目の症状はアレルギー性結膜炎の一種

花粉症で目に起こる症状は、アレルギー性結膜炎の一種です。発症する時期が限られていることから「季節性アレルギー性結膜炎」ともいわれます。

アレルギー性結膜炎では、目の表面や上下まぶたの裏の薄い透明な膜である「結膜」にかゆみや炎症が起こります。

結膜炎は感染性のものや紫外線の刺激によるものなど原因は多岐におよびます。

花粉症で起こるアレルギー性結膜炎は、花粉がアレルギーの原因となって目のかゆみなどを引き起こします。

アレルギー症状が目に起こりやすい理由

私たちの目は起きている間はずっと開いていて、結膜は外界と常に接しているため、季節を問わず異物が入りやすい部位です。

目に異物が入ってきたらすぐに追い出せるように、結膜には免疫細胞がたくさん存在しています。

免疫細胞は花粉の量が増えると過剰に働くため、花粉症で目に症状が出やすくなっているのです。

花粉症で目に現れる症状は?

花粉症で目に現れる症状は、目のかゆみ・目やに・涙・目の痛み・異物感・充血・瞼の腫れなどです。

目のかゆみ

目のかゆみは花粉症による目の症状の中でも最も多くみられる症状です。かけばかくほど症状が強くなってしまうのも、花粉症での目のかゆみの特徴です。

目のかゆみはヒスタミンによって引き起こされます。ヒスタミンは花粉症の症状全般の引き金となる物質で、体内に侵入した異物をやっつけるための免疫反応として放出されます。かゆみで目をこすってしまうと、その刺激によって結膜からはヒスタミンがさらに放出されるので、かゆみが止まらなくなります。

涙や目やに

目に入ってきた花粉を排除しようとして現れる症状です。涙とともに花粉を洗い流そうとしているのです。

目やには花粉に対する免疫反応として出ます。異物から体を守る役割をする白血球が、異物を分解して体外に排出したものが目やにです。花粉症での目やには透明や白でサラサラしていることが特徴です。

目の異物感・目の痛み

アレルギー反応によって瞼の裏側に粒状のブツブツができ、それが黒目と接触することによって目がゴロゴロするなどの異物感が起こります。

場合によってはブツブツが黒目を傷つけてしまうことがあり、目の痛みの原因になることがあります。

目をひっかくことで黒目にも傷がつくことも、目の痛みの原因になります。

充血・瞼の腫れ

花粉が目に入って刺激を受けると異物を排除しようと炎症が起きます。炎症反応のひとつとして目の血管が膨らんで充血し、瞼が腫れるまでになる場合があります。

花粉症の目の症状は目薬で対策!

花粉症の目のかゆみや充血には、目薬による治療が中心となります。

花粉症の目のかゆみは、掻けば掻くほど症状が強くなってしまいます。症状が悪化する前に、早めに目薬で対策しましょう。

目のかゆみ対策には、抗ヒスタミン剤の点眼薬を使用します。また症状が重い場合はステロイド点眼薬を使用する場合もあります。

症状の程度や目的に合わせて目薬を選択しましょう。

花粉症のときに使用する目薬について詳しくは関連記事をごらんください。

花粉症の時期はコンタクトレンズを控える

花粉が飛んでいる時期にコンタクトレンズを使用すると、レンズに花粉や目やにがくっつくことで、目の症状が悪化しやすくなります。

花粉症の時期はコンタクトレンズからメガネに切り替えることをおすすめします。どうしてもコンタクトレンズをする必要がある場合は、ワンデータイプのコンタクトレンズを使用しましょう。

花粉症の時期のコンタクトレンズについて詳しくは関連記事をごらんください。

外出時にメガネをかける

室内でじっとしている状況では目に大量の花粉が入ることはありませんが、風の強い日の外出などは普段よりたくさんの花粉が目に入ってしまいます。

ゴーグルタイプのメガネなどで目に花粉が入るのを防ぎましょう。

かゆみ・痛みに身近にできる応急処置

目を冷やす

目薬をさしても目のかゆみが治まらない場合は、まぶたの上から目を冷やしてみましょう。

清潔なタオルを水で濡らし絞ったものを、しばらくまぶたの上に置いてください。症状がひどい時期は、あらかじめ冷蔵庫で冷やしたおしぼりを使うと効果的です。

目の周りを洗う

花粉症対策として目を洗うことを考える方も多いかもしれません。

しかし、日本眼科学会では、目を傷つけてしまう恐れがあるため目を洗うことは推奨していません。目の周りを優しく洗うだけに留めておきましょう。

おわりに

目がかゆくてかきつづけ、結膜だけでなく黒目部分にも傷がつくと「春季カタル」という重症の結膜炎になるおそれがあります。

目が痛くて開けられなくなったり充血や目の腫れがひどくなり、視力が低下してしまう危険性もあります。

目の炎症が長引いたり痛みがある場合は、すみやかに眼科医の診察を受けてください。