二日酔い

二日酔いとは、過度の飲酒により、翌日まで頭痛やめまい、吐き気など、気分の悪い状態が続くことをいいます。

二日酔いの特徴について説明しています。

特徴

飲酒した次の日に、頭痛、吐き気や嘔吐、体のほてりなどの不快な症状を感じます。

また、アルコールが体内に残っていると、酩酊感やふらつきなど、酒酔いの症状が残ることもあります。

原因

二日酔いは、アルコールが分解されてできるアセトアルデヒドという物質が、肝臓で処理しきれないことで起こります。

二日酔いを治す

本章では二日酔いの治し方について詳しく説明しています。

二日酔いの薬で治す

二日酔いの薬について

二日酔いに効果が期待できる薬は数多く市販されています。

商品の中には「二日酔いに効果絶大!」などの謳い文句が目を引くものもありますが、成分を確認して自分の症状や程度に合わせて薬を選択することが最大限の効果を得るポイントです。

肝臓の働きを助ける作用や、体から毒物を排出するのを促進する利尿作用を持つ薬を選択しましょう。

二日酔いの薬について詳しくは下記記事で解説していますのでごらんください。

ミナカラの参考記事紹介

医療機関での受診をおすすめする場合

アルコールによって胃の粘膜が荒れ、急性胃炎や胃潰瘍を起こすこともあります。

吐き気や胃痛など胃の症状がひどく、なかなか治まらない場合は医療機関を受診しましょう。

薬以外の方法で改善する

食品で二日酔いを軽減させる

二日酔いを軽減させる食事

しじみは、肝臓で作られる胆汁の分泌を促し、アルコールの代謝機能を助けるアミノ酸やビタミンB12が多く含まれており、二日酔いの回復を早めるとされています。

その他にはお酢を使った料理なども肝機能を高め、アルコールの代謝を促すとされています。

ウコンが二日酔いに効くのは、ウコンに含まれているクルクミンという成分の作用によるものです。

クルクミンはポリフェノールの一種で、アセトアルデヒドの分解を促してくれる働きがあります。

このクルクミンを効率よく摂取するにはウコンが適しています。

ウコンを摂り入れるのは「飲酒前or後のどちらが良いか」という疑問をよく聞きますが、ウコンの主な働きはアルコールを分解することなので、アルコールを摂取した飲酒後に飲むのが良いでしょう。

ただ、飲酒前に飲んでも効果は出るので、飲んだ後だと忘れてしまうという場合には飲酒前に飲みましょう。

水分をしっかりとる

水分を補給することで、体内に残るアルコールが尿として排出されるため、水分は多めにとるようにしましょう。

睡眠をしっかりとる

睡眠はアセトアルデヒドの分解を助け、アルコールの分解で疲弊した肝臓を回復させるといわれています。

そのため、飲んだ後には十分な睡眠をとることが、二日酔いの予防につながります。

二日酔い対策のツボを押す

健理三針区(けんりさんしんく)
健理三針区(けんりさんしんく)の場所

手のひらの中央より少し下にあるツボで、アルコールの分解を促進させる肝臓の働きを活性化するといわれています。

太衝(たいしょう)
太衝(たいしょう)の場所

足の甲にあり、足の親指と人差し指の骨が交わっているあたりのツボです。

肝機能の状態を良くするといわれています。

やってはいけないこと

迎え酒

二日酔いの症状がつらいとき、飲酒することで症状を緩和させようとするのが迎え酒です。

迎え酒で二日酔いが緩和したような気分になる人もいますが、実際はアルコールの過剰摂取により感覚がにぶり、緩和したように感じているだけです。

むしろアルコールの摂取量を増やして身体の負担になってしまうので、迎え酒はやめましょう。

無理やり吐く

二日酔いの吐き気や気分の悪さを解消するために、口の中に指を入れたりして無理に吐こうとする人がいます。

吐き気を我慢するとさらに気持ち悪くなることもあるため、吐きそうなら吐いた方が楽になります。

しかし、そこまで吐き気がないのに二日酔いの症状を緩和しようとして、無理に吐くのはやめましょう。

二日酔いを予防する

本章では二日酔いの予防法について詳しく説明しています。

空腹時の飲酒を控える

空腹時に飲酒すると、胃の粘膜が刺激されて荒れやすくなります。

また空っぽの胃にお酒が入ることで、アルコールが急速に吸収され、酔いやすくなることもあります。

飲酒前に肝機能を高める食品やサプリメントをとる

ウコンを含むサプリメントなどを飲酒前にとることで、アルコールの代謝機能を高めるといわれています。

また、たんぱく質にも肝機能を活性化させるといわれているため、乳製品などをとることで二日酔いの予防に役立ちます。

おつまみを食べる:ただし揚げ物は控える

脂肪分が多い食事は肝臓に負担をかけアルコール代謝に影響するため、低脂肪のつまみを選びましょう。

また枝豆やじゃがいもにはビタミンCが含まれ、悪酔いや二日酔いを防ぐといわれていますので、おつまみなどを食べて予防しましょう。

水分を摂取する

お酒とお酒の間に水を飲むことで、アルコールの影響を軽減するといわれています。

また、アルコールには利尿作用があるため、水分を補給することで脱水症状による頭痛などを緩和することができます。

飲める適量を把握し飲みすぎない

自分が飲酒できる適量を知らずにぐいぐい飲み進めてしまうと、知らない間に飲み過ぎてしまいます。

人の身体に個人差があるように、アルコールを分解することにも個人差があります。

自分の限界以上に飲み進めることでアルコールを分解しきれずに、二日酔いの症状がひどくなってしまいます。

最初からゆっくり少しずつ飲むことでアルコールの過剰摂取を防ぎましょう。

二日酔いについて詳しく知る

本章では二日酔いの予防法について詳しく説明しています。

二日酔いの症状

二日酔いとは

過度の飲酒により、翌日まで頭痛や吐き気など、気分の悪い状態が続いていることを二日酔いといいます。

二日酔いは、アルコールを代謝する過程で出るアセトアルデヒドが血液中に残っていることが原因で起こります。

二日酔いの症状

二日酔いになると、頭痛、吐き気や嘔吐、のどの渇きなどの不快な症状を感じます。

また、アルコールが体内に残っている場合は、酩酊感やふらつきなど、酒酔い症状が残ることもあります。

その他、脱水症状や倦怠感などの症状が出ることもあります。

二日酔いの原因

飲酒しすぎた翌日に起こる、吐き気や頭痛などの不快な症状が二日酔いです。

二日酔いは、アルコールが分解されてできたアセトアルデヒドが、肝臓で十分に処理されないことで起こります。

アルコールが肝臓で分解されてできるアセトアルデヒドという物質は、タバコの煙などにも含まれる有害物質で、このアセトアルデヒドには、吐き気や動悸、頭痛などを起こす働きがあり、これが二日酔いの原因となります。

飲酒しすぎると、肝臓がアセトアルデヒドを処理しきれず、血液中のアセトアルデヒドの濃度が高くなるため、胃痛や胃もたれ、胸やけ、吐き気、頭痛などの症状が起きます。

また、アルコールの刺激で胃が荒れたり、利尿作用から脱水症状になることなども、二日酔いの症状を引き起こす原因になります。

二日酔いの治し方・予防方法

治し方はこちらから確認

二日酔いを治す

予防方法はこちらから確認

二日酔いを治す

二日酔いに関するお役立ち情報

薬剤師に相談する

疑問に思ったことは薬剤師に相談してみましょう。

二日酔いの症状に関するみんなの疑問

ピックアップ特集