花粉症の症状といえば、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみや充血ですが、その他にも咳や頭痛などの症状を起こす人もいます。

中でも、頭痛の症状が出た場合、注意が必要です。花粉症と一緒に他の病気が起きている可能性もあるからです。花粉症の症状と共に、頭痛が起きたら、できるだけ早めの対策をするのをおすすめします。

 

頭痛は悪化のサイン!?

花粉症で頭痛が起きる場合、風邪や気管支ぜんそくが起きている可能性があります。気管支ぜんそくはまれですが、合併することはあり得るといわれています。

気管支ぜんそくの場合、鼻や耳の粘膜が炎症するので、鼻や耳に痛みを感じるケースもあります。そして、その痛みが広がることで頭痛が起きるのです。

特に、咳と共に頭痛の症状が長く続く場合には、喉頭アレルギーの可能性もあるので、よく注意しましょう。
 

風邪との見分け方

また、花粉症が風邪と合併しているケースも考えられます。ぜひ風邪と花粉症の症状の見分け方を知っておきましょう。

くしゃみや鼻水、鼻づまりなど花粉症と風邪の症状は似ているところがあります。しかし、一方で異なるところもいくつかあります。例えば、鼻水は、花粉症の場合多くて水っぽいのが特徴ですが、風邪の場合にはねばねばしていて濃いのが特徴です。

また、風邪の場合発熱や全身倦怠感、喉の痛みが特徴的で、1週間から2週間ほどでおさまります。花粉症の場合、開花期はずっと症状が出るので、見分けるには分かりやすいでしょう。
 

合併症には気を付けて!

花粉症の症状から起きる合併症としては、先ほども紹介した気管支ぜんそくの他、副鼻腔炎も有名です。

治療を続けていても花粉症の症状がおさまらない人は、副鼻腔炎との合併症になっている可能性があるといわれています。

副鼻腔炎とは、副鼻腔と呼ばれる顔の骨にある空洞部分に、鼻水や膿などがたまって炎症を起こした状態です。

一般的に、花粉症の鼻水は透き通っていてサラサラタイプといわれていますが、副鼻腔炎を合併している場合、鼻水が濁っていることがあります。また、咳が出る、頭痛がするなどの場合も、副鼻腔炎の可能性があるので、ぜひチェックしてみてください。

花粉症の症状がある中で、頭痛が起きたら、決して放っておかず、風邪や合併症の可能性を考えましょう。万が一重大な病気になっていることを考えて、早めに医師に診てもらうのをおすすめします。早め早めの対策で、悪化するのを極力避けましょう!
 

(image by PhotoAC