毎年花粉症がつらく飲み薬や目薬などでもなかなか改善がみられない場合は、注射も花粉症対策の選択肢のひとつでしょう。

花粉症に使用される注射には、非ステロイド剤の注射とステロイドのケナコルト注射があります。

ケナコルト注射は副作用として女性では生理不順を起こしたり、男性では精子に影響が出るなど全身性の強い副作用が生じるおそれがあります。このことから、日本アレルギー学会や日本耳鼻科学会では花粉症の治療としてケナコルト注射を使用することを推奨していません。

この記事では、非ステロイド注射剤であるヒスタグロビン注射とノイロトロピン注射について解説します。

花粉症の注射の種類と効果

花粉症に使われる非ステロイドの注射には、ヒスタグロビン注射とノイロトロピン注射があります。

ヒスタグロビン注射とノイロトロピン注射は、それぞれ症状をおさえるメカニズムは異なりますが、どちらもヒスタミンが関わっています。

花粉症の症状をおさえたり緩和するにはヒスタミンが鍵になっています。

花粉症は花粉に対するアレルギー反応から起きています。アレルギーの原因物質であるヒスタミンが放出されて、花粉症の症状を引き起こします。

ヒスタグロビン注射

ヒスタグロビンはヒスタミンに対する抗体を作り、アレルギー反応で体内にヒスタミンが作られても症状をおさえることができます。

花粉症の症状が現れる前に治療を始めるとより効果的ですが、症状が現れたあとでも治療をすることはできるため、病院に相談しましょう。

慢性的な花粉症に悩んでいる方や、飲み薬や目薬などを使用しても治りにくい方におすすめです。

ノイロトロピン注射

花粉症のくしゃみ・鼻水・目のかゆみなどの症状を鎮める効果があります。

ヒスタミンを放出するのは肥満細胞という細胞です。肥満細胞にある鍵穴に花粉などのアレルギーの原因となる物質がつくとヒスタミンを放出します。

ノイロトロピンは鍵穴を占拠し、アレルギーの原因物質が鍵穴に結合しにくくすることにより、ヒスタミンの放出をおさえて症状を緩和します。

ノイロトロピンは花粉症の飲み薬と併用することができます。また、ヒスタグロビン注射と一緒に打つと相乗効果が期待できます。

花粉症の注射の副作用

ヒスタグロビン注射とノイロトロピン注射の副作用は異なりますが、副作用は少なく安全性が高い薬です。

ヒスタグロビン注射の副作用

主な副作用は、眠気・頭痛・発疹などですが、頻度は高くありません。

ノイロトロピン注射の副作用

主な副作用は、発疹・眠気・ほてりなどですが、頻度は高くありません。

男性が気をつけたい副作用はある?

ケナコルト注射では副作用として精子の数や精子の運動性に影響が出ることがありますが、ヒスタグロビン注射とノイロトロピン注射では精子に影響が出ることはありません。

男性・女性ともに、大きな副作用の心配はほとんどありません。

花粉症の注射の費用は?保険適用される?

ヒスタグロビン注射とノイロトロピン注射は保険が適用されます。

医療機関によって値段は多少変動しますが、1回初診では1500円程度、再診では500円程度です。

ヒスタグロビンとノイロトロピンを混合で注射している病院もあります。また、薬が処方されたり、血液検査をした場合は別途費用がかかるため、事前に受診予定の医療機関に確認すると良いでしょう。

花粉症の注射は1回で済む?

ヒスタグロビン注射とノイロトロピン注射は、数回に分けて定期的におこないます。

医療機関によって間隔や回数が異なる場合がありますが、基本的には下記の頻度と回数でおこなわれます。

ヒスタグロビン注射

一般的に成人は週に2回程度の間隔で6回注射し、小児は週1回の間隔で3回または6回注射し1クールとしていますが、医療機関によって回数が異なる場合があります。

また、最初の1クールで効果が不十分な方はさらにもう1クールおこなう場合があります。

ノイロトロピン注射

1〜2週間間隔で3回注射します。

花粉症の注射は何科で受ける?誰でも受けられる?

花粉症の注射は、皮膚科・内科・耳鼻咽喉科などで受けることができます。

アレルギー科を設けている病院でも対応しています。

花粉症の注射は誰でも受けられる?

下記に当てはまる方はヒスタグロビン注射を受けることができません。

・激しい喘息発作がある方。
・妊娠または妊娠の可能性のある方。
・生理直前・生理期間中の方。
・著しく衰弱している方。
・ヒスタグロビン注射で過去にアレルギーを起こしたことがある方。

喘息や女性の生理に関しては、ヒスタグロビン注射をすることによって症状を一時的に悪化させる可能性があります。女性にとっては妊娠の可能性や生理の周期などを考えてヒスタグロビン注射をするかどうか検討する必要があります。

ノイロトロピン注射は、過去にノイロトロピン注射でアレルギー反応を起こしたことがある方は受けることができません。

おわりに

飲み薬を使用してもなかなか花粉症が改善されない、仕事の関係で飲み薬は眠気が気になるので飲みたくない、という方は、花粉症の注射をおこなっている医療機関に一度相談してみましょう。

費用や回数は医療機関によって異なる場合があるため、事前に受診予定の医療機関に確認することをおすすめします。