授乳中に花粉症の薬を飲んでもいい?

赤ちゃんを母乳で育てたい方にとって、花粉症の薬を使用するときの気がかりは母乳への影響ではないでしょうか。

授乳中の方が薬を使用した場合、薬の成分が母乳中に移行することがあります。しかし、そのほとんどで移行する量は非常に少なく、母乳への影響は少ないことが知られています。

また、母乳から赤ちゃんの体に吸収される薬の成分量はごくわずかであり、赤ちゃんの体に影響を及ぼすことも少ないと考えられています。

授乳中でも、医師に適切に処方された薬であれば使用することが可能です。花粉症の症状を必要以上に我慢する必要はありません。

授乳中に病院を受診した場合は、必ず医師に授乳中であることを申告しましょう。

花粉症は何科を受診する?

授乳中に花粉症の薬を処方してもらう場合は、耳鼻科や内科を受診しましょう。

産婦人科でも花粉症の薬を処方してもらうことが可能な場合がありますが、事前に問い合わせることをお勧めします。

受診時は必ず授乳中であることを医師に伝えてください。

授乳中に使用できる花粉症の処方薬

授乳中に処方される薬は、赤ちゃんに対する影響をより少なくするため、母乳中への薬の濃度推移を踏まえて薬が調剤されます。

母乳中の薬の濃度推移は、授乳の時間と薬を使用する時間が影響することがあります。授乳中に処方された薬は、必ず医師の指示を守りましょう。

また、以前処方された薬が手元にあるからといって、自己判断での服用は控えてください。

点眼薬・点鼻薬:パタノール・インタールなど

点眼薬・点鼻薬は目や鼻に部分的に作用するため、飲み薬と比較すると薬が体内へ吸収される量も少なく、母乳へ移行する量はわずかです。そのため、母乳への影響が飲み薬より少ないと考えられる薬が多く存在します。

授乳中は飲み薬を使用する前にまずは、点眼薬や点鼻薬の使用を相談するとよいでしょう。

授乳中でも使用できると考えられている点眼薬として「パタノール」「ザジテン点眼液」など、点鼻薬では「インタール」「コールタイジン点鼻液」などがあげられます。

薬名 成分名
パタノール点眼液 オロパタジン
ザジテン点眼液 ケトチフェンフマル酸塩
インタール点鼻液 クロモグリク酸ナトリウム
コールタイジン点鼻液 テトラヒドロゾリン塩酸塩

飲み薬:アレグラ・クラリチンなど

通常の花粉症では、一般的に抗ヒスタミン剤が処方されます。抗ヒスタミン剤とは、花粉症を含むアレルギー性鼻炎、鼻のアレルギー反応に効果を発揮する薬です。

抗ヒスタミンは開発された時期によって、第1世代と第2世代に分けられます。

第1世代は眠気などの鎮静作用が強いため、基本的には第2世代の使用が推奨されています。

第2世代の抗ヒスタミン剤には鎮静作用が少なく、母乳への影響がより少ない薬があります。

厚生労働省の事業である「妊娠と薬情報センター」では、「授乳中に安全に使用できると思われる薬」として、第2世代抗ヒスタミン剤の「アレグラ」と「クラリチン」をあげています。

薬名 成分名
アレグラ フェキソフェナジン
クラリチン ロラタジン

上記以外にも、「ジルテック」「アレロック」などが処方される場合があります。

漢方薬:小青竜湯など

漢方薬は、草や木、動物など、自然にあるものの中で薬効を持つ「生薬」からできています。現在では多くの医師が日常的に診療に取り入れています。

花粉症に効果のある代表的な漢方薬として、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)があります。授乳中の方も使用できる漢方薬です。

薬名 成分名
小青竜湯
 
半夏(はんげ)、乾姜(かんきょう)、甘草(かんぞう)、桂皮(けいひ)、五味子(ごみし)、細辛(さいしん)、芍薬(しゃくやく)、麻黄(まおう)

