花粉症シーズンの洗濯の注意点|洗濯物と布団の干し方のポイントを紹介!

洗濯物や布団に付着した花粉を体内に取り込まないための方法を解説。花粉症シーズンの外干しと部屋干しの使い分け、効果的な洗濯物や布団の干し方、花粉を取り除く方法などを紹介します。

花粉の飛散量の多いときは外干しを避ける

花粉症の原因は体内に侵入した花粉によるアレルギー反応です。

症状が発生するのを防いだり悪化させないためには、花粉を体内に取り込まないことが大切です。洗濯物や布団の干し方にも注意を払う必要があります。

特に花粉の飛散量が多いときは、洗濯物の外干しは避け、室内に干したり乾燥機を活用しましょう。

花粉が多く飛散するのはどんなとき?

花粉の飛散量は、気象条件や季節によって変化します。

花粉の飛散量の多くなる気象条件は、よく晴れて気温が高い日・空気が乾燥し風が強い日・雨が降った翌日・気温の高い日が2〜3日続いた後、などです。

また、一般的に花粉は以下の時間帯に多いとされています。

・太陽が昇り気温が上がる夜明け前
・木から飛び出した花粉が都市部に到着する正午〜15時ごろ
・空気中で舞っていた花粉が落下する日没後

花粉の飛散量は、天気予報やサイトでも公開されているので、日頃からチェックするように習慣づけましょう。

花粉の飛散情報について、詳しくは関連記事をごらんください。

部屋干しをするときのポイント

部屋干しでは、洗濯物乾きの遅さや生乾きのにおいなどを気にする方も多いかもしれません。

次のポイントを踏まえると、洗濯物が乾きやすくなります。

乾きやすい干し場を選ぶ

換気設備がついている浴室や洗面所に干すのがおすすめです。

リビングに干す場合は、風通しのよい部屋の中央に干すとよいでしょう。

除湿機やエアコンのドライ機能を利用すると乾きが早くなります。

通気性をよくする

洗濯物を干すときは、洗濯物同士の間隔を空けるように意識しましょう。長さや厚さの違う洗濯物を交互に干すと効果的です。

空気が触れる面を大きくするために、スカートやズボンは洗濯バサミを使って筒状に干すなど工夫しましょう。

また、干した洗濯物に扇風機の風を当てるようにすると、乾きが早くなります。

外干しをする場合の注意点

花粉が飛散するシーズンは、洗濯物や布団は屋内に干すことが理想的です。

しかし、干す場所がない、湿気がこもるなど住居環境によっては外に干さなければならない場合もあります。

外干しをする場合は、付着した花粉を取り込まないようにするためにも、次のような点に注意しましょう。

花粉を払ってから取り込む

外干しした洗濯物を取り込むときは、手で花粉を払ってから取り込みましょう。

洗濯物は一枚ずつ丁寧に手で花粉を払うと効果的です。

布団の場合は、布団をたたくのではなく表面に付いた花粉を手で払ってください。干した外側だけでなく、内側も払いましょう。

掃除機を使って布団の花粉を吸い込む

布団に掃除機をかけることでも、ある程度の花粉を取り除くことができます。

手で払うときと同じように、布団の両面に掃除機をかけましょう。

おわりに

花粉シーズンの洗濯は可能な限り外干しを避けることが望ましいですが、住環境や経済的な問題で毎日部屋干しや乾燥機を使用することが難しいこともあります。

外干しをした場合は、花粉をよく払うことを心がけましょう。

特に花粉の飛散量が多いときや体調が優れないときは洗濯物を外に干さないなど、状況に応じて外干しと部屋干しを使い分けましょう。

花粉症に関するお役立ち情報

花粉症に関連するQA