花粉症シーズンになると、くしゃみ・鼻づまりといった症状のほかに、肌荒れに悩まされる人も少なくありません。

なぜ花粉症シーズンになると、肌荒れが起こるのでしょうか?また、花粉症の肌荒れにはどんな対策をすればいいのでしょうか?

花粉症の肌荒れに悩む人が持つ疑問を徹底的に解決します!

花粉症で肌荒れが起こる花粉皮膚炎とは?

花粉症で肌荒れが起こる理由は、花粉が肌に付着することによるアレルギー反応にあります。花粉が原因となり起こる肌荒れのころを、「花粉皮膚炎」といいます。

花粉皮膚炎の主な症状は、肌のかゆみ・赤み・カサつきです。顔全体がはれぼったくなったり、粉をふいたようになることもあります。

基本的には軽度な症状が多く、ジクジクしたり膿がでるようなひどい湿疹はあまりありません。

花粉が原因となって起きた肌荒れをそのままにしておくと、普段使用している化粧品で症状の悪化が起こったり、化粧水すらしみてしまうこともあります。

軽度な症状には市販の塗り薬が有効です。ただし症状があまりにひどい時には、早めに皮膚科を受診することをおすすめします。

花粉皮膚炎が起こりやすい場所

皮膚が薄い目の周りは、特に肌荒れを起こしやすい場所です。このほか、肌を露出している顔や首回りもアレルギー反応が出やすくなります。

また、頬骨のあたりや、顔全体とあごから首にかけて肌を露出している部分は花粉が直接付着するのでアレルギー反応が起こりやすくなります。

花粉症の症状がない人も要注意!

鼻水やくしゃみなどの花粉症の症状がない人でも、花粉皮膚炎を起こす可能性があります。

アレルギー体質・アトピーの方などは、花粉症の時期にはかゆみや肌荒れをおこしやすくなります。

花粉症の時期に普段の肌荒れ対策で解決しない場合は、花粉皮膚炎を疑いましょう。

花粉症で肌荒れが起こる時期

花粉が飛散する時期なら、いつでも花粉症による肌荒れが起こるおそれがあります。特にスギ花粉が飛散する時期は注意しましょう。

厚生労働省によると、国内の花粉症患者の約7割はスギ花粉が原因とされています。

スギ花粉のピークは2~4月ごろに迎えます。しかし、地域によっては5月も飛散するので注意が必要です。

また、9月・10月といった秋ごろにもわずかなら飛散がみられる地域があります。

花粉の肌荒れ対策!薬剤師が勧める市販薬4選

肌荒れの症状が軽い場合は、市販薬を活用しましょう。弊社薬剤師が勧める、花粉の肌荒れに効く4つの塗り薬を紹介します。

ヒルドイドと同じ成分を配合!HPローション

保湿・抗炎症作用のある処方薬「ヒルドイド」と同じ成分が含まれています。

保湿力が高く、乾燥によるかゆみに効果的です。ステロイド・アルコール無配合で、子供にも安心して使えます。

ローションタイプで広範囲の肌にも塗りやすいことも特徴のひとつです。ただし、目の周りには使えないので注意してください。

敏感肌にもおすすめ!新レスタミンコーワ軟膏

新レスタミンコーワ軟膏

かゆみによく効く成分・ジフェンヒドラミン塩酸塩が、市販薬で配合可能な上限量入っています。そのため、すぐれた効果が期待できます。

低刺激なので敏感肌の人にも勧められる市販薬です。

やわらかく伸びやすい軟膏で、広範囲にも塗り広げやすく、使用感が良いことも特徴です。

白色ワセリン使用で子どもにも使える!プロペトホーム

子供から高齢者まで、幅広い年代が安全に使える保湿剤です。医療用の薬と同じ白色ワセリンが含まれています。

花粉が皮膚につかないように皮膚を保護するため、花粉症の予防効果が期待できます。

ほかの市販薬と異なり、目の周りやまぶたにも使用できることが最大の特徴です。ただし、目に直接入らないように注意してください。

かぶれた肌にも効果を発揮!オイラックスA

オイラックスA 10G(指定第2類医薬品)

かゆみ止めやかぶれに効果を発揮する成分が含まれています。ステロイドの中でも穏やかな効き目の成分が含まれており、皮膚の炎症を鎮め皮膚組織の修復を助けます。

かきむしって化膿してしまった患部などは、素早くしっかり治すことで症状の悪循環を防ぎます。

薬にプラス!花粉シーズンの肌荒れ対策5選

薬を使った治療と並行して行うと良い、花粉症の肌荒れ対策を紹介します。

マスクやメガネで肌を防御する

花粉の飛散が多い日は、メガネやマスクを着用して肌を花粉から守りましょう。また、肌の露出が少ない服を選ぶことも効果的です。

帰宅時は玄関で花粉を落とす

外出時に衣服やカバンなどに付着した花粉を、家の中に持ち込まないようにしましょう。

帰宅時は、玄関で花粉除去ブラシなどを使って花粉を落としてください。花粉が舞い上がらないよう、ブラシは上から下に動かしましょう。

洗顔で花粉を落とす

玄関で花粉を落とした後は、洗顔で肌についた花粉を落としましょう。ただし、濃い目のメイクも落ちるようなクレンジングを使用してゴシゴシ洗うことは厳禁です。

肌への負担が少ないミルクタイプなどの洗顔料を使用し、ぬるま湯で洗ってください。

保湿でスキンケアをする

洗顔の後は、保湿ケアをしっかり行いましょう。保湿ケアには肌をバリアする働きが期待できます。

花粉症シーズンのピークを迎える冬~春にかけての時期は、気候の激しい変化によって肌が特に敏感になっています。

いつもの化粧品や洗顔料では刺激が強かったり、肌がつっぱるという人は、敏感肌用のものに変えましょう。

花粉症グッズを活用する

花粉症グッズの中には、肌をバリアするスプレータイプのものがあります。肌荒れを予防するためには、こうしたグッズも活用しましょう。

資生堂薬品 イハダアレルスクリーン イオンの透明マスク 花粉・PM2.5をブロック 50g

イハダ(IHADA)の花粉吸着防止スプレーは、メイクの上からでも使用できます。

ミクロの霧が肌を包み、マスクの役割を果たします。約4時間おきに使用することで、効果を持続させることが可能です。

予防のために飲み薬を活用するのも効果的

花粉症による肌荒れもアレルギー反応の一種です。そのため、アレルギー症状を起こりにくくする花粉症の飲み薬を飲むことは、肌荒れの予防につながります。

花粉症シーズンになると、毎年、肌荒れや鼻・目の症状が出るという人は、飲み薬の活用を検討してみましょう。肌荒れ予防だけでなく、その他の症状の緩和にも役立ちます。

それでも肌荒れが起こってしまった場合は、肌に直接使う塗り薬を活用してください。

花粉症による肌荒れのつらさを少しでも減らすため、できる対策を積極的に行いましょう。