消化不良の原因とは?症状や改善のポイントを解説

消化不良の原因となる生活習慣や病気を薬剤師が徹底解説!原因ごとの症状や改善のポイントも詳しく掲載します。下痢・腹痛・吐き気とともに起きる消化不良の原因を解明しましょう。

消化不良はさまざまな原因によって起こります。

消化不良の原因を大きく分類すると、生活習慣・病気・その他の三つに分けることができます。

この記事では、消化不良になる原因を改善ポイントとともにそれぞれ詳しく解説します。

消化不良の症状は?

消化不良とは何らかの原因で胃腸の消化機能が低下してしまい、食物の消化がうまくいかない状態です。消化不良は原因にともなって食欲不振や胃もたれ、胸やけ、下痢などの症状となって現れます。

消化不良にともなう症状

・食欲不振
・胸やけ
・吐き気
・下痢
・便秘
・げっぷ
・腹部の膨満感
など

消化不良で口臭が起こる?

消化不良が原因で、食べたものが腸内で異常に発酵することで、口臭が起こるとも考えられていますが、口臭と消化不良がはっきりと結び付けられるような研究はまだありません。

また、口臭にはさまざまな原因が考えられるので、口臭が気になる方はまずは歯科または内科を受診して相談しましょう。

口臭に関する詳しい情報は、関連記事をごらんください。

飲み過ぎ・食べ過ぎ・アルコールによる消化不良

暴飲暴食やお酒によって胃や腸の負担が増えると、胃や腸が疲れたり荒れてしまいます。

食べ過ぎなどで胃腸への負担が大きくなり過ぎると、胃腸の働きが悪くなり消化不良が起こりやすくなります。

またアルコールは消化酵素の分泌を悪くしてしまうために、消化不良の原因になりやすいといえます。

起こる症状

・食欲不振
・胃もたれ
・吐き気
・胸やけ
・まれに下痢

改善ポイント

まずは胃を休めることが必要です。

特に二日酔いなどの状態では胃が荒れていることが多いため、消化に良い食事を心がけ胃を休ませましょう。

あまりに食欲がないときは無理に食事はとらず、水分補給を心がけましょう。

また胃の働きを助ける市販薬もあるので、食べ過ぎ飲み過ぎで消化不良・胃もたれを感じるときには試してみるのも良いでしょう。

第一三共胃腸薬プラス細粒

消化酵素のタカヂアスターゼN1、脂肪消化酵素リパーゼAP12が消化を助け、配合されている生薬が弱っている胃の働きを高めてくれます。

また腸の働きを正常に近づけ、食べ過ぎ・飲み過ぎ・二日酔いのときの消化を助けてくれます。

二日酔いの症状別の薬について詳しい情報は、関連記事をごらんください。

ストレスによる消化不良

心理的なストレスによって胃の消化機能が低下し、消化不良につながることがあります。

胃は食べたものをすりつぶす役割を持っていますが、ストレスがかかると胃の働きが抑制され消化機能がうまく発揮されなくなってしまいます。

普段からストレスをためやすい、極度に不安や緊張を感じやすい方は特に注意が必要です。

過度なストレスで神経性胃炎や胃潰瘍などにつながるおそれもあるので、強い胃の痛みを感じた場合は医師・薬剤師に相談しましょう。

起こる症状

・食欲不振
・胸やけ
・胃もたれ
・胃痛
・下痢
・便秘 など

改善ポイント

ストレスの原因からはなれるのが一番ですが、うまくいかないことが多いと予想されます。

あまりに胃腸症状を繰り返す場合は精神科などに相談するのもひとつの手です。

ストレスによって胃腸症状が現れやすい方は、漢方薬の半夏瀉心湯などを試してみるのもおすすめです。

ツムラ漢方半夏瀉心湯エキス顆粒

またストレスによる胃腸障害の症状として消化不良や下痢だけでなく便秘もあります。ただし便秘は他の疾患にともなって現れることもあるものです。

便秘の詳しい情報については、関連記事をごらんください。

冷えによる消化不良

冷え症や冷たい物の飲み過ぎなどによって、胃腸が冷やされ血行が悪くなると、消化機能が低下します。

またお腹が冷えることで起こる下痢は、消化機能の低下や冷えが刺激となり腸の動きが異常に活発になることで引き起こされます。

起こる症状

・下痢
・腹痛 など

改善ポイント

冷えにお腹が弱い方は、日頃から冷たいものを控えるように心がけましょう。

お腹が冷えてしまったときは、湯たんぽやホッカイロでお腹を温めましょう。

加齢による消化機能の低下

内臓の機能も加齢の影響を受けます。脂肪のほとんどは胃ではなく小腸で胆汁酸を使用して消化吸収されます。

加齢で肝臓が弱ると胆汁酸の分泌が不足してしまい、脂肪の消化不良の原因になります。

