花粉症の薬の副作用はなぜ起こる?

花粉症の症状に主に使用される薬は「抗ヒスタミン薬」という種類のアレルギー症状をおさえる作用のある薬です。

抗ヒスタミン薬は、花粉症では主にくしゃみや鼻水などのアレルギー性鼻炎をおさえる作用があります。また、じんましんや皮膚のかゆみ、喘息などにも使用されることもあります。

抗ヒスタミン薬で副作用が起こる理由

ヒスタミンは脳などの中枢神経では神経伝達物質として働き、脳の覚醒や満腹中枢を刺激します。抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンの分泌をおさえるため脳の覚醒や中枢神経の刺激が抑制されて、眠気などの副作用につながると考えらえます。

また、抗ヒスタミン薬の副作用には、抗コリン作用が関係しているものも多くあります。抗コリン作用とは、副交感神経を刺激するアセチルコリンの働きをおさえる作用です。

副交感神経はリラックスしているときに働く神経で、抗コリン作用によって副交感神経の働きがおさえられることで交感神経が優位になります。

抗コリン作用で交感神経が優位になり体が緊張状態になることで、副作用としてさまざまな症状が現れます。

花粉症の薬の副作用:眠気・頭痛など

眠気

抗ヒスタミン薬の副作用として出やすいのは眠気です。抗ヒスタミン薬は中枢神経への刺激をおさえる作用があります。中枢神経への刺激がおさえられ、脳の働きがおさえられて眠気につながります。

薬の効き方には個人差があり、服用後に急な眠気がでるおそれがあるため車や危険な機械の操作を禁止される薬もあります。薬の添付文書や医師の指示を必ず確認しましょう。

薬のなかには、アレグラやクラリチンなど眠気が出にくいものもあります。

眠くなりにくい花粉症の市販薬について、詳しくは関連記事をごらんください。

口の渇き

抗コリン作用で体が緊張状態になると、唾液の分泌量が少なくなり、粘りの強い濃い唾液になって口の渇きにつながります。

眠気と同じく、花粉症の薬に現れやすい副作用のひとつです。

頭痛

頭痛には抗コリン作用が関わっており、交感神経が優位になり体が緊張状態になると、血管が収縮して血行が悪くなります。

薬の副作用以外にも、肩・首・頭部の筋肉が緊張して凝ってしまうことなども頭痛の原因につながります。

めまい

めまいも頭痛と同じく、血行が悪くなることから脳への血流が減り、それが原因で内耳の機能が低下して起こります。

ほとんどの花粉症の薬の添付文書の副作用の欄には、めまいが記載されています。ただし、発生頻度は0.1〜5%程度でごくまれなケースといえます。 

悪夢

薬によっては悪夢が副作用として報告されているものがあります。発生頻度も0.1%未満とかなり少ないもので、直接的な薬との因果関係ははっきりしていません。

花粉症の薬を飲んでいて悪夢を見て気になる場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。

便秘

腸の働きは副交感神経によって働きが活発化します。抗コリン作用で副交感神経の刺激がおさえられると、蠕動(ぜんどう)運動が鈍くなり便秘を起こすことがあります。

ただし、発生頻度は低くごくまれな副作用といえます。

花粉症の副作用で太る?

副作用のひとつに、体重増加や食欲亢進が報告されている薬があります。そのため、花粉症の薬を飲んで太った!と感じる方もゼロではありません。ただし、頻度は0.1%未満程度で、まれな副作用といえるでしょう。

体重増加や食欲亢進が起こる理由は、抗ヒスタミン成分が脳に移行して満腹中枢の刺激がおさえられ食欲が増すことが考えられています。

また、抗ヒスタミン薬はグレリンというホルモンの分泌を促進します。グレリンが胃から分泌されると食欲中枢が刺激されて食欲が増すことも考えられます。

花粉症の薬による体重増加やむくみについては関連記事をごらんください。

副作用が出たら薬の変更の検討を

薬の副作用と考えられる症状が出た場合は、医師に相談しましょう。効果と副作用のバランスを医師と相談し、薬の変更で対処することが可能です。

抗ヒスタミン薬は、発売された時期によって第1世代と第2世代に分けられます。

第2世代の抗ヒスタミン薬は、第1世代の抗ヒスタミン薬より副作用が軽くなるように開発されたもので、中枢神経への移行が少なくなっています。脳の活動に影響を与えにくくなっているため、副作用が起きにくいのです。

ただし副作用が少ない分、第2世代の抗ヒスタミン薬は第1世代よりも即効性や効き目の強さでは劣ります。

比較的副作用が少ないといわれている第2世代の抗ヒスタミン薬には、アレグラ、クラリチン、タリオンなどがあります。

眠気が気になる方は眠気がでにくい薬を洗濯しましょう。

※弊社薬剤師の主観に基づきます。効果や眠気の出方には個人差があるのであくまで目安になります。

副作用がでにくい花粉症の市販薬3選

抗ヒスタミン薬の副作用で出る可能性が高いのが眠気です。副作用が少ない第2世代の抗ヒスタミン薬の中でも眠気が出にくい薬を紹介します。

アレグラFX 14錠 医療用アレグラと同成分配合 花粉症に (第2類医薬品)

処方薬アレグラと同じ成分のフェキソフェナジン塩酸塩が同量配合されています。

副作用の眠気が最も出にくいことが最大の特徴です。添付文書に服用前後の乗り物や機械操作についての注意が書かれていません。

1錠、朝と夕方2回の服用です。

クラリチンEX

処方薬クラリチンと同じ成分のロラタジンが同量配合されています。

眠気や集中力の低下を起こしにくい特徴があり、アレグラと同じく添付文書に服用前後の乗り物や機械操作についての注意が書かれていません。

1日1錠を1回の服用で終日効果が続くため、服用の煩わしさがありません。

2017年1月に発売された新しい薬で要指導医薬品に分類されるため、薬剤師がいる薬局やドラッグストアでのみ購入が可能です。

アレジオン20 6錠 医療用とアレジオンと同成分配合 (第2類医薬品) ※セルフメディケーション税制対象

処方薬アレジオンと同じ成分のエピナスチン塩酸塩が同量配合されています。

眠気や生活パフォーマンスの低下を起こしにくいとされており、効果と副作用のバランスが良い薬です。

1日1錠を1回の服用で終日効果が続くため、服用の煩わしさがありません。

市販薬の医療費控除について

2017年1月1日から、市販薬に医療費控除が適用される「セルフメディケーション税制」が導入されました。

セルフメディケーション税制対象商品については、1年間に1万2,000円(扶養家族分の合算)を超えて購入し、一定の条件を満たしている場合に医療費控除が適用されます。市販薬を購入時にはレシートを保管しておきましょう。

なお、セルフメディケーション税制は、薬局やドラッグストアなどの店頭だけではなく、インターネット上で購入した場合も適用されます。詳しくは各購入サイトにお問い合わせください。

セルフメディケーション税制について、詳しくは関連記事をごらんください。

おわりに

花粉症の薬は現在はさまざまな種類が販売され、より自分の症状や生活習慣に合わせて薬を選択することが可能です。

花粉症の薬はシーズンを通して長期に渡り使用するものなので、副作用があると感じられるときは早めに医師や薬剤師に相談しましょう。