これは花粉症?まずは簡単チェック!

花粉症は、今まで発症していない人も、あるとき突然発症してしまうことがあります。

花粉症のシーズンに下記のような症状の特徴がでているかどうか、まずはチェックしましょう。

・鼻水が透明でサラサラしている
・目のかゆみがある
・毎年同じ時期に症状が出る
・1週間以上くしゃみや鼻水の症状が続く
・肌荒れをともなうことがある
・天気の良い日に症状が強く出る

鼻・目・その他の花粉症の症状

花粉症の症状としてよく知られているのは鼻水やくしゃみなどの鼻の症状と、かゆみや充血などの目の症状です。

そのほかにも花粉症では全身にさまざまな症状が現れることがあります。

鼻の症状

花粉症の主な鼻症状は、くしゃみ・鼻水・鼻づまりです。鼻がムズムズしてかゆみを感じることもあります。

花粉が鼻の粘膜に付着するとアレルギー反応を起こして症状が現れます。花粉症は粘り気のない、水のような鼻水が出ることが特徴です。

花粉症のくしゃみ・鼻水・鼻づまりについては関連記事をごらんください。

目の症状

花粉症で目のかゆみを訴える人は多いですが、そのほかにも目やに・涙・目の痛み・異物感・充血・瞼の腫れなどの症状が現れます。

目は外界に常にさらされているため異物が入りやすく、免疫細胞がたくさんあることから花粉にも反応しやすくなっています。そのため、目にも症状が現れやすいのです。

花粉症の目の症状の原因や対策については関連記事をごらんください。

喉の症状

花粉症では喉にも症状が現れることがあります。

花粉症の喉の症状として、咳や喉のかゆみ、いがらっぽさなどがあげられます。咳は痰の出ない乾いた咳であることが特徴で、喘息のような症状が出ることがあります。

特に秋の花粉症の原因となるブタクサは粒子が細かく花粉が気道に入りやすいため、喉に症状が現れやすくなっています。

頭痛

花粉症のときに頭痛を感じる方も少なくありません。

頭痛が現れる原因は、鼻の粘膜の炎症による酸欠や、アレルギーを起こす原因となる花粉を排除しようとして分泌されるヒスタミンの影響などがあげられます。

花粉症のときの頭痛の原因や薬について詳しくは関連記事をごらんください。

花粉症で熱が出る方もいます。

花粉を体の外へ出そうとする防御反応や、鼻づまりによる酸欠状態で自律神経が乱れることなどが原因となります。

花粉症のときの熱の原因や薬について詳しくは関連記事をごらんください。

眠気・だるさ

日本アレルギー性鼻炎QOL調査委員会によると、花粉症によって睡眠障害や倦怠感があるという報告があります。QOLとは生活の質のことをいいます。

鼻づまりなどの症状からよく眠ることができずに昼間に眠気が現れたり、自律神経が乱れて眠気やだるさが現れることがあります。

花粉症のときの眠気やだるさについて詳しくは関連記事をごらんください。

そのほかの症状

そのほか花粉症の症状として、めまいや肌荒れなどが現れることがあります。

花粉症と風邪の違いを症状別にチェック!

花粉症と風邪の症状は、異なる部分もありますが似ている部分も多くあります。特に風邪の初期症状の段階では症状の程度も似ているため、見分けにくいものです。

花粉症と風邪を見分けるポイントを症状別に確認しましょう。

花粉症と風邪の見分け方

  風邪 花粉症
咳、痛み 乾いた咳、かゆみ
鼻水 白〜黄色で粘り気のある鼻水 透明でサラサラした鼻水
くしゃみ 出るが頻度は高くない 1日に何度も出る、立て続けに出る
微熱〜高熱 平熱〜微熱
目の症状 無し かゆい、ヒリヒリする、目の周囲が腫れる
その他の症状 腹痛、下痢、吐き気、悪寒など 頭痛がある場合もあり
症状が発生する期間 約1週間程度 花粉の飛散期(3週間〜1か月半)

似ている症状:どちらも鼻の症状がある

花粉症と風邪で共通する代表的な症状は、鼻水・くしゃみ・鼻づまりなどの鼻の症状です。

鼻の症状が発生するメカニズムは、ウイルスや花粉などの刺激物が体内に取り込まれ刺激となって起こるアレルギー反応です。体内に侵入した異物を排除しようとして鼻水やくしゃみがおこり、刺激による粘膜の炎症などで鼻づまりが起きます。

