないといった「夜間痛」や腕や指先までのしびれも特徴です。

一般的に急性期の鋭い痛みは数日〜数週間でおさまります。

慢性期

急性期の鋭い痛みは徐々に「慢性期」の鈍い痛みへと変化していきます。

また、慢性期に入ると肩がこわばり腕を動かせる範囲がだんだん狭くなっていくことがあります。特に腕を上げたり、腕を後ろに回す動きが困難になります。

慢性期には、肩を動かす「運動療法」や肩を温める「温熱療法」などが有効となります。

原因は肩関節の老化?

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)の主な原因は肩関節が老化することではないかと考えられています。

肩の関節の骨・軟骨・靱帯・腱などが老化することで、肩の関節の周囲に炎症がおこり、腫れや痛みが発生すると考えられています。

また、老化による血液循環の悪化が関係しているという説もあります。

しかし正確な原因は不明であり、ほかにもいろいろな説が存在します。

似ている病気に注意

肩に石灰が溜まることで痛みを起こす、石灰沈着性腱板炎(せっかいちんちゃくせいけんばんえん)または石灰性腱炎(せっかいせいけんえん)があります。

症状がよく似ていて、夜間に突然の痛みが起こる点や、肩の運動を妨げられる点、40~50歳代に起こりやすい点など、一般的な四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)と間違えられることが多い病気です。

さらに病的な毛細血管(通称:もやもや血管)が肩周辺に新たに形成されると痛みが出るとの報告もあります。

ほかにも原因が違う肩の病気は多く存在します。

まとめて四十肩・五十肩として扱われることもありますが、それぞれ治療法・対処は異なるため、正確に診断することが大切です。

正確に診断するためには「病院」「クリニック(医院)」への受診が必要となります。

四十肩・五十肩の治し方

四十肩・五十肩はまず病院へ

四十肩・五十肩は自然に治ることもありますが、放置してしまうと症状が長引いたり、悪化して日常生活に支障がでることもあります。場合によっては関節が動かなくなることもあります。

また肩が痛くなる病気はいろいろなものが存在し、それぞれ治療法・対処は異なるため、正確に診断することが大切です。

四十肩・五十肩が疑われる肩の強い痛みを感じた場合は、まずは医療機関を受診してください。

病院では「運動療法」を中心として、そのほか「温熱療法」や「薬の使用」、痛みを緩和するための「注射」などを行います。

それでも治らない場合は「手術」を行うこともあります。

四十肩・五十肩のときにどの診療科を受診したら良いか、また病院での治療法については関連記事をごらんください。

急性期は安静にする

痛みが強い「急性期」には、肩を無理に動かさず安静にしてすごしましょう。

急性期は肩に炎症を起こしているため、無理に動かすのは逆効果です。急性期は重い荷物を持ったり、スポーツをするのは避け、安静にしてすごしましょう。

痛みが出てすぐのときはタオルで包んだアイスバッグなどを肩にあてて冷やすのも有効です。冷やし過ぎには注意しましょう。

また三角巾やアームスリングなどで腕を固定するのもおすすめです。

冷やす・温める

痛みが強い「急性期」には冷やすことが効果的です。市販の痛み止めの湿布薬なら冷感湿布がおすすめです。

一般的に急性期の鋭い痛みは数日〜数週間でおさまり、鈍い痛みへと変わり「慢性期」となります。

慢性期には逆に温めることで血行を良くした方が効果的です。

ホットタオルや市販の温湿布などを肩に使用すると良いでしょう。

冷やすか温めるかの目安は、お風呂で温めたとき痛みがやわらぐ気がする、または気持ち良い場合は温める方向への切り替え時です。

家でできるストレッチ

慢性期になり痛みがやわらいできたら肩を動かすようにして、肩が動かないようになるのを防ぎましょう。

慢性期には痛いからとあまり肩を動かさないでいると、さらに動かしづらくなり、回復までに時間がかかってしまいます。

基本は医師の指導のもと運動療法・ストレッチを行い、家でも無理がない範囲で行うことが理想的です。

四十肩・五十肩の運動療法・ストレッチは病院や症状・病態によって違うため、担当の医師と相談しながら行うようにしてください。

体操やストレッチについて詳しい情報は、関連記事をごらんください。

市販薬やサポーターを活用する

四十肩・五十肩のときは、医師の指導のもと治療されることをおすすめします。

すぐに病院を受診できない場合は、痛みを少しでも緩和するために市販薬を活用するのもひとつの手です。

また医師に相談して治療を行いながらビタミン剤や漢方薬などを使用することもできます。

慢性期には肩を温かく保ってくれるサポーターを活用するのも良いでしょう。

市販薬について詳しい情報は、関連記事をごらんください。

おわりに

四十肩・五十肩の痛みは自然に治ることがほとんどですが、そのままにしてしまうと痛みで日常生活にも影響が出る場合もあります。

また痛みを我慢し続けると肩を動かせる範囲もどんどん狭くなってしまうため、我慢せず早めに対処を行うことが大切です。

四十肩・五十肩はあまく見ず、医療機関を受診することをおすすめします。

四十肩・五十肩のお役立ち情報

dメニュー