花粉症の治療方法:薬物療法・舌下免疫療法・レーザー

花粉症には薬物療法・舌下免疫療法・レーザーなどの治療法があります。今回は花粉症の治療にはどんな種類があるのか解説。自分に合った治療法を選びましょう。

花粉症の治療には、薬などで鼻水や鼻づまりなどの症状を和らげる対症療法と、根本的なアレルギー反応の治療を行う根治療法があります。

この記事では、花粉症の治療法の種類について解説します。

花粉症の対症療法:薬の使用

花粉症の治療は、症状に応じて薬を使用する薬物療法が基本です。

花粉症の症状は、命に関わるほど重度になることはほとんどありませんが、集中力の低下など社会生活に影響を及ぼすこともあります。適切な薬を使用することで、日常生活に支障がない程度に症状を和らげることができます。

飲み薬による全身療法

花粉症の治療は、処方薬でも市販薬でも「抗ヒスタミン薬」という種類の薬が主流です。

抗ヒスタミン薬は、アレルギー反応を起こすきっかけとなるヒスタミンの作用をおさえ、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの症状を和らげます。眠気や口の渇きなどの副作用がでやすいことで知られていますが、最近では副作用が出にくい薬も開発されています。

ほかにも、おもに鼻づまりに効果を示す「抗ロイコトリエン薬」や、症状が重い場合に処方される「ステロイド薬」などがあります。

点鼻薬や目薬による局所療法

点鼻薬は、鼻づまりや鼻水、くしゃみなどの鼻炎症状を改善したり緩和したりします。点鼻薬は鼻の中に噴射させて患部に直接作用するため、飲み薬に比べると全身への副作用が起こりにくいことが特徴です。

目のかゆみや充血など、目の症状が強い場合は目薬を使用します。

花粉症の根源療法:減感作療法

減感作療法は、アレルゲンをほんの少しずつ体内に入れ、徐々に増やしていくことでアレルゲンに対する過敏な反応を減らす根本的な治療です。

花粉症の減感作療法では、スギ花粉を元にしたアレルゲン物質を注入します。

皮下注射

アレルギー物質を含んだ注射液を低い濃度から徐々に濃度をあげて注射します。

毎週1回の注射を4〜6か月程度続けた後、間隔を徐々に空けていき、最終的には1か月に1回の間隔を維持します。この治療には3年以上の継続が必要です。

舌下免疫療法

舌下免疫療法は、アレルゲン物質を舌の裏側に垂らし、飲み込んで体内に取り入れる方法です。

徐々に薬の量を増やし、毎日投与を続け長期間かけてアレルゲンに体を慣らしていきます。1回目は医療機関で行いますが、2回目以降は自宅で行います。この治療も2年程度の継続が必要です。

注射に比べて痛みがないこと、1か月に1回程度の通院で済むというメリットがあります。

花粉症の根源療法:手術療法

花粉症の手術療法では、おもにレーザー治療も用います。高周波電流をアルゴンガスとともに流す医療機器である「アルゴンプラズマ凝固装置」やレーザー装置を使用して、鼻粘膜の組織を熱で焼きアレルギー反応を起こさせないようにします。

とくに鼻づまりがひどい場合には、鼻粘膜の上皮を保存して、その下の組織を切り取る手術をすることもあります。

ただし、レーザー治療を行っても、花粉症の症状が永久になくなるわけではありません。アレルギー体質の強い方ほど元の状態に戻りやすいといわれています。

また、あくまでも鼻の症状を軽減する治療であり、目の症状に対しては点眼薬などの対処が必要です。

おわりに

花粉症の治療をするにあたって、原因となるアレルギーを知ることが大切です。まずは医療機関を受診しましょう。

花粉症の診察は、耳鼻科・内科・アレルギー科などで行っています。最も強くでている症状に関連した科を受診しましょう。

花粉症に関連するQA

ピックアップ特集

よく見られている症状