花粉症は完治できる?

花粉症の治療には、鼻水や鼻づまりなどの症状を和らげる対症療法と、根本的なアレルギー反応の治療を行う根治療法があります。

根治療法の代表的な治療は、アレルゲン免疫療法(減感作療法ともいわれる)です。

アレルゲン免疫療法では、3〜5年の長期間にわたり継続した治療を行い、最終的には花粉症による症状がでなくなることを目指します。完治とまではいかなくても、長期的に症状がおさまり安定した状態にすることが可能です。

アレルゲン免疫療法には、注射をする「皮下免疫療法」と舌の下に薬を投与する「舌下免疫療法」があります。

舌下免疫療法とは

舌下免疫療法はアレルゲン免疫療法の中のひとつです。2014年10月に一般的な治療方法として認可された、比較的新しい治療方法です。

アレルゲン免疫療法は、アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)を少しずつ体内に投与し、体にアレルゲンを慣れさせてアレルギー反応を和らげます。

花粉症の舌下免疫療法では、「シダトレンスギ花粉舌下液」という薬を用いてアレルゲンであるスギ花粉のエキスを投与します。

1日1回、シダトレンを舌の下に垂らし2分間維持し、その後飲み込んで体内に取り入れます。

使用後は5分間はうがいや飲食を控えます。また、使用の前後2時間程度は入浴・飲食・激しい運動などを控えます。

徐々に薬の量を増やしていき、毎日投与を続けて長期間かけてアレルゲンに体を慣らしてきます。

通院の頻度

舌下免疫療法の治療を開始したばかりの数回は2週間ごとに通院し、副作用が出ていないかなどを確認します。その後は月に1回の通院が必要です。

シダトレンでの舌下免疫療法の治療開始時期や治療期間、受けられる病院など、詳しくは関連記事をごらんください。

舌下免疫療法の効果

厚生労働省の研究結果によると、舌下免疫療法を含むアレルゲン免疫療法を行ったスギ花粉症の患者の約80%に、花粉症の症状が軽かったり症状が出なかったという高い効果が確認されました。

花粉症の飲み薬や目薬などは一時的に症状をおさえるものですが、舌下免疫療法では根本的な体質改善が期待できます。

スギ花粉以外にも効果はある?

2017年現在、舌下免疫療法は花粉症ではスギ花粉のみに対応しています。

花粉症はスギのほかにもヒノキやブタクサなどが原因となる場合がありますが、複数のアレルギーがあったとしても舌下免疫療法が効果を発揮するのはスギ花粉症のみです。

舌下免疫療法の副作用

副作用として、口の中の腫れやかゆみ、口内炎が最も多くみられます。

副作用は薬を使用後数時間で自然に回復することが多いですが、長時間症状が続く場合は医師に相談しましょう。

初めて舌下免疫療法をするときは医療機関で行い、投与してから30分間は医師のいるところで待機して副作用が出た場合に対応できるように配慮されてます。

重篤な副作用が起きた場合は病院へ

注射での皮下免疫療法に比べて副作用は少ない傾向がありますが、まれにアナフィラキシーなどの重篤な副作用が起きるおそれがあります。

アナフィラキシーの初期症状は、皮膚のかゆみ・蕁麻疹・発赤・吐き気・嘔吐などです。

これらの症状がみられた場合は、早急に病院を受診しましょう。

舌下免疫療法の費用|保険は適用される?

舌下免疫療法は保険が適用されるため、自己負担3割となります。

花粉症の飛散時期は、舌下免疫療法の費用に加えて、症状を和らげる治療や薬代がかかります。

時期 内容 自己負担目安(3割)
初診時 初診料・アレルギー検査など 約5,000円程度
1か月 診察費・薬代など 約2,000円〜5,000円程度
年に1回程度の検査時 アレルギー検査など 約5,000円

舌下免疫療法は子供も受けられる?

花粉症の舌下免疫療法は、12歳以上から保険が適用されます。

2017年現在、11歳以下の子供については舌下免疫療法の安全性を確認している状態です。しかし、医療機関によっては11歳以下の子供にも舌下免疫療法を行っている場合があります。11歳以下でも舌下免疫療法を検討したい場合は、医師に相談しましょう。

まずはアレルギー検査を受けよう

舌下免疫療法が効果を発揮する大前提は、スギ花粉症であることです。

原因が複数あったり不明である場合、スギ以外のアレルギー症状には効果はありません。まずは、自分の症状の原因であるアレルゲン物質を特定することが治療の第一歩です。

治療は長期にわたるものなので、舌下免疫療法を検討している場合は早めに病院で検査を受けましょう。

そのほかにも、妊娠中の方、転勤などで継続的に通院できない方、気管支喘息を合併している方、高血圧などによりβ遮断薬を服用している方など、舌下免疫療法を受けられない場合もあります。

治療可能かどうかは、舌下免疫療法を行っている医院を受診して相談しましょう。

花粉症のアレルギー検査に関して詳しくは関連記事をごらんください。

おわりに

毎年花粉症のつらい症状に悩んでいる方は、根本的な治療方法である舌下免疫療法を検討してみるのもひとつの方法です。

年単位での治療になるため根気は必要ですが、長期的な目で見ると数年後には花粉症のシーズンを楽に過ごせるようになることが期待できます。

舌下免疫療法を検討している方は、一度医師に相談してみましょう。