加齢による内臓機能の低下は肝臓だけでなく、年を重ねるごとに脂っこい食べ物がつらくなってきたと感じる方は、加齢による消化不良を起こしていることも考えられます。

起こる症状

・脂っこいものを食べると胃がもたれる
・脂っこいものを食べたくなくなった
・食欲不振 など

改善ポイント

加齢による内臓機能の低下は病気というわけではないため、できるだけ肝臓に負担をかけないように心がけるしかありません。

特にお酒の飲み過ぎなどは肝臓に負担をかけやすいため、適度な量を心がけましょう。

胃下垂・胃アトニーによる消化不良

胃が正常な位置よりたれ下がってしまった状態が胃下垂です。さらに食べたものをすりつぶす胃の運動(ぜん動運動)が鈍くなり消化不良・食欲不振につながっている状態は胃アトニーと呼ばれます。

症状がなければ胃下垂・胃アトニーに特別な治療はありませんが、症状が現れてくると問題となります。

一般的には自覚症状がないことが多いのですが、あまりに胃がたれ下がりすぎると胃や腸の動きが悪くなり、胃もたれや吐き気、胸やけの原因になります。

胃下垂・胃アトニーは体の細い方に多いのが特徴で、女性に多くみられ男性の3倍という報告もあります。

起こる症状

・胃もたれ
・胸やけ
・げっぷ
・吐き気
・食欲不振
・少量の食事で満腹感
・上部腹痛 など

改善ポイント

体質的な側面も多いため、基本的に症状がない限りは何か治療法があるわけではありません。

胃もたれや胸やけなど他の症状がある場合には対症療法が行われます。

普段から暴飲暴食、刺激のある食べ物、過労、ストレスを避け、バランスのとれた食事をとることを心がけることで、胃への負担を減らすことが症状の予防につながります。

風邪・ウイルス性胃腸炎など

風邪やウイルスが消化不良の原因ということもあります。

風邪やノロウイルス感染、インフルエンザなどでは下痢や吐き気などの胃腸症状をともなうことも多く、下痢がひどい場合は脱水状態などにも注意が必要となります。

その他の症状

・下痢
・腹痛
・嘔吐
・発熱
・その他風邪様症状

改善ポイント

ウイルス感染・風邪が疑われ下痢がひどい場合は、まずは医療機関を受診してください。

食欲がない場合は消化機能が低下していることも考えられます。

ウイルス感染や風邪でどうしても食欲がない場合は無理に食事をする必要はありません。 消化器官を休ませて水分補給だけはしっかりするように心がけましょう。

食欲が回復するのを見計らって、消化に良いものを食べましょう。

吸収不良症候群

さまざまな理由から栄養素や水を吸収する機能が障害される状態のことをまとめて「吸収不良症候群」といいます。吸収不良症候群では消化不良をともなうこともあります。

胆汁分泌不全やウイルス感染、寄生虫感染、手術などにともなう栄養吸収の障害もまとめて吸収不良症候群になるため、原因は他方にわたります。

その他の症状

・下痢
・体重減少
・貧血
・むくみ
・疲労
・脂肪便(便が水に浮く)

その他原因となる疾患の症状も現れます。

改善ポイント

まずは原因の特定と原因疾患の治療が必要となります。

原因に合わせた治療とともに栄養管理が行われる場合もあります。

長い間下痢が続く、体重が減る、むくみや貧血があるという場合は医療機関を受診しましょう。

医薬品の副作用

医薬品の副作用に消化不良が報告されているものは非常に多くあります。

ロキソニンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAID's)やアレグラなどの抗ヒスタミン薬の副作用に消化不良が報告されていることがあります。

ただし消化不良の副作用の発生率自体は非常に少ないものが多く、本当に医薬品の副作用であるかどうかは医師の判断が必要になります。

改善ポイント

消化不良に限らず医薬品を使用してからいつもと違う症状が急に現れた方は、まずは医師に相談しましょう。

くれぐれも自己判断で薬を中断・減量しないでください。

おわりに

消化不良には非常に多くの原因があります。どの場合でも共通している対策は、胃腸に負担をかけ過ぎないことです。

暴飲暴食や冷たい食べ物の食べすぎを控えるなど自身で気を付けることができるものには気を使うことが大切です。

もし心当たりのないのに消化不良のような症状が現れた場合は、医療機関を受診しましょう。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

第一三共胃腸薬プラス細粒

ツムラ漢方半夏瀉心湯エキス顆粒

消化不良のお役立ち情報

ピックアップ特集