秋の花粉症の原因となる花粉の種類は?9月・10月・11月の花粉症

秋でも花粉症にかかる可能性があることをご存知でしょうか?秋の花粉症の原因となる花粉の種類と、症状、対策について解説します。

花粉症といえば春のイメージが強いですが、花粉症になるのは貼るだけではありません。植物の花粉は一年を通してさまざまな種類が飛んでいるため、一年中花粉症の症状がでる可能性があります。

とくに秋は春の次に花粉の飛散量が多く、花粉症の症状がでやすい季節です。

風邪と勘違いし、対処を誤ってしまうと症状が悪化してしまう可能性もあるため、秋の花粉症についてしっかりと理解をしておきましょう。

秋の花粉症の原因となる植物

秋はイネ科や雑草類の花粉が飛散する時期で、秋の花粉症の原因となる主な花粉は3種類です。

・ブタクサ
・ヨモギ
・カムナグラ

春のスギやヒノキのような樹木とは違い、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラは背の低い雑草のため、花粉の飛散距離は数10m程度です。花粉が風にのって広範囲に広がることはなく、原因となる植物に近寄らないことで花粉を吸い込むことを防げます。

ただし、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラは、身近にどこにでも生息している植物のため注意が必要です。

  ピーク時期 秋の飛散地域
ブタクサ 8月〜9月 北海道以外の日本各地
ヨモギ 9月 日本各地
カナムグラ 9月〜10月 北海道以外の日本各地

ブタクサ花粉症は咳の症状に要注意

秋の花粉症の中でも、代表格といえばブタクサ花粉症です。

花粉症の主な症状は、くしゃみや鼻水といった鼻の症状と目の症状ですが、ブタクサ花粉症にはそれに加えて喉の症状が強く出ることがあります。

ブタクサの花粉はスギ花粉と比べて粒子が非常に細かいため、花粉が気道に入り込みやすいため、咳などの喉症状が強く出る傾向があります。

風邪と間違えて症状を放置しないで

秋は季節の変わり目で気温の変化も大きく、体調を崩しやすい季節です。風邪にかかることも多く、花粉症との見分けが難しいですが、対処を誤ると症状が悪化してしまう可能性があります。

特にブタクサ花粉症は花粉が気管に入り込みやすく、気道が花粉のアレルギーで腫れてしまう場合があります。気道が一度腫れてしまうと、元に戻るまでに時間がかかることが多く、さらに症状を放置すると咳喘息に悪化し、治療が長期にわたってしまいます。

咳の症状が長引いたり、天気によって症状が変化したり、熱がともなわない場合は、花粉症を疑いましょう。

秋の花粉症対策は?

秋の花粉症は春の時期と同様に、花粉から身を守るセルフケアが重要です。花粉症シーズンに日常生活で注意するポイントを解説します。

秋花粉の植物に近づかない

秋の花粉症の原因となる植物は、背丈が低いため花粉は数10mの範囲でしか広がりません。

そのため原因となる植物が生えている場所に近づかなければ花粉を取り込むこともなく、症状をおさえることが可能です。

特に公園や土手、芝生を通る時は、特に注意しましょう。

マスク・帽子を着用

花粉の飛散距離は短いですが、原因となる植物はいたる所に生えているので気づかないうちに花粉を吸い込んでいる可能性があります。外出する際にはマスクや帽子の着用を心がけましょう。

花粉が付着しやすい衣類は避ける

外出時は、ウールなどの花粉が付着しやすい衣類は避け、綿、ポリエステルなど、花粉が付着しにくい衣類を着ましょう。

帰宅後は外で花粉を落としてから入室する

花粉は服に付着しやすくなっています。花粉は小さく目に見えないため、帰宅した時は家に入る前に、上着を払ったり、ブラッシングをして花粉をふるい落とすようにしましょう。

帰宅後は手洗い・うがい・洗顔

花粉は目に見えなくても手、顔、鼻、目などに付着しているため、帰宅後はすぐシャワーを浴びることが望ましいです。シャワーが難しいときは手洗い・うがい・洗顔をし、鼻もかむようにしましょう。

戸締りと換気

花粉が部屋の中に入らないよう、しっかりと戸締りをしましょう。部屋の換気をする場合は、花粉の飛散量の多い時間帯(11~14時頃)は避け、網戸やレースのカーテンをしたまま窓を約10cm位開け、迅速に行いましょう。

空気清浄機の使用も有効です。

こまめな掃除

花粉はホコリなどと一緒に室内の床などにたまりやすいため、特にシーズン中は毎日掃除をするようにしましょう。掃除機は花粉が舞い散ることがあるため、なるべく拭き掃除にし、室内に花粉やハウスダストを残さないようにしましょう。

花粉症以外に注意したいアレルギー

秋の花粉症は風邪と間違えやすいですが、他にも以下のような病気である可能性も考えられます。

ハウスダストアレルギー

ハウスダストとは室内にたまるチリやホコリのことで、ダニやカビ、ホコリ・ペットの毛などがあります。秋は夏に繁殖したダニの死骸やフンがたまりやすいため、花粉症の人はハウスダストによるアレルギーも出やすくなります。

昆虫アレルギー

秋は意外と知られていない昆虫アレルギーがあり、蛾やゴキブリなどの昆虫アレルゲンが最も多くなる季節です。

夏に大量発生した死骸が粉状になったものを吸いこむことで、ぜんそくやアレルギー性鼻炎が引き起こされることがあります。昆虫アレルギーは一般にはあまり知られていませんが、重要なアレルゲンの1つです。

花粉症の薬を有効活用

秋の花粉症でも花粉症の薬は効果を発揮します。アレルギー症状を抑える抗ヒスタミン薬は市販薬でも販売されています。病院へ行く時間が無い方は、薬局にいる薬剤師に相談して薬を購入してください。

花粉症に関するお役立ち情報

花粉症に関連するQA

ピックアップ特集