今年もいよいよスギ花粉の飛散シーズンがやってきました。
すでに敏感な人は花粉症の症状が出ているのではないでしょうか?

これから来る飛散シーズンに、不安がいっぱいのことでしょう。そこで、しっかりと対策を立てておくためにも、今年の飛散ピークの時期や、飛散量の目安を先に知っておきましょう。

 

花粉シーズンは毎年2月上旬に到来

スギ花粉が飛散する時期は、例年2月上旬から3月くらいにかけてです。まず2月上旬に九州~四国ときて、東海地方へとスギ花粉が飛散スタート。一般的に、1月下旬から3月にかけての時期の気温が高い場合、スギ花粉の飛散開始時期は早まります。

予想としては、今年の気温は平年並みか、高いので、西日本と東日本でのスギ花粉の飛散開始は、例年より早くなるといわれています。
2月上旬から中旬にかけて東日本でも飛散がスタートし、3月上旬には北日本に広がっていく見通しです。

2015年春のスギ花粉飛散開始予測 2015年1月14日 日本気象協会より
 

2015春のスギ花粉のピークは3月に来る!

では、今年の西日本~東日本~北日本のスギ花粉のピークはいつになるのでしょうか?
今年は全国的に少し気温が高いそうですが、スギ花粉のピーク時期が早くなるほどではない見込みです。例年並みのピーク時期と考えておきましょう。

2015年の各地のスギ花粉のピーク時期は次のような予測が立てられています。

地域 スギ花粉の飛散ピーク時期
福岡 2月下旬〜3月上旬
東京・大阪・名古屋 3月上旬〜3月中旬
高松・広島 3月上旬〜3月中旬
金沢・仙台 3月中旬〜3月下旬

 

東日本の飛散量は「例年並み」か「やや多い」

飛散時期についてはほぼ例年並みという今年ですが、実は花粉の飛散量については例年よりやや増える見込みです。

花粉の飛散数については、前年夏の気象条件が深く関わっているといわれています。翌春の花粉の飛散量が増える条件としては、夏に「気温が高い、日照時間が長い、雨が少ない」ことです。このような気象条件の下では、花芽が多く形成されるからです。

関東地方の2014年夏の気象は、気温が高かったため、例年比でいえば90%と例年並みですが、前年と比べると230%と非常に多いという予測が立てられています。

去年と比べて、2倍近く飛散することが予想されているスギ花粉。ぜひ早めの対策を取って、3月中のピークに備えるようにしたいものですね。

毎年悩まされるスギ花粉。ピークや飛散量などは年によって変動します。ぜひ確認する習慣をつけて効率的に対策を行いましょう!
 

(image by PhotoAC)