花粉症では、その他にも頭痛・微熱・咳など、風邪とよく似ている症状が二次的に発生します。

花粉症の二次症状は風邪と比べて軽度な場合が多いため、症状の程度や継続する期間を見分ける目安にしてください。

異なる症状:花粉症には目の症状がある

花粉症と風邪の最大の違いは、目の症状です。

花粉症では、目のかゆみや痛み、目の周囲の腫れ、目やにの増加などがありますが、風邪の場合は目の症状はでません。

また、鼻の症状が起きる点は同じですが、鼻水やくしゃみに違いがあります。

風邪の鼻水には、ウイルスの死骸や白血球の残骸が含まれるため、白から黄色で粘度のある鼻水です。対して花粉症では、無色透明のサラサラした鼻水がでます。

花粉症で頻発するくしゃみですが、風邪では発生頻度は高くありません。

花粉症にみられない風邪の特徴としては、腹痛・吐き気などの胃腸症状もあげられます。

風邪症状は、通常は一週間程度で改善するので、長引く微熱や頭痛、咳などの症状は花粉症のアレルギー反応による二次症状を疑いましょう。

風邪と花粉症を併発したときには

花粉症の時期に風邪を併発することもありえます。

風邪の症状が主に鼻にある場合、花粉症と風邪の鼻の症状は発生するメカニズムが同じアレルギー反応であるため、花粉症の薬を使用しても問題ありません。

ただし、花粉症の症状に風邪薬を使用する場合は注意が必要です。

市販の風邪薬には、花粉症の薬と同じ抗ヒスタミン剤の他にも解熱成分などさまざまな成分が含まれているため相互作用も考えられます。

花粉症の症状だと明らかになっている場合には、風邪薬ではなく花粉症の薬を使用しましょう。

抗ヒスタミン剤を自己判断で複数服用すると、相互作用が起こったり過剰摂取につながる危険性があります。複数の薬を服用する際は必ず医師や薬剤師に確認しましょう。

花粉症の時期に風邪をひいてしまったと感じられた場合は、早めに医療機関を受診して原因に合わせた薬を使用しましょう。

花粉症の重症度チェック

花粉症の重症度によって、使用する薬など治療方法が異なってきます。

花粉症の治療には飲み薬や目薬だけでなく、鼻のレーザー治療や根本的な体質改善を期待できる舌下免疫療法などもあります。

花粉症の重症度が高い場合は、ステロイドが入った薬を使用したり、根本的な体質改善を検討します。

花粉症重症度チェック

花粉症の診断方法は?

自己判断ではなく、はっきりと花粉症かどうかを確認したい場合や、どの花粉にアレルギーがあるかを診断したい場合は、病院で検査を受けましょう。

花粉症の検査は大きくわけて「アレルギー反応による症状かどうか調べる検査」と「アレルギーの原因を特定する検査」にわかれます。

アレルギー反応かどうかの検査 問診、鼻鏡検査、副鼻腔X線検査、血液・鼻汁好酸球検査、血液検査(血清総IgE定量)
アレルギーの原因を特定する検査 皮膚テスト、血液検査(血清特異的IgE抗体検査)

病院によって異なりますが、問診・鼻鏡検査と、鼻汁好酸球検査、皮膚テスト、血液検査を組み合わせて花粉症であるかを診断することが一般的です。

ひとつの検査が陽性であっても、通年性のアレルギー性鼻炎との分類や原因物質の特定は容易ではありません。場合によっては、皮膚テストと血液検査の両方を行うことがあります。

何科で診断してもらう?

花粉症の検査を受けるのは耳鼻科をおすすめします。

花粉症の検査は内科や小児科でも行うことができますが、より専門性の高い医療機関を受診したい場合は、鼻の症状は耳鼻科、喉の症状は耳鼻咽喉科、目の症状は眼科の受診しましょう。

花粉症の検査・診断方法に関して詳しくは関連記事をごらんください。

花粉症の症状を緩和したいとき

花粉症は、基本的には症状を緩和させる対症療法になります。

花粉症の諸症状の原因は花粉を取り込むことによるアレルギー反応にあるため、症状にはアレルギー反応をおさえる抗ヒスタミン剤を使用します。花粉症の症状の重さによってはステロイド剤の点鼻薬を処方されることもあります。

そのほか免疫力を高めたり、マスクをするなど花粉を取り込まないようなセルフケアを行います。

花粉症の対策について詳しくは関連記事をごらんください。

おわりに

鼻や目の症状が代表的な花粉症の症状ですが、そのほかにもさまざまな症状が現れます。

花粉症の季節は風邪も引きやすい季節です。花粉症の症状を把握して風邪との違いを確認し、自分に合った治療法を選択しましょう。