胃弱の原因や薬など悩みをセルフチェック

2019年08月18日

胃弱の原因・対処・お薬・疑われる病気を解説します。分からないことがあれば薬剤師に相談することができます。

生活の中で考えられる原因

暴飲暴食

飲みすぎや食べすぎ、早食いは胃を疲れさせ、胃もたれや消化不良などの胃の不調を招きます。

唐辛子や香辛料などの刺激物や、空腹時にコーヒーなどのカフェインをたくさんとることも胃に負担をかけて胃の働きを衰えさせてしまいます。

加齢

高齢になると胃の消化機能が低下してしまい食欲不振や消化不良などの胃の不調や、疲れやすさやだるさなどの全身症状に繋がる場合があります。

ストレス

人間関係などの精神的ストレスは胃壁を荒らして胃の働きが弱くなってしまう原因になります。荒れている胃壁に強い消化力を持つ胃液が分泌されると胃痛や胃もたれなどを引き起こします。

過労

過労も胃に大きなストレスをかけます。胃の消化機能や胃から腸へ食べ物を送り出すぜんどう運動の働きが衰える原因になります。

胃弱の対処法

生活習慣を整える

不規則な生活は胃酸過多の原因となることがあります。睡眠や休息を十分にとって疲労を解消し、規則正しい生活を送りましょう。

消化の良いものをバランスよく食べる

暴飲暴食を避け、1日3食バランスの良い食事を心がけましょう。

胃が弱っていると感じたときは、温かい食事や消化の良い食べ物を選んで胃への負担を減らし、間食を避けて胃を休める時間をとることも大切です。

ストレスを解消する

適度な運動やゆったりとした入浴、好きな音楽を聴いたり歌ったりすることはストレスの解消になります。

人間関係など慢性的なストレスがある場合は、ストレスの原因になっている根本の解決をはかることも大切です。

薬の使用

胃弱には、胃を丈夫にする健胃作用や弱った胃腸の働きを良くする作用があるニンジン・オウバク・ケイヒなどの生薬を配合した漢方薬を使用します。

また、出すぎた胃酸から胃を守る制酸薬、胃の運動機能を活発にする健胃薬、胃の機能を修復・回復する胃粘膜保護薬、消化吸収を助ける消化酵素薬なども効果が期待できます。

胃弱に使われるお薬の総合情報

薬剤師に相談する

疑問に思ったことは薬剤師に相談してみましょう。