小青竜湯以外にも、花粉症に効果のある漢方薬はあります。漢方薬は体質や今の状態に合ったものを服用することで効果を発揮します。

医師と相談しながら自分に合った漢方薬を処方してもらいましょう。医師の処方により保険が適用される漢方薬も多くあります。

小青竜湯について詳しくは関連記事をごらんください。

授乳中に使用できる花粉症の市販薬

市販薬は、授乳中は使用してはいけないとされている薬がほとんどです。

授乳中でも比較的安全に使用できるといわれる処方薬のアレグラやクラリチンには同成分の市販薬がありますが、市販薬の添付文書には授乳中の方は使用しないか、使用する場合は授乳を中止するようにと記載があります。

また、処方薬と同じ成分の薬でも、添加物が異なっていたり、他の成分が配合されている場合もあります。

市販薬を使用する場合は必ず医師に相談し、自己判断での使用は控えてください。

点眼薬・点鼻薬・漢方薬は使用できるものもある

点眼薬・点鼻薬・漢方薬は、市販薬のなかでも使用できるものがあります。

市販薬を購入するときは、薬局やドラッグストアなどで薬剤師または登録販売者に相談し、授乳中でも使用可能かどうかを確認しましょう。そのうえで、用法用量を守って使用してください。

種類 商品名
点眼薬 ロートアルガード
ロートアルガードクールEX
ロートアルガードS
点鼻薬 ロートアルガードST鼻炎スプレー
漢方薬 小青竜湯

日常生活での対策方法

授乳中の花粉症の症状がつらいときは、まず日常生活での予防ができているかを確認しましょう。

花粉症の症状は、花粉に対する体のアレルギー反応によるものです。アレルギー源となる花粉をいかに寄せ付けないかがポイントです。

薬を使用による母乳への影響はわずかですが、薬を使用しないに越したことはありません。まずは薬に頼らない予防方法を実践しましょう。

マスクをして口と鼻からの花粉の侵入を防ぐ

花粉症の基本的な対策方法ですが、マスクの着用で口と鼻から花粉が侵入することを防ぎます。

花粉の粒子の大きさに合わせて、花粉の侵入を防げるようなマスクを購入すると良いでしょう。

2〜4月に流行する「スギ花粉」の粒子は20〜40マイクロメートルとなっています。

ウイルスやPM2.5は花粉の粒子より小さいため、「花粉」「ウイルス」「PM2.5」対策に作られたマスクがおすすめです。

花粉が付着するコンタクトレンズではなく眼鏡を使用する

花粉症のシーズンはなるべくコンタクトレンズの装用を避け、メガネで過ごしましょう。

目がかゆくて目をこすることでコンタクトレンズと一緒に角膜を傷つけてしまったり、目やにでレンズが不衛生になったり、花粉がレンズに付着して花粉症の症状が悪化する原因になります。

風の強い晴れた日はなるべく外出を控える

一般的に、花粉は風の強い晴れた日の午後、特に昼前から午後3時頃に多く飛びます。毎日の花粉情報なども参考にしながら、買い物に出かける時間などを検討しましょう。

家に入る前に上着についた花粉をはらう

外出後、家に入る前には上着い付着した花粉をはらい、花粉を室内に持ち込まないようにしましょう。

ブラシを使って花粉をはらうことで、より花粉を室内に持ち込みにくくすることができます。

手洗いうがいや顔を洗ったり、シャワーを浴びるのことも花粉を持ち込まない方法として有効です。

床の拭き掃除をする

花粉は上から下に落ち、床にたまりやすい特徴があるため、床はこまめに清掃しましょう。

床の清掃方法は花粉を舞い上げやすい掃除機より、拭き掃除がおすすめです。

人が出入りしたり動くことで床の花粉が舞い上がり、花粉症の症状が出てしまうことがあります。

おわりに

授乳中に花粉症の薬を飲むこと自体が赤ちゃんへ影響を及ぼすことはありません。しかし、我慢できない花粉症の症状による母親のストレスが母乳の量に影響することは考えられます。

まずは、日常生活のなかでできる予防を試すことが大切です。

それでも花粉症の症状がつらい、おさまらないという人は、医師に相談して薬の使用も検討しましょう。薬の服用と授乳のタイミングなどのアドバイスを受けることで、より安心して薬を使用することができます。