花粉症でコンタクトがずれたり曇るのはなぜ?

花粉症は花粉によるアレルギー反応です。鼻水やくしゃみといった鼻の症状以外にも、目にも症状が現れやすくなっています。

花粉症で現れる目の症状で代表的なものには、目のかゆみや痛み、目がゴロゴロする感じや異物感などがあります。

花粉に対するアレルギー反応を起こすと、まぶたの裏側の粘膜に粒状の盛り上がりができます。まばたきをするときに、その盛り上がりが黒目と接触することにより、ゴロゴロした感じやコンタクトがずれるといった現象を起こします。

コンタクトレンズの曇りは、涙に含まれるたんぱく質や脂肪などの汚れが原因になります。花粉症では涙もよくみられる症状のひとつです。涙によってたんぱく質や脂肪がコンタクトに付着しやすくなり、曇りやすくなってしまいます。

花粉症で現れる目の症状について詳しくは関連記事をごらんください。

花粉症の時期はメガネが最適

コンタクトを装着していると、レンズに花粉が付着することで眼球に花粉がとどまる時間が長くなり、通常よりも目のかゆみや充血などのアレルギー症状が悪化することにつながります。

症状があるにも関わらずコンタクトの装着を続けると、さらに症状が悪化して治りが遅くなってしまうおそれがあります。

花粉と眼球の接触を最低限にとどめるためにも、花粉症の時期はコンタクトからメガネに切り替えることが最も望ましいでしょう。

メガネのレンズがバリアになり、目の中に入る花粉の量が大幅にカットされます。

おすすめの花粉対策メガネ

花粉対策用のメガネも数多く販売され、一見普通のメガネと変わらないスタイリッシュな商品も販売されています。花粉症用のめがねは見た目がゴーグルのようで使いたくないという方にもおすすめです。

花粉対策メガネ「AIR VISOR」 Disneyモデル Sサイズ

コンタクトはワンデータイプがお勧め

花粉症の時期でもコンタクトをつける必要がある方は、1日使い捨てのワンデータイプのコンタクトを使用しましょう。

コンタクトは花粉を吸着しやすいため、花粉シーズンはいつもよりレンズが汚れてしまいます。レンズが汚れることによって、目のかゆみや違和感などの症状が強くなる原因になります。

ワンデータイプであれば花粉による汚れも1日分で済み、次の日には綺麗な新しいレンズを装着することができます。

花粉症の時期はコンタクト装着時間も短くすることが望ましいので、帰宅したらすぐにメガネに切り替えましょう。

ハードレンズは使える?

通常のハードレンズは酸素透過量が多く、また目に異常があったときに気づきやすいことから、アレルギー体質の方に勧められることの多いレンズです。

しかし、花粉症の時期にはハードレンズの使用はあまりお勧めできません。眼球とレンズの密着度がソフトレンズよりも少ないため、隙間に花粉が入り込む量が多くなってしまいます。

花粉による影響が大きくなり、目がゴロゴロしたり、すぐにレンズが外れてしまうことが多くなります。

花粉症の時期はハードからソフトのワンデーに切り替えることをおすすめします。

花粉症でもコンタクトを使いたい!おすすめ目薬3選

市販されている主な花粉症用の目薬は、点眼時にコンタクトレンズを外す必要があります。目薬に含まれる添付物や防腐剤がコンタクトに付着すると、目のトラブルが発生してしまうためです。

コンタクトをつけたまま目薬をさしたい方は、防腐剤フリーの目薬を選ぶ必要があります。

※ここで紹介する目薬はすべてカラーコンタクトレンズには使用できないのでご注意ください。

コンタクトをつけたまま使える目薬

ロートアルガードコンタクトa

アルガードコンタクトaは抗アレルギー成分配合の点眼薬です。すっきりクールなさし心地で防腐剤無添加です。花粉でデリケートになった目におすすめの目薬です。

スマイルコンタクトEXAL-Wクール

ロートアルガードコンタクトaの成分に、抗炎症作用とアミノ酸がプラスされています。炎症の強い方におすすめです。

スマイルコンタクトEXAL-Wマイルド

スマイルコンタクトEXのクールとマイルドの違いは清涼感のみで、成分は同じです。使用感の好みに合わせて選びましょう。

おわりに

本来であれば、花粉症の時期はメガネに切り替えることが、症状を緩和させるためにはベストな方法です。

どうしてもコンタクトを装着したい場合はワンデータイプを選び、花粉症の症状をできるだけ悪化させないようにしましょう。

ワンデーコンタクトを装着していてもコンタクトのずれや曇りなどが気になる場合は、早めに眼科を受診しましょう。