盲腸炎の原因や薬など悩みをセルフチェック

2019年10月17日

盲腸炎の原因・対処・お薬・疑われる病気を解説します。分からないことがあれば薬剤師に相談することができます。

生活の中で考えられる原因

盲腸炎は盲腸にぶら下がっている虫垂という部分が炎症を起こした状態です。

原因ははっきりとわかっていませんが、虫垂のねじれや虫垂内部に便や粘液・異物などが詰まって血行が悪くなり、虫垂に大腸菌などの腸内細菌やウイルスが侵入して炎症を起こすと考えられています。

暴飲暴食や不規則な生活・疲労・便秘・風邪・胃腸炎などが盲腸炎を引き起こす原因になることがあります。

生活の中でできる予防法

生活習慣を整える

食べすぎや飲みすぎで腸に負担をかけないようにし、バランスの良い食生活を心がけましょう。十分な睡眠やリラックスする時間をとり、疲労をためないことも大切です。

便秘を解消する

食物繊維を多く含んだ野菜や果物、海藻類、乳酸菌を積極的にとりましょう。水分をとることも大切です。

おへそを中心に円を描くようにお腹を時計回りにゆっくりマッサージして腸を刺激して排便を促しましょう。

盲腸炎の対処法

病院を受診する

盲腸炎になった場合は、薬で炎症を緩和するか手術をするかのどちらかになります。どちらの対処になるかは盲腸炎を発症してからの経過時間や炎症の進行度で判断されます。

薬の使用

炎症を緩和させるために抗生物質の薬が処方されます。抗生物質は処方された日数を飲み切るようにしてください。盲腸炎の初期段階であれば抗生物質の使用だけで治ることがあります。

盲腸炎に使われるお薬の総合情報

薬剤師に相談する

疑問に思ったことは薬剤師に相談してみましょう。

盲腸炎に使われるお薬をブランド名から探す