食後、胃から苦いものがこみ上げてくる、朝起きると胸焼けしている・・・。働き盛りの男性を中心に患者が増加している「逆流性食道炎」。現在では胃の内視鏡検査を受けた人の30%が罹っているというデータもあります。不快な症状で生活の質(QOL)が低下し、慢性化すると食道がんのリスクも高まるといわれている逆流性食道炎の予防法や治療法を詳しくご紹介します。

 

逆流性食道炎の主な症状

逆流性食道炎は、強い酸性の胃液や消化途中の食べ物が食道に逆流し、これにより食道の粘膜がただれたり、潰瘍ができる病気です。
主な症状は胃痛、胸痛、胸焼け、胃もたれ、気持ちが悪い、お腹が張る、酸っぱく苦い胃液が上がってくる、喉の奥がヒリヒリする、げっぷがよく出るなどで、耳や背中に痛みが出ることもあります。
これらの症状は食後に多くみられますが、横になって休んでいる時や、朝起きたときに胸焼けを感じることも多いようです。

放置し悪化させると胃酸によって食道下部の粘膜上皮組織が変化し、食道がんのリスクが高まるといわれています。

 

逆流性食道炎の二大原因

  • 下部食道括約筋の働きが弱まる
  • 胃に負担がかかる食生活
     

胃に入った食べ物は消化器系の蠕動運動と下部食道括約筋(食道と胃の境にある筋肉)の働きにより、本来は食道に逆流しないようになっています。ところが、加齢や腹圧の上昇(肥満、妊娠、便秘、猫背の姿勢)などにより働きが弱まることで、胃の内容物が逆流。胃酸(強酸性)に対する抵抗力がない食道は炎症を起こし、さまざまな不快な症状が出たり、びらん、潰瘍の原因となります。

タンパク質や脂っこいものが多い食事は消化に時間がかかるため、胃液が逆流しやすくなります。
また不安や悩み事などストレスの多い生活でも胃酸の分泌が増えるといわれています。
喫煙や暴飲暴食、アルコールや刺激物の摂り過ぎもNG。働き盛りの男性に患者数が多いのも、これらの原因を見ればうなずけます。

 

検査と治療

逆流性食道炎は、胃腸科や消化器科で診察を受けます。

★問診:どのような時にどんな症状が起きるのかをできるだけ詳しく医師に伝えることが、正しい診断・治療のために大切です。不快な症状を感じた時にメモをとっておくのをおすすめします。

★内視鏡(胃カメラ)による検査:食道粘膜の発赤、びらん、潰瘍などがないか、モニターを見ながら確認します。症状がありながら内視鏡検査で異常が見られないような場合は、胃と食道内部の酸度(pH)の変化を調べる「食道pHモニタリング」を行うこともあります。
 

治療は薬物療法と生活指導が主体です。
 

★薬物療法 

酸分泌抑制薬:胃酸の生産・分泌を抑えるもので、逆流性食道炎をはじめ、消化性潰瘍の基本治療薬。もたれ、むかつき、胸焼けなどの不快な症状を抑えます。
最も強力な酸分泌抑制作用があるプロトンポンプ阻害薬(PPI)と、H₂受容体拮抗薬(H₂ブロッカー)の二つのタイプがあり、代表的な処方薬はタケプロン(PPI)、ガスター(H₂ブロッカー)です。H₂ブロッカータイプのものは市販薬でもありますが、3日間服用しても症状の改善がみられない場合は使用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。
 

酸中和薬:胃酸を中和させることで、食道粘膜の損傷を軽減させます。効きめが早いため、一過性の対処療法薬として用いられますが、下痢や便秘などが起こりやすくなります。酸分泌抑制薬と併せて使用されることがあります。(代表的な処方薬はマーロックス)
 

消化管運動促進薬:消化管の働きと蠕動運動を改善させて、食べ物が胃に長く留まるのを防ぎます。(代表的な処方薬はガスモチン)
 

粘膜保護薬:胃の粘膜に直接働きかけ、荒れた部分を保護・修復するのを助ける薬です。アルサミン(スクラルファート水和物)はH₂ブロッカーと同等の潰瘍治療効果が確認されています。

★生活指導

食事の注意点:食べ方のポイントは「よく噛んで、腹8分目」。消化に時間がかかり、胃に負担がかかるようなもの(脂肪分やタンパク質の多いもの、香辛料などの刺激物、アルコール、カフェイン飲料など)は避けましょう。また、眠ると消化管活動が抑制されますので、食後2~3時間は眠らないのがベター。
 

姿勢:横になると胃の内容物が逆流しやすくなるので、できるだけ体を起こした姿勢で過ごしましょう。寝るときも、頭から肩の上部まで枕をあてて少し高くすると楽になることがあります。背中を丸めた姿勢は腹圧が高まるので、できるだけ姿勢を良くして過ごしてください。ウエスト部分もゆったりとした服装がおすすめです。
 

運動で気分転換を:ストレスが多い生活は、胃腸の働きを弱めます。運動などで気分転換しながら気持ちよくシェイプアップしましょう。

おわりに

カロリー過多な食生活や運動不足、ストレスの多い生活など、現代社会の「負」の部分が積み重なって現れたような病気が逆流性食道炎かもしれません。たかが胃の不快感と放置せず、毎日の生活習慣を見直しながらじっくりと治していきましょう。

 

(image by photo-ac)

(image by photo-ac)

(image by photo-ac)