花粉症で下痢や吐き気が起こる?原因と対策について

花粉症の時期になると下痢や吐き気の症状続くという方は、花粉が原因となっている可能性を疑う必要があります。花粉症と下痢や吐き気の関係と、対処法について解説します。

花粉症と下痢や吐き気って何か関係あるの?

花粉症の代表的な症状といえば、鼻や目の症状ですが、春先になると何故か下痢や吐き気をもよおすという方もいるのではないでしょうか。

じつは花粉症が原因となり胃腸の不調がおこることがあるのです。

この記事では花粉症による下痢や吐き気の原因と対処法について解説します。

花粉症で下痢が起こる原因

花粉症の症状は、身体が侵入してきた花粉を異物と判断し、異物を排出するためにアレルギー反応を起こす防御反応です。

目や鼻は身体の入り口部分にあたるため、花粉との接触がより多くなり、かゆみや鼻水などの症状が顕著にあらわれます。

胃腸も鼻と同じく粘膜でできているため、花粉が口から体内に入ったり、鼻水を飲むことによって消化器に到達し、胃腸の不調症状が起こると考えられています。

鼻は鼻水で、目は涙で花粉を体外へ排出しようとするのと同じように、胃は胃酸過多による吐き気、腸は下痢、といった防御反応を出します。これらの症状によって侵入した花粉を体外へ排出しようとするのです。

花粉症の二次症状が原因の場合も

花粉症による鼻や目の症状が強いストレスとなり、自律神経が乱れることで下痢や吐き気といった症状が発生することも考えられます。

花粉症による下痢と吐き気の対処は?

目や鼻の症状と同じく、花粉症による下痢や吐き気を予防するためには、とにかく体内に花粉を取り込まないことが重要となります。

マスクの着用やうがい・手洗いをして、花粉の侵入を防ぎましょう。

外出先から帰るときは、室内に花粉を持ち込まないよう、衣類についた花粉は玄関や外ではらいましょう。室内の掃除をこまめに行うことも大切です。

花粉症で胃腸の症状が起こったら?

花粉症によって下痢や吐き気を引き起こしている時は、スープやうどんなど、消化に良いものを食べるようにしてください。冷たい飲み物は胃腸を刺激するので暖かい飲み物を選んだ方がよいでしょう。

食物繊維が多めの食材は、腸内を刺激してしまうので、胃腸の調子があまり良くない時はおすすめできません。

また、下痢や吐き気の症状がある場合は、胃腸を整える薬を使用することも可能です。ただし、花粉症の薬など他の薬と併用する場合は、飲み合わせが問題ないか医師や薬剤師に確認しましょう。

花粉による胃腸の症状は何科へ行けば良い?

花粉症の症状はさまざまな部位でおこるため、どの科を受診すればばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

基本的には症状が一番強くあらわれている部位の科目を受診しましょう。

症状が強い部位がある場合は、専門の科目で診てもらった方が的確な治療を受けることができます。また、万が一原因が花粉症ではなかった場合に、何が原因なのかを突き止めやすくまります。下痢や吐き気とともに、頭痛や発熱がある方は他の病気の可能性も十分に考えられます。

鼻の症状が一番辛い方は耳鼻科を、目の症状が辛い方は眼科を、といったように、胃腸の症状が辛い方は内科を受診することも可能です。

おわりに

春先の胃腸の不調の原因として、花粉症の薬の刺激が原因で胃腸が荒れている可能性もあります。もともと胃腸が弱い人は、病院を受診した際に医師に申告しましょう。

インフルエンザ特集