花粉症で咳が止まらない?!

花粉症の代表的な症状といえば鼻水や鼻づまりですが、実は、咳やのどの症状も珍しくありません。

花粉症の咳は、花粉がのどに付着することによるアレルギー反応。花粉の刺激で喉のかゆみや咳が引き起こされます。

さらに花粉症で鼻づまりを起こして口呼吸になると、いつも以上に口の中や喉が乾燥しやすい状況になります。口内の乾燥で喉の粘膜に炎症が起き、咳がでやすくなるのです。

この記事では、花粉症の咳に効く市販薬から身近にできる咳予防まで、咳への対処法を詳しくご紹介します。

花粉症と風邪の咳の見分け方

花粉症の咳対策は、まずは花粉が原因かどうか見分けることが大切になります。風邪や別の疾患で咳が起こっている場合は、花粉症の咳とは違う対処法が必要です。

特に初期症状では、風邪と花粉症の咳は見分けづらいものです。

花粉症の症状では喉のかゆみが特徴の一つにあげられます。しかし、喉の症状だけでは花粉が原因だと判断するのが難しいため、その他の症状の特徴を押さえておきましょう。

【花粉症と風邪の違い】

  風邪 花粉症
咳、痛み 咳、かゆみ
鼻水 白~黄色で粘り気のある鼻水 透明でサラサラした鼻水
くしゃみ 出るが頻度は高くない 1日に何度も出る
無し かゆい、ヒリヒリする
微熱〜高熱 平熱〜微熱
その他の症状 腹痛、下痢、吐き気、悪寒など 頭痛がある場合もあり

咳の種類を音でわける!

咳は原因により種類も異なりますが、咳の音が判断基準の一つになります。

「コホン」という乾いた咳が出る場合は、気管支の痙攣や気道の炎症が原因。花粉症で一般的にみられる咳もこの種類で、乾いた咳やカラ咳です。

「ゴホン」という痰が絡んだような咳が出る場合は、喉の奥の方で炎症が起こっているサインです。気管支炎や肺炎の可能性もあるので、長く続く場合は医療機関を受診しましょう。

花粉症の咳に効く!薬剤師おすすめ市販薬は?

花粉症の咳には、花粉によるアレルギー反応を抑える薬が有効になります。

また、アレルギー反応を抑える成分が含まれる咳止めも役立ちますが、咳は喉に付着した異物を排出するための体の防御反応でもあります。むやみに咳を止めないほうがいい場合もあるので、薬を使用する際に不明な点は医師や薬剤師にご相談ください。

市販薬での対処が可能な咳は、あくまで一時的なもののみです。

咳が3週間以上続いたり、花粉の時期が終わっても慢性的に続く場合は、医療機関を受診しましょう。

花粉症の咳に効く咳止め

花粉症の咳には、アレルギー反応を抑える抗ヒスタミン剤が含まれている咳止めが有効です。

新ブロン液エース

咳を鎮めるジヒドロコデインリン酸塩と、気管支筋の緊張をやわらげて呼吸を楽にするグアイフェネシンが配合されています。
メントールが配合されているため、さわやかな服用感が特徴です。

アネトンせき止めZ液

咳を抑える作用を持つコデインリン酸塩水和物のほか、気管支を拡張するdℓ-メチルエフェドリン塩酸塩や喉にからまる痰を溶解するリゾチーム塩酸塩などが配合されています。
レモンティー風味の飲みやすいシロップです。

アレルギー反応を抑える花粉症の薬

アレグラFX 14錠 医療用アレグラと同成分配合 花粉症に (第2類医薬品)

病院で処方される花粉症の薬・アレグラと同じ成分が同量配合されている市販薬。

鼻水・鼻づまり、咳などアレルギー症状全般に効果があります。また、副作用の眠気もでにくくなっています。 

アレジオン20 6錠 医療用とアレジオンと同成分配合 (第2類医薬品) ※セルフメディケーション税制対象

アレグラと同じく、病院で処方される花粉症の薬・アレジオンと同じ成分が同量配合された市販薬。1日1回の服用で効果が持続するのが特長です。 

エバステルAL 6錠(第2類医薬品)

アレジオン20と同じく1回1錠を就寝前に服用で、1日中効果が持続します。症状の軽いうちから予防として服用すると飛散ピーク時の症状の軽減につながります。

要指導医薬品であり、薬局・ドラッグストアのみで購入が可能です。(2017年1月現在)

花粉症の薬の注意ポイント

薬の副作用に注意

薬の成分に抗ヒスタミン剤やコデイン類が含まれている場合、副作用として眠気を伴う場合があります。

仕事で車の運転・機械の操作をされる方や、受験生や試験中など集中力を必要とする場合、薬の服用前に必ず添付文書の注意書きを確認しましょう。

 

他の薬を同時に飲んでいる場合

薬の量を増やしたり同じ成分が含まれている薬を複数飲んだからといって、効果が上がるわけではありません。薬は正しい用法・用量を守って服用して下さい。

また、他に薬を常用している場合、薬の成分によっては相互作用がある場合があります。薬剤師に相談してから服用するようにして下さい。

花粉症の咳対策にはマスクが重要

花粉症の咳を出さないためにも、一番大切なのはのどに花粉を取り込まないこと。身近にできる対策で最も有効なのはマスクです。

マスクをするだけで、体内に取り込む花粉を約6分の1に減らすことができます。

花粉症対策のマスク選びで気をつけたいポイントは2つ。

・自分の顔にあったものを選ぶ
・毎日取り替える

現在販売されているマスクの種類は数え切れないほどあります。値段や性能にも差がありますが、できる限り顔の凹凸にフィットしやすいものを選びましょう。

洗って使えるものもありますが、花粉の付着を防ぐためには使い捨てで使用できるものがおすすめです。

(日本製 PM2.5対応)超立体マスク かぜ・花粉用 ふつうサイズ 50枚入(unicharm)

手軽にできる喉セルフケア

花粉症の予防や症状対策は薬だけではありません。日常生活でできる対策をしっかり意識することで、症状の軽減につながります。

・うがいの習慣をつける
・加湿器の利用
・鼻呼吸の意識
・こまめな水分補給
・喉の粘膜に良い食材を取り入れる(ビタミンA、B2、B6、C)

花粉症予防のセルフケアはいつから始めても遅くありません。花粉の飛散ピークが始まる2週間前には予防を意識することが、ピーク時の症状の緩和につながります。

薬とセルフケアを効果的に組み合わせて、花粉症シーズンを乗り切りましょう!